Microsoft Azure StorSimple Virtual Array Public Preview が公開されました

スポンサーリンク

この記事は Preview 版を元にした内容となります。正式リリース版と仕様や動作が異なる可能性があります。

2015/12/16 (現地時間) に Microsoft Azure StorSimple Virual Array (SVA) Public Preview が公開されました。

従来の StorSimple は、ハードウェア筐体としてデータをバックアップ、そのバックアップを Microsoft Azure のストレージに転送、保管するという、BCP ソリューション サービスを提供していましたが、Hyper-V および ESXi 上の仮想サーバに StorSimple の機能を持たせた StorSimple Virtual Array (SVA) というソリューションを提供を予定しています。

Public Preview であるため、その機能を試そうと思いましたが、エンタープライズ契約 (EA) がないと利用できないため、リリース時点で使えるようになるのを期待。

Preview 版のドキュメントについては、以下のダウンロード サイトから入手することが可能です。

  • Download Microsoft Azure StorSimple Virtual Array Preview Documentation from Official Microsoft Download Center
    https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=50383

StorSimple Virtual Array 概要

機能概要
1インストール要件仮想インフラストラクチャを使用 (Hyper-V or VMware)
2可用性単一ノード
3合計キャパシティ (クラウドを含む)仮想デバイスあたり 64TB まで
4ローカル領域仮想デバイスあたり使用可能な領域は 390GB から 6.4TB まで (プロビジョニングは 500GB から 8TB まで)
5利用できるプロトコルiSCSI or SMB
6目標復旧時間 (RTO)iSCSI: サイズに関係なしに 2 分以内
7目標復旧地点 (RPO)日次バックアップおよび要求された時点のバックアップ
8記憶域階層化データをどの階層に配置するかどうかを決定するためにヒート マップを用いる
9サポートサプライヤーでサポートされた仮想化インフラストラクチャ
10性能基盤となるインフラストラクチャによって異なる
11データ モビリティ同じデバイスにリストア、もしくは項目レベルのリカバリ (file server)
12記憶域階層ローカル ハイパーバイザ ストレージおよびクラウド
13共有、ボリュームサイズ

階層: 20TB まで
ローカル接続: 2TB まで

14スナップショットCrash consistent (アプリケーション一貫性なし)
15項目レベルのリカバリ可能; ユーザーは共有からリストアすることが可能

StorSimple Virtual Array システム要件

サポートすされるハイパーバイザ

ハイパーバイザバージョン
1Hyper-VWindows Server 2008 R2 SP1 以降
2VMware ESXi5.5 以降

仮想マシンの要件

#コンポーネント要件
1最小仮想プロセッサ (コア)4
2最小メモリ (RAM)8GB
3ディスク領域OS ディスク : 80GB
データ ディスク : 500GB から 8TB
4最小ネットワーク インタフェース数1
5最小インターネット帯域幅5Mpbs

サポートされる Web ブラウザ

#コンポーネント要件追加要件/備考
1Microsoft Edge最新のバージョン
2Internet Explorer最新のバージョンInternet Explorer 11 でテスト済
3Google Chrome最新のバージョンChrome 46 でテスト済

サポートされる SMB のバージョン

#バージョン
1SMB 2.x
2SMB 3.0
3SMB 3.02

必要なポート

#ポート番号通信方向ポート範囲必須備考
1TCP 80
(HTTP)
OutboundWANNoOutbound ポートはアップデートを取得するために必要。
Outbound Web プロキシは、ユーザーで構成可能。
2TCP 443
(HTTPS)
OutboundWANYesOutbound ポートはクラウド内のデータ アクセスに使用。
Outbound Web プロキシは、ユーザーで構成可能。
3UDP 53
(DNS)
OutboundWAN注:
参照
インターネット ベースの DNS サーバを使用する場合にのみ必要。
注: ファイル サーバーを展開する場合、ローカル DNS サーバーの使用を推奨。
4UDP 123
(NTP)
OutboundWAN注:
参照
インターネット ベースの NTP サーバを使用する場合にのみ必要。
注: ファイル サーバーを展開する場合、Active Directory ドメインコントローラの時刻同期を推奨。
5TCP 9354OutboundWANYesOutbound ポートは StorSimple デバイスと StorSimple Manager サービスと通信する場合に必要。
6TCP 80
(HTTP)
InboundLANYesInbound ポートはローカル管理を行う際に StorSimple デバイス上のローカル UI のアクセスに必要。
注: HTTP 経由でのローカル UI へのアクセスは自動的に HTTPS にリダイレクトされる。
7TCP 443
(HTTPS)
InboundLANYesInbound ポートはローカル管理を行う際に StorSimple デバイス上のローカル UI のアクセスに必要。
8TCP 3260
(iSCSI)
InboundLANNoiSCSI 経由でのデータ アクセスに使用。

その他

SVA 以外でアナウンスされた StorSimple 関連の情報は、以下のサイトに記載されています。

[参考]