Early wave update for Microsoft Configuration Manager version 1606 が公開されました

スポンサーリンク

2016/08/08 (現地時間) に Early wave update for Microsoft Configuration Manager version 1606 (current branch に対する更新プログラム) が公開された旨のアナウンスがありました。

Microsoft 社サポート技術情 (KB3180992) も公開されています。

この更新プログラムは、Technology Adoption Program (TAP)、もしくは System Center Configuration Manager current branch version 1606 の early wave 展開に参加、適用している方が対象となるようです。

System Center Configuration Manager current branch version 1606 の early wave 展開に参加している管理者は、Configuration Manager コンソールの [更新とサービス] から利用可能になります。

また、この更新プログラムが 2016/08/05 (現地時間) に利用可能、version 1606 の最終リリース プロセス中に発見された重大かつ最新の問題を解決するものとなっていますが、注意点として 2016/08/03 (現地時間) 後に version 1606 にアップデートもしくはインストールしているサイトにこのアップデートは適用する必要はない (version 1606 が 2016/08/04 (現地時間) にすべての利用者に対して世界中で利用可能になったため) とのことです。

KB3180992 の内容 (意訳)

修正した問題

  • 階層設定のクライアント アップグレード タブ上の production クライアント オプションを用いた階層内のすべてのクライアントの更新を選択した場合、例外が発生します。例外の詳細は以下のように表示されます :

    ConfigMgr Error Object:
    instance of SMS_ExtendedStatus
    Description = “Failed to save current auto-update configuration”
    ErrorCode = 2147500037

  • 3174008 Software update installation freezes on System Center Configuration Manager clients
  • Production および Preproduction クライアント展開ダッシュボードは、不正確なクライアント数を表示します。
  • ソフトウェア センター アプリケーションのデバイスのコンプライアンス セクションは、対応状況を正しく表示しません。これは、ユーザー インターフェースのみの影響であり、デバイスの実際のコンプライアンス状態に影響はありません。
  • version 1606 にサイトをアップグレード後、サービス接続ポイントが誤って役割が利用可能でないことを示すエラー状態を表示します。
  • version 1606 にアップデート後、SMS エージェント ホスト (ccmexec.exe) は、プル配布ポイント上で多くの CPU リソースを消費します。
  • プル配布ポイントに多くの更新プログラム (500 以降) が含まれるソフトウェアの更新パッケージを配布する場合、SMS エージェント ホスト プロセス (ccmexec.exe) は、応答を停止します。検査では、タスク マネージャーもしくは他のツールを使用して確認した ccmexec.exeの スレッド数は、約 512 スレッド使用していることを表示します。

System Center Configuration Manager version 1606 更新プログラム情報

この更新プログラムは、2016/08/03 (現地時間) 以前に Technology Adoption Program (TAP)、もしくは version 1606 の early wave (Fast Ring) ビルドを用いてインストールされた環境上の Configuration Manager コンソールの [更新とサービス] から利用可能です。

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

置き換えに関する情報

この更新プログラムには、以前にリリースされた更新プログラムを置き換えません。

参考