Azure PowerShell v4.1.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Windows ストア限定

2017/06/08 (現地時間) に Azure PowerShell v4.1.0 がリリースされました。

Azure PowerShell v4.1.0 について、Microsoft Web Platform (WebPI)MSI インストーラーPowerShell Gallery、および Service Management (RDFE) のレガシー コマンドレットに対する Gallery モジュールから入手、適用することが可能です。

Azure PowerShell v4.1.0 をインストールおよびモジュール インポート後、バージョンが v4.1.0 となっていることが確認できます。

Azure PowerShell v4.1.0 について (意訳)

Azure PowerShell 4.1.0 インストーラー : link

ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : link

Service Management (RDFE) のレガシー コマンドレットに対する Gallery モジュール : link

このリリースにおける変更点

  • AnalysisServices
    • 新しい SKU の追加 : B1, B2, S0
    • スケール アップ/ダウンのサポートの追加
  • CognitiveServices
    • Cognitive Services リソースが作成された際、表示されるライセンス契約詳細の更新
  • Compute
    • 複数の managed disk を持つ仮想マシンに対する Test-AzureRmVMAEMExtension の修正
    • Set-AzureRmVMAEMExtension の更新 : Premium managed disk のキャッシュ情報の追加
    • Add-AzureRmVhd : vhd のサイズ制限が 4TB に増加
    • Stop-AzureRmVM : STayProvisioned パラメーターのドキュメントの明確化
    • New-AzureRmDiskUpdateConfig
      • パラメーター CreateOption, StorageAccountId, ImageReference, SourceUri, SourceResourceId が非推奨
    • Set-AzureRmDiskUpdateImageReference : コマンドレットが非推奨
    • New-AzureRmSnapshotUpdateConfig
      • パラメーター CreateOption, StorageAccountId, ImageReference, SourceUri, SourceResourceId が非推奨
    • Set-AzureRmSnapshotUpdateImageReference : コマンドレットが非推奨
  • DataLakeStore
    • Enable-AzureRmDataLakeStoreKeyVault (Enable-AdlStoreKeyVault)
      • DataLake Store の KeyVault 管理暗号化を有効化
  • DevTestLabs
    • 最新の DevTest Labs API バージョンで動作するよう、コマンドレットを更新
  • IotHub
    • IoTHub コマンドレットのルーティング サポートの追加
  • KeyVault
    • KeyVault Managed Storage Account Key をサポートする新しいコマンドレット
      • Get-AzureKeyVaultManagedStorageAccount
      • Add-AzureKeyVaultManagedStorageAccount
      • Remove-AzureKeyVaultManagedStorageAccount
      • Update-AzureKeyVaultManagedStorageAccount
      • Update-AzureKeyVaultManagedStorageAccountKey
      • Get-AzureKeyVaultManagedStorageSasDefinition
      • Set-AzureKeyVaultManagedStorageSasDefinition
      • Remove-AzureKeyVaultManagedStorageSasDefinition
  • Network
    • Get-AzureRmNetworkUsage : ネットワークの使用状況とキャパシティの詳細を表示する新しいコマンドレット
    • VirtualNetworkGateways の新しい GatewaySku オプションの追加
      • VPN ゲートウェイ用に新しい SKU (VpnGw1, VpnGw2, VpnGw3) が追加
    • Set-AzureRmNetworkWatcherConfigFlowLog
      • ヘルプの例を修正
  • NotificationHubs
    • 新しい API 用の NotificationHubs コマンドレットへの透過的な更新
  • Profile
    • Resolve-AzureRmError
      • サーバー要求/応答データを含む、コマンドレットによってスローされたエラーおよび例外の詳細を表示
    • Send-Feedback
      • ログインなしでのフィードバックの送信が可能に
    • Get-AzureRmSubscription
      • CSP サブスクリプション取得時における不具合を修正
  • Resources
    • ロール割り当て数が 1000 以上の場合、Get-AzureRMRoleAssignment が Bad Request で返される問題の修正
      • ロール割り当ての結果が 1000 以上ある場合でも、Get-AzureRMRoleAssignment が使用可能に
  • Sql
    • Restore-AzureRmSqlDatabase: ドキュメントの例を更新
  • Storage
    • リソース モード ストレージ アカウント コマンドレットに AssignIdentity 設定サポートを追加
      • New-AzureRmStorageAccount
      • Set-AzureRmStorageAccount
    • リソース モード ストレージ アカウント コマンドレットに Customer Key サポートを追加
      • Set-AzureRmStorageAccount
      • New-AzureRmStorageAccountEncryptionKeySource
  • TrafficManager
    • 新しいモニター設定 ‘MonitorIntervalInSeconds’, ‘MonitorTimeoutInSeconds’, ‘MonitorToleratedNumberOfFailures’
    • モニター プロトコル ‘TCP’

参考

スポンサーリンク