Azure 仮想マシン (Windows Server 2016) に System Center 2016 – Data Protection Manager をインストール

スポンサーリンク

System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM 2016) を検証するための環境として物理サーバーを準備するのに時間が掛かりそうだったので、(色々と制限はありますが) Azure 仮想マシン上に手動インストールしてみました。

環境としては、以下のような感じ (DPM サーバーはドメイン参加済み、また SQL Server のローカル インスタンスを DPMDB として使用) です。

ハードウェアやソフトウェアの要件については、以下を参照してください。

DPM 2016 のインストール

SQL Server 2014 のインストール

事前作業として、[サーバー マネージャー] – [役割と機能の追加] から .Net Framework 3.5 をインストールしておく必要があります。

  1. ドメインの Administrator 権限を持ったユーザーでログインします。
  2. SQL Server 2014 (x64) のインストール メディアをドライブに挿入し、「Setup.exe」を実行、[SQL Server インストール センター] を起動します。
  3. 「インストール」をクリックします。
  4. 「プロダクト キーを入力する」を選択、プロダクト キーを入力した後、[次へ] ボタンをクリックします。
  5. 「ライセンス条項に同意します。」のチェックボックスをオンにし、[次へ] ボタンをクリックします。
  6. インストール ルールが実行されるので、完了後に [次へ] ボタンをクリックします。
  7. インターネットに接続されている場合、SQL Server 製品の更新プログラムのインストール画面が表示されます。
    ここでは、更新プログラムをインストールするために、「SQL Server  製品の更新プログラムを含める」のチェックボックスをオンにし、[次へ] ボタンをクリックします。
  8. セットアップ ファイルのインストールが実行されます。
  9. セットアップ ファイルのインストールが完了すると、インストール ルールが実行されるので、完了後に [次へ] ボタンをクリックします。
  10. 「SQL Server 機能のインストール」を選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  11. [機能の選択] 画面にて、以下のとおり [インスタンス機能] – [データベース エンジン サービス]、[インスタンス機能] – [データベース エンジン サービス] – [検索のためのフルテキスト抽出とセマンティック抽出]、[Reporting Services – ネイティブ]、[管理ツール – 基本]、および [管理ツール – 完全] のチェックボックスをオンにし、[次へ] ボタンをクリックします。
  12. 機能ルールが実行されるので、完了後に [次へ] ボタンをクリックします。
  13. デフォルト設定のままで [次へ] ボタンをクリックします。
  14. [サービス アカウント] タブを選択し、以下のとおりに変更します。
    • [SQL Server エージェント] のアカウント名を「NT AUTHORITYSYSTEM」、[スタートアップの種類] を「自動」
    • [SQL Server データベース エンジン] のアカウント名を「NT AUTHORITYSYSTEM」、[スタートアップの種類] を「自動」
    • [SQL Server Reporting Services] のアカウント名を「NT AUTHORITYNETWORK SERVICE」、[スタートアップの種類] を「自動」

  15. [照合順序] タブを選択、照合順序を [SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS] に変更して、[次へ] ボタンをクリックします。
  16. [認証モード] をデフォルトの「Windows 認証モード」を設定し、[SQL Server 管理者の指定] では、[現在のユーザーの追加] ボタンをクリックし、[次へ] ボタンをクリックします(データ ディレクトリおよび FILESTREAM はデフォルト設定のままとしています)。
  17. 「インストールと構成。」を選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  18. 機能構成ルールが実行されるので、完了後に [次へ] ボタンをクリックします。
  19. [インストール] ボタンをクリックします。 
  20. インストールが完了したら、[閉じる] ボタンをクリックし、終了します。
  21. [SQL Server インストール センター] の画面を閉じます。

DPM 2016 のインストール

  1. ドメインの Administrator 権限を持ったユーザーでログインします。
  2. System Center 2016 – DPM のインストール メディアをドライブに挿入し、「SC2016_SCDPM.EXE」を実行します。
  3. [Next] ボタンをクリックします。
  4. 「I accept the agreement」を選択、[Next] ボタンをクリックします。
  5. 解凍先フォルダーを選択 (ここでは、Azure のテンポラリ ドライブ内 : D:\SC 2016 SCDPM フォルダーに作成) し、[Next] ボタンをクリックします。
  6. [Extract] ボタンをクリックし、インストーラーを解凍します。
  7. 解凍が完了したら、[Finish] ボタンをクリックして終了します。
  8. 解凍先フォルダーに作成された「Setup.exe」を実行します。
  9. [Data Protection Manager] をクリックします。
  10. 「ライセンス条項および条件に同意する」のチェックボックスをオンにし、[OK] ボタンをクリックします。
  11. 必要なセットアップ コンポーネントがインストールされます。
  12. [次へ] ボタンをクリックします。
  13. 「スタンドアロン SQL Server を使用する (SQL Server がクラスター化されていない場合)」を選択、SQL Server のインスタンスを入力 (「localhost」ではなく、「ホスト名」)し、[確認してインストール] ボタンをクリックします。
  14. HyperVPowerShell が このタイミングでインストールされるので、[キャンセル] ボタンをクリックし、システムを再起動します。
  15. 再度、手順 1. ~ 13. まで実施します。
    ※仮想マシンを Azure ポータルから停止していなければ、手順 2. ~ 7. は不要。
  16. [次へ] ボタンをクリックします。
  17. [ユーザー名]、[会社名]、および [プロダクト キー] を入力し、[次へ] ボタンをクリックします。
  18. [次へ] ボタンをクリックします。
  19. Windows Update を使用するかどうかの選択を実施 (ここでは、「Microsoft Update を使用して更新プログラムを確認する」を選択) し、[次へ] ボタンをクリックします。
  20. [インストール] ボタンをクリックします。
  21. インストールが完了したら、[閉じる] ボタンをクリックして終了します。

    インストールが完了したタイミングで、以下のファイアウォール ルールが追加されます。
    • すべてのプロファイルの DCOM 通信用ポート 135 (TCP および UDP)
    • ドメイン プロファイルの Msdpm.exe
    • すべてのプロファイルの DPMRA.exe
    • すべてのプロファイルの AMSvcHost.exe
    • すべてのプロファイルの DPMAMService 通信用ポート 6075 (TCP および UDP)
  22. [終了] をクリックし、DPM のインストールを終了します。

補足

System Center 2016 – Data Protection Manager の起動

DPM 2016 のインストールが完了すると、デスクトップ画面上に以下のショートカット アイコンが表示されるので、選択、ダブルクリックして起動します。

インストール画面もそうですが、DPM 2012、DPM 2012 R2 の時とあまり変わっていません。

DPM 2016 のバージョンについて

インストール直後のバージョンは以下のとおり、「5.0.158.0」となります。

すでに Update Rollup 1 (UR1) がリリースされています (Windows Update 経由でも可能) ので、 UR1 アップデート後のバージョンは以下のとおり、「5.0.247.0」となります。

記憶域プールの追加について

DPM 2016 から記憶域プールはダイナミック ディスク から ReFS に変更となっています。DPM 2016 から記憶域プールを追加するには、事前に ReFS にする必要はないので以下のようにディスクを追加、NTFS でフォーマットしていれば今回の環境では大丈夫でした。

  1. DPM 管理コンソールの [管理] ペインから [ディスク記憶域] を選択、[追加] をクリックします。
  2. 記憶域プールを追加するボリュームを選択、[追加] ボタンをクリックします。
  3. [はい] ボタンをクリックします (ボリュームの中身は削除されます)。
  4. 追加後のボリュームに対してフレンドリ名を入力、[OK] ボタンをクリックします。
  5. ボリュームが記憶域プールとして追加されていることが確認できます。

[ディスクの管理] を見ると、記憶域ボリュームに追加したディスクが ReFS になっていることが確認できます。

参考

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す