Azure PowerShell v3.2.0 がリリースされていました

スポンサーリンク

2016/11/14 (現地時間) に Azure PowerShell v3.2.0 がリリースされていました。

Azure PowerShell v3.2.0 については、Microsoft Web Platform (WebPI) 経由では提供されず、PowerShell Gallery のみとなります。

PowerShell Gallery 経由でインストールする際、事前に以下のいずれかの項目を満たしている必要があります。

  • Windows 10 であること
  • Windows Management Framework (WMF) 5.0 がインストールされていること
  • PowerShell 3 and 4 用 MSI インストーラーから PackageManagement PowerShell Modules Preview がインストールされていること

Azure PowerShell v3.2.0 をインストール、インポート後はバージョンが v3.2.0 となっていることが確認できます。

ただし、Azure PowerShell v3.2.0 にアップデートしてしまうと、Get-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection コマンドレットで以下のようなエラーを出力します。

リリース内容 (意訳)

AzureRm コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

AzureRm.Network コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

2016.11.14 – Version 3.2.0

  • Network
    • Get-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection
      • 新しいパラメーターの追加
        • TunnelConnectionStatus : トンネル接続の健全性状態ごとに表示する Connection オブジェクトを出力。
    • Reset-AzureRmVirtualNetworkGateway
      • オプションの入力パラメーターの追加
        • gatewayVip : Active-Active 機能が有効なゲートウェイに対して、ResetGateway API の ゲートウェイ VIP を渡す (GatewayVip は、VirtualNetworkGateway オブジェクトで参照される PublicIP から取得可能)。

参考

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す