System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット (Test-DPMTapeData) について

スポンサーリンク

System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM 2016) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドライン インタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくは [スタート メニュー] – [Microsoft System Center 2016] – [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

DPM 2016 の管理を目的として様々なコマンドレットが DPM 管理シェルに用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「Test-DPMTapeData」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

Test-DPMTapeData コマンドレット

名前

Test-DPMTapeData

概要

回復ポイントのデータ セットを検証します。

構文

Test-DPMTapeData [-RecoveryPoint] <RecoverySource> [-JobStateChangedEventHandler <JobStateChangedEventHandler>] [-RecoveryPointLocation <RecoverySourceLocation>] [<CommonParameters>]

説明

Test-DPMTapeData コマンドレットは、System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM) の回復ポイントのデータ セットを検証します。回復ポイントは、DPM サーバーに格納されたその時点のレプリカのコピーです。

パラメーター

-JobStateChangedEventHandler [<JobStateChangedEventHandler>]

Job.StateChanged イベント用のイベント ハンドラーを指定します。コマンドレットに基づくグラフィカル ユーザー インターフェイスを構築するために、このパラメーターを用います。DPM 管理シェルではこのパラメーターは使用できません。

必須false
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RecoveryPoint <RecoverySource>

このコマンドレットが、データ セットを検証する回復ポイントを指定します。

必須true
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RecoveryPointLocation [<RecoverySourceLocation>]

このコマンドレットが検証する回復ポイントの回復ポイント場所を指定します。回復ポイント場所オブジェクトを取得するには、Get-DPMRecoveryPointLocation コマンドレットを用います。回復アイテムがディスクやテープ、もしくは 2 つの別々のテープなど、同じ時点で 1 つ以上の場所に存在する場合があります。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Confirm [<SwitchParameter>]

コマンドレットを実行する前に確認のプロンプトを表示します。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-WhatIf [<SwitchParameter>]

コマンドレットを実行する場合、何が起きるかを表示します。コマンドレットは実行されません。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

入力の種類は、コマンドレットにパイプ可能なオブジェクトの種類です。

出力

出力の種類は、コマンドレットが発行するオブジェクトの種類です。

  • RecoveryPoint

例 1 : 回復ポイントの検証

$PGroup = Get-DPMProtectionGroup -DPMServerName "Contoso-DPMServer"
$PObject = Get-DPMDatasource -ProtectionGroup $PGroup
$RPoints = Get-DPMRecoveryPoint -Datasource $PObject
$RPLocation = Get-DPMRecoveryPointLocation -RecoveryPoint $RPoints[1]
Test-DPMTapeData -RecoveryPoint $RPoints[1] -RecoveryPointLocation $RPLocation

最初のコマンドは、Get-DPMProtectionGroup コマンドレットを用いて DPM サーバー「Contoso-DPMServer」上の保護グループを取得し、変数 $PGroup に格納します。

2 番目のコマンドは、Get-DPMDatasource コマンドレットを用いて保護グループのデータ ソースを取得、変数 $PObject に格納します。

3 番目のコマンドは、Get-DPMRecoveryPoint コマンドレットを用いてデータ ソースの回復ポイントを取得し、変数 $RPoints に格納します。

4 番目のコマンドは、Get-DPMRecoveryPointLocation コマンドレットを用いて $RPoints のポイントに対する回復ポイント場所を取得、変数 $RPLocation に格納します。

最後のコマンドは、Test-DPMTapeData コマンドレットを用いて 2 番目の回復ポイントのデータ セットを検証します。

関連するリンク

  • Copy-DPMTapeData
  • Get-DPMDatasource
  • Get-DPMProtectionGroup
  • Get-DPMRecoveryPoint
  • Get-DPMDatasource

参考