Azure PowerShell 1.0.2 で追加および変更された Azure ExpressRoute 関連のコマンドレットについて

スポンサーリンク

特にアナウンスはされていなかった感じですが、Web Platform Installer (WebPI) 経由で Azure PowerShell のバージョン 1.0.2 がリリースされていました。

バージョン 1.0.2 で追加および変更になった点については、以下の GitHub のページに記載されており、ExpressRoute も含まれています。

バージョン 1.0.2 になったことで、ExpressRoute で使用するコマンドレットが Azure Service Management (ARM) および Azure Resource Manager (ARM) が追加・変更になりました。

  • バージョン 1.0.2 で追加・変更になった ExpressRoute 関連のコマンドレット (ASM)
    • Get-AzureDedicatedCircuitPeeringArpInfo (追加)
    • Get-AzureDedicatedCircuitPeeringRouteTableInfo (追加)
    • Get-AzureDedicatedCircuitPeeringRouteTableSummary (追加)
    • Get-AzureDedicatedCircuitStats (追加)
  • バージョン 1.0.2 で追加・変更になった ExpressRoute 関連のコマンドレット (ARM)
    • Add-AzureRmExpressRouteCircuitAuthorization (追加)
    • Get-AzureRmExpressRouteCircuitAuthorization (追加)
    • New-AzureRmExpressRouteCircuit (変更)
    • New-AzureRmExpressRouteCircuitAuthorization (追加)
    • Remove-AzureRmExpressRouteCircuitAuthorization (追加)

ARM については、バージョン 1.0.1 以前ではできなかった ExpressRoute と別サブスクリプションの vNet とのリンクができるようになりました。

コマンドレットで使用できるオプションを Excel 形式で纏めてみました。こちらからダウンロードできます。

[参考]