Azure PowerShell v3.0.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2016/09/28 (現地時間) に Azure PowerShell v3.0.0 がリリースされました。

Micorosft Ignite 2016 開催中の突然のリリースだったので、色々と思う部分がありますが、Azure PowerShell v3.0.0 については、Microsoft Web Platform (WebPI) 経由や Github から直接 MSI ファイルをダウンロード、インストールすることが可能です。

インストール後は、バージョンが v3.0.0 となっていることが確認できます。

リリース内容 (意訳)

Azure PowerShell 3.0.0 インストーラー : link

ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : link

Service Management (RDFE) のレガシー コマンドレットに対する Gallery モジュール : link

  • このリリースでは、重大な変更が含まれています。変更の詳細および既存のスクリプトへの影響について、 the migration guide を参照してください。
  • ApiManagement
    • SOAP ベース API (Wsdl フォーマット) のインポートおよびエクスポート サポートの有効化
      • Import-AzureRmApiManagementApi
      • Export-AzureRmApiManagementApi
    • Set-AzureRmApiManagementVirtualNetworks コマンドレットの非推奨。代わりとして、Update-AzureRmApiManagementDeployment コマンドレットの使用を推奨
    • Update-AzureRmApiManagementDeployment コマンドレット経由での Vpn 構成に対する ARM ベース VNET サポートの有効化
    • インターネットおよびイントラネットに対する ApiManagement ワークロードを区別するための VpnType (None, External, Internal) サポートの導入
    • PowerShell の問題の修正
  • Batch
    • タスク再活性化に対する新しいコマンドレットの追加
      • Enable-AzureBatchTask
    • ジョブ マネージャー タスク、およびクラウド タスクのアプリケーション パッケージに対する新しいパラメーターの追加
    • New-AzureBatchTask -ApplicationPackageReferences
    • ジョブの自動終了に対する新しいパラメーターの追加
      • New-AzureBatchJob -OnAllTasksComplete -OnTaskFailure
      • New-AzureBatchJob -ExitConditions
  • ExpressRoute
    • プロバイダーがすべてのクロス接続を一覧表示する場合、戻りオブジェクト内のサービス キーへの新しいパラメーターの追加
      • Get-AzureCrossConnectionCommand
  • MachineLearning
    • Get-AzureRmMlWebService コマンドレットがページネーション応答をサポート
    • “ResourceGroupName” パラメーターで動作するために Get-AzureRmMlWebService “Name” パラメーターが必要
  • Network
    • アプリケーション ゲートウェイ バックエンド ヘルスを取得するための新しいコマンドレットの追加
      • Get-AzureRmApplicationGatewayBackendHealth
    • UltraPerformance sku の作成に対するサポートの追加
      • New-AzureRmVirtualNetworkGateway -GatewaySku
      • New-AzureVirtualNetworkGateway -GatewaySku
  • RemoteApp
    • User Disk および Gold Image Migration 機能を有効化するためのコマンドレットの追加
      • Export-AzureRemoteAppUserDisk
      • Export-AzureRemoteAppTemplateImage
  • SiteRecovery
    • サービス オブジェクトとの一対一のマッピングをサポートするため、追加された新しいコマンドレット
      • Get-AzureRmSiteRecoveryFabric
      • Get-AzureRmSiteRecoveryProtectableItem
      • Get-AzureRmSiteRecoveryProtectionContainerMapping
      • Get-AzureRmSiteRecoveryRecoveryPoint
      • Get-AzureRmSiteRecoveryReplicationProtectedItem
      • Get-AzureRmSiteRecoveryServicesProvider
      • New-AzureRmSiteRecoveryFabric
      • New-AzureRmSiteRecoveryProtectionContainerMapping
      • New-AzureRmSiteRecoveryReplicationProtectedItem
      • Remove-AzureRmSiteRecoveryFabric
      • Remove-AzureRmSiteRecoveryProtectionContainerMapping
      • Remove-AzureRmSiteRecoveryReplicationProtectedItem
      • Remove-AzureRmSiteRecoveryServicesProvider
      • Set-AzureRmSiteRecoveryReplicationProtectedItem
      • Start-AzureRmSiteRecoveryApplyRecoveryPoint
      • Update-AzureRmSiteRecoveryServicesProvider
    • サービス オブジェクトとの一対一のマッピングをサポートするため、次のコマンドレットが変更
      • Edit-AzureRmSiteRecoveryRecoveryPlan
      • Get-AzureRmSiteRecoveryNetwork
      • Get-AzureRmSiteRecoveryNetworkMapping
      • Get-AzureRmSiteRecoveryProtectionContainer
      • Get-AzureRmSiteRecoveryStorageClassification
      • Get-AzureRmSiteRecoveryStorageClassificationMapping
      • Start-AzureRmSiteRecoveryCommitFailoverJob
      • Start-AzureRmSiteRecoveryPlannedFailoverJob
      • Start-AzureRmSiteRecoveryTestFailoverJob
      • Start-AzureRmSiteRecoveryUnplannedFailoverJob
      • Update-AzureRmSiteRecoveryProtectionDirection
      • Update-AzureRmSiteRecoveryRecoveryPlan
    • Set-AzureRmSiteRecoveryReplicationProtectedItem コマンドレットへ HUB サポートの追加
    • SiteRecovery サービス オブジェクト モデルに準拠していない コマンドレット/パラメーター セットのために導入された警告の廃止

参考

コメント

  1. […] Azure PowerShell v3.0.0 がリリースされました […]