CLR/H in TOKYO #10 で LT させていただきました

スポンサーリンク

2016/08/27 に開催された「CLR/H in TOKYO #10 ~ 我がデータは無敵なり」にて、「VNet Peering の機能をざっくりと」というタイトルで LT させていただきました (勉強会の様子は twitter のハッシュタグ #clrhtky10 でご確認を)。

LT で使用したスライドは Docs.com および Slidshare にアップロードしていますので、興味がある方は参考にしていただければ幸いです。

LT 直前になって持参した PC が起動しなくなる、というハプニングがありましたが (急遽 PC を貸してくださった @yugoes1021 さんに感謝!!、あと OneDrive にスライド保存しておいてホントよかったw)、Public Peering (Public Preview) の機能概要について説明させていただきました。

Public Pewview とは言え、現在の VNet Peering の機能だけでは使いどころがあまりないなぁ、と感じています。

Azure の新機能がたくさん出ることは問題ではありませんが、使われないことにはアレなので、要望としていくつかフィードバックしていますので、ご賛同いただけるかたは vote を、他に方々があるかたは是非フィードバックをお願いします。

Azure のフィードバック方法については、このあたりを参考にしていただければと。

参考