オープンソース化された Open Live Writer を使ってみました

スポンサーリンク

2015/12/09 (現地時間) に Windows Live Writer のオープンソース版である Open Live Writer がリリースされました。

今までブログ (WordPress) の更新は Windows Essentials 2012 に含まれる Windows Live Writer を使用していましたが、Open Live Writer の使用感を確認するためにインストールしてみましたが英語表示であることと、ライセンスの問題やいくつかの古い機能が削除されている以外は「Windows Live Writer」と変わらないですね。

インストール場所は「C:\Users\<ログイン ユーザー>\AppData\Local\OpenLiveWriter」となるようで、現時点ではインストールした際にログインしたユーザーのみ使用できるようです。

また、レジストリは「HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\OpenLiveWriter」に格納されるようです。

インストール手順

  1. Open Live Writer の Web サイト (http://openlivewriter.org/) にアクセス、[DOWNLOAD] ボタンをクリック、「OpenLiveWriterSetup.exe」をダウンロード、任意の場所に保存します。
  2. 任意の場所に保存した「OpenLiveWriterSetup.exe」を選択、ダブルクリックし、インストーラーを起動、[Next] ボタンをクリックします。
  3. Open Live Writer を使用するブログサービス (ここでは「WordPress」) を選択し、[Next] ボタンをクリックします。
  4. ブログの Web アドレス (URL)、ユーザー名、パスワードを入力し、[Next] ボタンをクリックします。
  5. ブログの分析が始まります。
  6. ブログ タイプおよびエンドポイントを指定し、[Next] ボタンをクリックします。

    Open Live Writer で選択できるブログタイプは現時点 (2016/02/14) で以下となります。
  7. ブログの設定を取得します。
  8. ブログ テーマをダウンロードするために一時的に投稿を実施 (投稿後は削除) することがあります。今回は [はい] ボタンをクリックして処理を進めます。
  9. Open Live Writer で識別されるニックネーム (既定ではブログ名) を指定して、[Finish] ボタンをクリック、インストールを完了します。

おまけ (Blog opetions の比較)

Windows Live Writer

Open Live Writer

参考