Windows Server 2008 R2 SP1にSystem Center Data Protection Manager 2010をインストールする

スポンサーリンク
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

System Center Data Protection Manager (DPM) 2010が提供されてから1年以上経過しました。

DPM 2010 のインストール手順について、過去に「Windows Server 2008 R2にSystem Center Data Protection Manager 2010 RC版をインストールする」という記事を投稿していますが、備忘録としてRTM版のインストール手順を纏めてみました。

この記事では、Active Directoryドメインに参加しているメンバサーバー (Windows Server 2008 R2 SP1) 上にDPM 2010 RTM版をインストールしています。

[インストール手順]

  1. DVDドライブにインストールDVD-ROMを挿入、エクスプローラ上から「setup.exe」を選択、ダブルクリックし、インストーラを起動します。
  2. 「Data Protection Managerのインストール」をクリックします。
  3. ソフトウェア ライセンス条項の[同意する]チェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
    このとき、「Microsoft Visual VC++ 2008 再配布可能パッケージ」および「Microsoft .NET Framework 3,5 SP1」がインストールされていなければ、ここで自動的にインストールされます。
  4. [次へ]ボタンをクリックします。
  5. 前提条件の確認が行われます。条件を満たさない (Active Directoryドメインのメンバサーバーでない)場合は、エラーとなります。
    また、単一インスタンス ストア (SIS) コンポーネントがインストールされていない場合、警告が表示されますが、この後でインストールが行われる (インストール後は要再起動) ため、[次へ]ボタンをクリックします。
  6. DPM 2010に必要な前提条件ソフトウェアのインストールが完了した旨の画面が表示されます。 [再起動]ボタンをクリックした後、表示されるダイアログボックス内の[はい]ボタンをクリックし、システムを再起動します。

  7. システムの再起動、ログイン後、手順1.~5.を実施します。前提条件がすべて正常に満たしていることが確認し、[次へ]ボタンをクリックします。
  8. [ユーザー名]と[会社名]を入力して、[次へ]ボタンをクリックします。
    ※ここでは、[ユーザー名]と[会社名]に「kogesaka」と入力しています。
  9. デフォルト設定のまま、[次へ]ボタンをクリックします。
  10. 制限されたローカルのユーザー アカウントのためのパスワード (強力なパスワード) を入力して、[次へ]ボタンをクリックします。
  11. [Microsoft Updateを使用して更新プログラムを確認する (推奨)]のラジオボタンを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
  12. [はい、このプログラムに匿名で参加します (推奨)]のラジオボタンを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
  13. [インストール]ボタンをクリックし、インストールを開始します。

  14. インストールが完了すると、以下の画面が表示されるので、[閉じる]ボタンをクリック、終了します。

[補足]

インストールが完了すると以下のとおり、自動的にファイアウォールの設定変更が実施された旨の内容が表示されます。

[参考]

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 前回、「Windows Server 2008 R2 SP1にSystem Center Data Protection Manager 2010をインストールする」という記事を投稿しました。 […]