Azure 仮想マシンに FreeBSD をデプロイしてみました

スポンサーリンク

2016/06/08 (現地時間) に Azure Marketplace に FreeBSD のイメージ (FreeBSD 10.3) が追加されましたが、そこから Azure 仮想マシンに FreeBSD をデプロイしてみました。

デプロイの仕方は他の OS (Windows や Ubuntu など) と同じですね。

リモートからの接続する際、SSH 公開キー認証も使用可能です。

デプロイが完了した仮想マシンのオペレーティング システムを見ると、「Linux」となっていますが、中身はきちんと FreeBSD ですw

[デプロイした仮想マシン名] – [設定] – [リソース正常性] からリソースの状況 (空き領域) を確認することが可能です。

[デプロイした仮想マシン名] – [設定] – [ブート診断] から、ブート (起動) した際に表示されるログを確認することが可能です。

[ログ] を選択すればテキスト形式で出力、[スクリーンショット] を選択すればビットマップ形式でブート画面を保存することが可能です。

Windows からログインする場合には、TeraTerm などのターミナル エミュレータ ソフトウェアを使用します。

デプロイ時に SSH 公開キー認証としていましたので、SSH 秘密鍵 (ユーザー アカウントとパスフレーズ) を用いてログインします。

参考

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク