Microsoft Azure Site Recovery の機能強化 (VMware から Azure) がリリース、動画が公開されています

スポンサーリンク

2016/01/11 (現地時間) にアナウンスされましたが、Microsoft Azure Site Recovery (ASR) の機能強化 (VMware から Azure) がリリースされました。

機能強化された項目は以下となります。特筆すべきは、Azure 側に構成サーバーとマスター ターゲット サーバーを配置しなくともよくなったことですかね。

  • セットアップの簡略化および複雑性の削減
    • MSI ベースに統一されたセットアップおよびオンプレミス コンポーネントの登録
    • ASR に統合されたフェールバック体験
  • 所有コストの劇的な削減
    • Azure IaaS インフラストラクチャ コンポーネントおよびアプライアンスが不要
    • オンプレミスにある構成サーバーおよびプロセス サーバーの併置、もしくはスケールアウト構成での展開
    • 追加コンポーネントの展開なしで ExpressRoute を活用したフェールバック
  • マルチ VM エンタープライズ クラスのワークロードに対する機能強化されたサポート
    • Windows および Linux に対するクラッシュおよびアプリケーション一貫性
    • 無停止でのディザスタ リカバリのテスト
    • 現在進行中のレプリケーションへの影響なしでレプリケーション元ボリューム サイズの変更
    • フェールオーバー中のレプリケーション元仮想マシンのシャットダウン
  • エンタープライズ グレードの機能強化
    • CentOS 6.7、RHEL 6.7、および vCenter Server 6.0 のサポート
    • レガシー製品を用いて顧客の機能強化された製品へ既存のアプリケーション データのオンデマンド移行
    • FQDN、カスタム パス、およびカスタム インストール パスのサポート

機能強化前 (レガシー) の ASR 構成はこんな感じ。

機能強化された ASR 構成はこんな感じになるかと。

動画についても Channel 9 に公開されています。

Channel 9

  • Enhanced VMware to Azure Setup Registration
  • Enhanced VMware to Azure Discovery
  • Enhanced VMware to Azure Protection
  • Enhanced VMware to Azure Failover
  • Enhanced VMware to Azure Failback

参考

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] Microsoft Azure Site Recovery の機能強化 (VMware から Azure) がリリース、動画が公開されています […]