Synology NAS 福袋を購入しました

スポンサーリンク

新年ということもあり(?)、TSUKUMO (ツクモ 12号店) さんで Synology NAS 福袋 (つくもたん福袋付き) を購入してきました。
※購入した時点で最後の 1台だったようです。

Synology NAS 福袋の中身というと Web チラシで公開されていますが「Western Digital WD20EFRX」× 2台と「Synology DiskStation DS215j」です。

「Synology DiskStation DS215j」は、2014/11末に発売されたホームユーザーおよび個人ユーザー向けの 2ベイ NAS サーバーではありますが、PC のみならず iOS や Android といった各種デバイスへの対応やクラウド ストレージとの同期といった様々な用途で使用できる製品となっています。

Synology DiskStation DS215j スペック
CPUMarvell Armada 375 88F6720
(32bit、Dual-Core 800 MHz)
メモリ512MB DDR3
トライブベイ2
最大内蔵容量16TB (8TB HDD × 2)
(容量は RAID によって異なる)
内蔵ファイルシステムEXT4
LAN ポート1 (RJ-45 1GbE)
最大内部ボリューム数256
最大 iSCSI Target 数10
最大 iSCSI LUN 数10
対応する RAID

・Synology Hybrid RAID
・Basic
・JBOD
・RAID0
・RAID1

サイズ (高さx幅x深さ)165mm × 100mm × 225.5mm
重量0.88kg

「Western Digital WD20EFRX」は、Western Digital 独自のアドバンスド ファームウェア テクノロジーである「NASware」により、NAS および RAID 環境で最適化されたパフォーマンスや堅牢なデータ保護を可能にした HDD となっています。

Western Digital WD20EFRX スペック
シリーズWD RED
インターフェースSATA 6Gb/s
サイズ3.5インチ
RPMIntelliPower
容量2TB
キャッシュ64MB

TSUKUMO さんの店舗では 1/5 (火) まで日替わり特価品の販売をしていますが、Web サイトでも様々なセールを実施しているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

Synology DiskStation DS215j 所感

梱包物としては、製品本体とマニュアル、AC アダプタ、LAN ケーブル、および本体や HDD を固定するネジが含まれています。

マニュアルは、簡易的なものとなっていますが、初期設定自体分かりやすいものとなっているので、問題ないと思います。

前面には状態を示す各ステータスの LED と、電源ボタンが配置されています。

背面には USB 2.0 ポート×1、USB 3.0 ポート×1 が搭載されていますが、ポートの下にACアダプタの接続口があるので、使用する際には注意が必要そうです。

また、ホーム ユーザーおよび個人ユーザー向け (SOHO 向けではない) ということもあり、LAN ポートが 1つのみとなっています。

本体を開けると、ハードディスク ベイが現れます。ねじ止めのところはゴムがあらかじめ装着されており、防振の役割を果たしています。

「Western Digital WD20EFRX」× 2台装着すると、以下のような感じになります。

本体に AC アダプタと LAN ケーブルを接続、電源投入後、クライアント PC の Web ブラウザからアドレス(http://find.synology.com、もしくは http://diskstation:5000) にアクセスすることで、本体を識別、セットアップする流れとなっています。

セットアップが完了すると、Web ブラウザの中で状態の確認や設定用のデスクトップ画面が表示されます。

時間があるときにでも機能を色々と触ってみたいと思います。

Amazon Associate

参考