StorSimple Virtual Array Update 0.3 が公開されました

スポンサーリンク

Hyper-V および VMware 上の仮想マシンで動作する StorSimple Virtual Array (SSVA) のアップデート (Update 0.3) が 2016/09/12 (現地時間) に公開されました。

Update 0.3 のバージョンは、「10.0.10288.0」となり、含まれる内容としては以下のバグ fix のみとなります。

  • Backups : ‘file share’ に対する特定の状況下のバックアップは失敗します。この問題が発生した場合、’failed’ および ‘critical alert’ としてマークされたバックアップ ‘job’ は、 通知として StorSimple Manager Service に上がります。この問題は、データへのアクセス、および共有上のデータには影響しません。 この問題の根本的な原因はこのリリースで修正されています。この修正は、既にこの問題を見ている共有に遡って適用されません。Update 0.3 を最初に適用する必要があるこの問題を見ているお客様は、問題を解決するために Microsoft サポートに問い合わせます。
  • iSCSI : この問題は、以前のリリースで StorSimple Virtual Array 上のボリュームに大量のデータをコピーするときに iSCSI セッションが切断された場合に稀に発生します。この問題は、Update 0.3 で修正されています。

リリース ノートはこちら。

アップグレードは、Azure ポータルの StorSimple Manager 経由、もしくは Microsoft Update カタログから KB3182061 をダウンロード、SSVA のローカル Web UI 経由で実施することが可能です。

SSVA の仮想イメージも Update 0.3 に更新されています。

  • Hyper-V 2012 以上の VHDX
    20160915_001
  • Hyper-V 2008 R2 以上の VHD
    20160915_002
  • VMware 5.5 以上の VMDK
    20160915_003

SSVA の機能 (iSCSI Server, File Server) について

SSVA が提供する機能 (iSCSI Server, File Server) の概要について、Azure ドキュメント内にも存在しますが、以下の Azure Blog の記事が分かりやすいです。

参考