Azure PowerShell v2.0.1 がリリースされました

スポンサーリンク

2016/08/10 (現地時間) に Azure PowerShell v2.0.1 がリリースされました。

※v2.0.0 は 2016/08/08 (現地時間) にリリースされましたが、不具合があったため、v2.0.1 で修正されています。

Azure PowerShell v2.0.1 については、Microsoft Web Platform (WebPI) 経由か Github から直接 MSI ファイルをダウンロード、インストールすることが可能です。

v.2.0.1 をインストールした後、バージョンを確認してみましたが、ちゃんと v2.0.1 になっていますね。

リリース内容 (意訳)

Azure PowerShell 2.0.1 インストーラー : リンク

  • このリリースでは、重大な変更が含まれています。変更の詳細、および既存のスクリプトへの影響については、the migration guide を参照してください。
  • 以前のリリース内で廃止されると記載した-Force パラメーターの削除にて発生したアセンブリ ローディング問題 #2747* を解決する修正プログラムとなっています。
    • ApiManagement
      • Remove-AzureRmApiManagement
      • Remove-AzureRmApiManagementApi
      • Remove-AzureRmApiManagementGroup
      • Remove-AzureRmApiManagementLogger
      • Remove-AzureRmApiManagementOpenIdConnectProvider
      • Remove-AzureRmApiManagementOperation
      • Remove-AzureRmApiManagementPolicy
      • Remove-AzureRmApiManagementProduct
      • Remove-AzureRmApiManagementProperty
      • Remove-AzureRmApiManagementSubscription
      • Remove-AzureRmApiManagementUser
    • Automation
      • Remove-AzureRmAutomationCertificate
      • Remove-AzureRmAutomationCredential
      • Remove-AzureRmAutomationVariable
      • Remove-AzureRmAutomationWebhook
    • Batch
      • Remove-AzureBatchCertificate
      • Remove-AzureBatchComputeNode
      • Remove-AzureBatchComputeNodeUser
    • DataFactories
      • Resume-AzureRmDataFactoryPipeline
      • Set-AzureRmDataFactoryPipelineActivePeriod
      • Suspend-AzureRmDataFactoryPipeline
    • DataLakeStore
      • Remove-AzureRmDataLakeStoreItemAclEntry
      • Set-AzureRmDataLakeStoreItemAcl
      • Set-AzureRmDataLakeStoreItemAclEntry
      • Set-AzureRmDataLakeStoreItemOwner
    • OperationalInsights
      • Remove-AzureRmOperationalInsightsSavedSearch
    • Profile
      • Remove-AzureRmEnvironment
    • RedisCache
      • Remove-AzureRmRedisCacheDiagnostics
    • Resources
      • Register-AzureRmProviderFeature
      • Register-AzureRmResourceProvider
      • Remove-AzureRmADServicePrincipal
      • Remove-AzureRmPolicyAssignment
      • Remove-AzureRmResourceGroupDeployment
      • Remove-AzureRmRoleAssignment
      • Stop-AzureRmResourceGroupDeployment
      • Unregister-AzureRmResourceProvider
    • Storage
      • Remove-AzureStorageContainerStoredAccessPolicy
      • Remove-AzureStorageQueueStoredAccessPolicy
      • Remove-AzureStorageShareStoredAccessPolicy
      • Remove-AzureStorageTableStoredAccessPolicy
    • StreamAnalytics
      • Remove-AzureRmStreamAnalyticsFunction
      • Remove-AzureRmStreamAnalyticsInput
      • Remove-AzureRmStreamAnalyticsJob
      • Remove-AzureRmStreamAnalyticsOutput
    • Tag
      • Remove-AzureRmTag
  • 以下のコマンドレットに対して、-Tags パラメーター名から Tag へ変更、および HashTable[] から HashTable へパラメーター型が変更されています。
    • Batch
      • Get-AzureRmBatchAccount
      • New-AzureRmBatchAccount
      • Set-AzureRmBatchAccount
    • Compute
      • New-AzureRmVM
      • Update-AzureRmVM
    • DataLakeAnalytics
      • New-AzureRmDataLakeAnalyticsAccount
      • Set-AzureRmDataLakeAnalyticsAccount
    • DataLakeStore
      • New-AzureRmDataLakeStoreAccount
      • Set-AzureRmDataLakeStoreAccount
    • Dns
      • New-AzureRmDnsZone
      • Set-AzureRmDnsZone
    • KeyVault
      • Get-AzureRmKeyVault
      • New-AzureRmKeyVault
    • Network
      • New-AzureRmApplicationGateway
      • New-AzureRmExpressRouteCircuit
      • New-AzureRmLoadBalancer
      • New-AzureRmLocalNetworkGateway
      • New-AzureRmNetworkInterface
      • New-AzureRmNetworkSecurityGroup
      • New-AzureRmPublicIpAddress
      • New-AzureRmRouteTable
      • New-AzureRmVirtualNetwork
      • New-AzureRmVirtualNetworkGateway
      • New-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection
      • New-AzureRmVirtualNetworkPeering
    • Resources
      • Find-AzureRmResource
      • Find-AzureRmResourceGroup
      • New-AzureRmResource
      • New-AzureRmResourceGroup
      • Set-AzureRmResource
      • Set-AzureRmResourceGroup
    • SQL
      • New-AzureRmSqlDatabase
      • New-AzureRmSqlDatabaseCopy
      • New-AzureRmSqlDatabaseSecondary
      • New-AzureRmSqlElasticPool
      • New-AzureRmSqlServer
      • Set-AzureRmSqlDatabase
      • Set-AzureRmSqlElasticPool
      • Set-AzureRmSqlServer
    • Storage
      • New-AzureRmStorageAccount
      • Set-AzureRmStorageAccount
    • TrafficManager
      • New-AzureRmTrafficManagerProfile
  • Azure Redis Cache
    • New-AzureRmRedisCacheScheduleEntry に対する新しいコマンドレットの追加
    • New-AzureRmRedisCachePatchSchedule に対する新しいコマンドレットの追加
    • Get-AzureRmRedisCachePatchSchedule に対する新しいコマンドレットの追加
    • Remove-AzureRmRedisCachePatchSchedule に対する新しいコマンドレットの追加
  • Azure Resource Manager
    • タグのパラメーター型は、使用されるすべてのコマンドレットに対して変更されました。パラメーター型は、HashTable[] から HashTable に変更になっています。 To create a 新しいタグ オブジェクトを作成するためには、以下を実行します。: @{tagName1=’tagValue1′} instead of @{Name=’tagName1′;Value=’tagValue1′}
    • -Location パラメーターをとおしてグローバル ロケーションに基づいたクエリをサポートするために、Get-AzureRmResourceProvider の問題を修正しました。
    • すべての非推奨の警告メッセージを削除
  • Azure Storage
    • Get-AzureRmStorageAccountKey
      • コマンドレットは現在、各キーに対するプロパティを持つオブジェクトではなく、キーのリストを返します。
    • New-AzureRmStorageAccountKey
      • このコマンドレットの出力内の StorageAccountRegenerateKeyResponse フィールドは、各キーに対するプロパティを持つオブジェクトではなく、キーのリストを返す、StorageAccountListKeysResults にリネームされています。
    • New/Get/Set-AzureRmStorageAccount
      • コマンドの出力 AccountType フィールドは、Sku.Name にリネームされています。
      • PrimaryEndpoints/SecondaryEndpoints の blob/table/queue/file に対する出力型は、Uri から Storing に変更されました。
    • HashTable[] から HashTable へ –Tag パラメーター型の変更
      • New-AzureRmStorageAccount
      • Set-AzureRmStorageAccount
    • ShouldProcess サポートの追加
      • Set-AzureStorageContainerStoredAccessPolicy
      • Set-AzureStorageShareStoredAccessPolicy
      • Set-AzureStorageQueueStoredAccessPolicy
      • Set-AzureStorageTableStoredAccessPolicy
    • Downgraded ConfirmImpact to Medium
      • Remove-AzureStorageBlob
      • Remove-AzureStorageContainer
      • Remove-AzureStorageContainerStoredAccessPolicy
      • Remove-AzureStorageFile
      • Remove-AzureStorageShare
      • Remove-AzureStorageShareStoredAccessPolicy
      • Remove-AzureStorageQueue
      • Remove-AzureStorageQueueStoredAccessPolicy
      • Remove-AzureStorageTable
      • Remove-AzureStorageTableStoredAccessPolicy
    • ShouldProcess のサポート、および確認を抑制する -Force パラメーターの追加
      • Remove-AzureRmStorageAccount
      • Set-AzureRmStorageAccount
    • (-Force を抑制するために) 削除するコンテナー / テーブルにデータがある場合のみ、確認を必要とします。
      • Remove-AzureStorageContainer
      • Remove-AzureStorageTable
  • Azure Batch
    • 仮想ネットワーク サポートの追加
      • New-AzureBatchPool
    • HashTable[] から HashTable へ –Tag パラメーター型の変更
      • Set-AzureRmBatchAccount
      • New-AzureRmBatchAccount
      • Get-AzureRmBatchAccount
  • Azure Sql
    • データベースおよびサーバー レベルの両方で Blob 監査の管理をサポートするため、監査コマンドレットの拡張

参考

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク