FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて

スポンサーリンク
Rise of the Tomb Raider

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010本体をインストールすると、同時にインストールされ、[スタート] – [すべてのプログラム] – [Microsoft Forefront Server Protection] – [Forefront Management Shell]を選択、クリックすることで起動することが可能です。

また、Forefront管理シェルはFPE 2010の管理を目的として以下に分類されるコマンドレットが複数用意されているため、FPE 2010の管理における一連の操作をスクリプト化することが可能です。

  • 定期スキャンの制御
  • リアルタイム スキャンの制御 
  • トランスポート スキャンの制御
  • オンデマンド スキャンの制御
  • フィルター リストの操作
  • 定期スキャン時のフィルタリング
  • リアルタイム スキャン ジョブ中のフィルタリング
  • トランスポート スキャン時のフィルタリング
  • オンデマンド スキャン時のフィルタリング
  • エンジンの管理
  • 定義の更新の制御
  • その他の設定の制御
  • インシデント レコードおよび検疫済みレコードの取得
  • 通知の構成
  • レポートの制御
  • Forefront 製品情報の取得
  • 構成設定のインポートとエクスポート
  • 拡張オプション (テストおよびトラブルシューティング用) の制御
  • スパム設定の制御
  • バックスキャターの設定の制御
  • システムの正常性のチェック

    しかし、Forefront管理シェル上で使用できるコマンドレットのヘルプについて、オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

そこでFPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットの詳細なコマンド オプション情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました。

なお、Forefront管理シェル上で実行可能なコマンドレットの一覧を表示するには、以下のコマンドレットを実行することで一覧表示することが可能ですが、分類ごとに一覧表に纏めてみました。

 Get-Command *-fs* | fw name 

FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット一覧
項番 コマンドレット 機能
定期スキャンの制御
1 Set-FseScheduledScan 定期スキャンの構成を設定します。
2 Get-FseScheduledScan 定期スキャンの構成を取得します。
3 Start-FseScheduledScan メールボックス ストアのスキャンをすぐに開始します。
4 Stop-FseScheduledScan 現在実行中のメールボックス ストアのスキャンを停止します。
リアルタイム スキャンの制御
5 Set-FseRealtimeScan リアルタイム スキャンの構成を設定します。
6 Get-FseRealtimeScan リアルタイム スキャンの構成設定を取得します。
トランスポート スキャンの制御
7 Set-FseTransportScan トランスポート スキャンの構成を設定します。
8 Get-FseTransportScan トランスポート スキャンの構成設定を取得します。
オンデマンド スキャンの制御
9 Set-FseOnDemandScan オンデマンド スキャンの構成を設定します。
10 Get-FseOnDemandScan オンデマンド スキャンの構成設定を取得します。
11 Start-FseOnDemandScan オンデマンド スキャンを開始します。
12 Stop-FseOnDemandScan オンデマンド スキャンを停止します。
13 Suspend-FseOnDemandScan 現在実行中のオンデマンド スキャンを一時停止します。
14 Resume-FseOnDemandScan 一時停止したオンデマンド スキャンを再開します。
フィルター リストの操作
15 New-FseFilterList 新しいフィルター リストを作成します。
16 Get-FseFilterList フィルター リストを取得します。
17 Set-FseFilterList フィルター リストのプロパティを変更します。
18 Clear-FseFilterList フィルター リスト内のすべてのエントリをクリアします。
19 Remove-FseFilterList フィルター リストを削除します。
20 Add-FseFilterListEntry 1つまたは複数の項目を既存のフィルター リストに追加します。
21 Remove-FseFilterListEntry 1つまたは複数の項目をフィルター リストから削除します。
定期スキャン時のフィルタリング
22 Set-FseScheduledFilter フィルターの有効化、構成、および定期スキャン ジョブへの関連付けを行います。
23 Get-FseScheduledFilter 構成された定期スキャン ジョブ フィルターを取得します。
リアルタイム スキャン ジョブ中のフィルタリング
24 Set-FseRealtimeFilter フィルターの有効化、構成、およびリアルタイム スキャン ジョブへの関連付けを行います。
25 Get-FseRealtimeFilter 構成されたリアルタイム スキャン ジョブ フィルターを取得します。
トランスポート スキャン時のフィルタリング
26 Set-FseTransportFilter フィルターの有効化、構成、およびトランスポート スキャン ジョブへの関連付けを行います。
27 Get-FseTransportFilter 構成されたトランスポート スキャン ジョブ フィルターを取得します。
オンデマンド スキャン時のフィルタリング
28 Set-FseOnDemandFilter フィルターの有効化、構成、およびオンデマンド スキャン ジョブへの関連付けを行います。
29 Get-FseOnDemandFilter 構成されたオンデマンド スキャン ジョブ フィルターを取得します。
エンジンの管理
30 Set-FseEngineManagement エンジン固有の設定を構成します。
31 Get-FseEngineManagement エンジン固有の設定を取得します。
定義の更新の制御
32 Set-FseSignatureOptions 定義の更新オプションを設定します。
33 Get-FseSignatureOptions 定義の更新の設定を取得します。
34 Set-FseSignatureUpdate エンジン定義の更新スケジュールを設定します。
35 Get-FseSignatureUpdate エンジン定義の更新スケジュールを取得します。
36 Start-FseSignatureUpdate 定義の更新をすぐに開始します。
その他の設定の制御
37 Set-FseAdvancedOptions 詳細オプションを設定します。
38 Get-FseAdvancedOptions 詳細オプションを取得します。
39 Set-FseLoggingOptions ログと診断のオプションを設定します。
40 Get-FseLoggingOptions ログのオプションを取得します。
41 Set-FseTracing トレース オプションを設定します。
42 Get-FseTracing トレース オプションを取得します。
43 Get-FseExchangeManagementStatus スパム対策機能を使用できるかどうか確認します。
インシデント レコードおよび検疫済みレコードの取得
44 Get-FseIncident インシデント データベースからレコードを取得します。
45 Remove-FseIncident インシデント データベースからアイテムを削除します。
46 Set-FseIncidentOptions インシデント データベースのオプションを設定します。
47 Get-FseIncidentOptions スパム対策機能を使用できるかどうか確認します。
48 Get-FseQuarantine 検疫データベースからレコードを取得します。
49 Export-FseQuarantine 検疫済みのアイテムをディスクに保存します。
50 Remove-FseQuarantine 検疫データベースからアイテムを削除します。
51 Send-FseQuarantine 検疫済みアイテムを指定された受信者に配信します。
52 Set-FseQuarantineOptions 検疫データベースのオプションを設定します。
53 Get-FseQuarantineOptions 検疫データベースのオプションを取得します。
通知の構成
54 Set-FseNotification 通知の値を設定します。
55 Get-FseNotification 通知の値を取得します。
レポートの制御
56 Get-FseReport FPEの活動に関する統計レポートを取得します。
57 Clear-FseReport FPEの活動に関するレポートをリセットします。
58 Get-FseSpamReport スパム ブロック レポートを取得します。
Forefront製品情報の取得
59 Get-FseProductInfo サーバーおよびForefront製品の情報を取得します。
60 Set-FseLicensing FPEに必要なライセンス パラメーターを設定します。
61 Get-FseLicensing 製品に関する現在のライセンスの状態を取得します。
構成設定のインポートとエクスポート
62 Import-FseSettings XML ファイルから構成設定をインポートします。
63 Export-FseSettings XML ファイルに構成設定をエクスポートします。
拡張オプション (テストおよびトラブルシューティング用) の制御
64 Set-FseExtendedOption 拡張オプションを設定します。
65 Get-FseExtendedOption 拡張オプションの値を取得します。
66 New-FseExtendedOption 新しい拡張オプションを作成します。
67 Remove-FseExtendedOption 拡張オプションを削除します。
スパム設定の制御
68 Set-FseSpamContentFilter スパム コンテンツ フィルターの構成オプションを設定します。
69 Get-FseSpamContentFilter スパム コンテンツ フィルターの設定を取得します。
70 Set-FseSpamFiltering Forefrontのスパム フィルタリングを有効または無効にします。
71 Get-FseSpamFiltering スパム フィルタリングの状態を取得します。
72 Set-FseSpamConnectionFilter ドメイン ネーム システム (DNS) 禁止一覧 (DNSBL) の構成オプションを設定します。
73 Get-FseSpamConnectionFilter ForefrontのDNSBLの構成オプションを取得します。
74 Get-FseSpamAgentLog すべてのスパム エージェントのログ レコードを取得します。
バックスキャターの設定の制御
75 Set-FseBackscatterFilter バックスキャター対策エージェントを構成します。
76 Get-FseBackscatterFilter バックスキャター対策エージェントの設定を取得します。
77 New-FseBackscatterKeys 新しいバックスキャター キーのセットを生成します。
システムの正常性のチェック
78 Get-FseHealth FSEシステムの現在の正常性を取得します。

[参考]

スポンサーリンク

コメント

  1. […] この記事では、「Get-FseHealth」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  2. […] この記事では、「New-FseBackscatterKeys」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  3. […] この記事では、「Get-FseBackscatterFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  4. […] この記事では、「Set-FseBackscatterFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  5. […] この記事では、「Get-FseSpamAgentLog」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  6. […] この記事では、「Get-FseSpamConnectionFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  7. […] この記事では、「Set-FseSpamConnectionFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  8. […] この記事では、「Get-FseSpamFiltering」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  9. […] この記事では、「Set-FseSpamFiltering」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  10. […] この記事では、「Get-FseSpamContentFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  11. […] この記事では、「Set-FseSpamContentFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  12. […] この記事では、「Remove-FseExtendedOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  13. […] この記事では、「New-FseExtendedOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  14. […] この記事では、「Get-FseExtendedOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  15. […] この記事では、「Set-FseExtendedOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  16. […] この記事では、「Export-FseSettings」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  17. […] この記事では、「Import-FseSettings」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  18. […] この記事では、「Get-FseLicensing」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  19. […] この記事では、「Get-FseNotification」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  20. […] この記事では、「Set-FseLicensing」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  21. […] この記事では、「Get-FseProductInfo」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  22. […] この記事では、「Get-FseSpamReport」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  23. […] この記事では、「Clear-FseReport」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  24. […] この記事では、「Get-FseReport」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  25. […] この記事では、「Set-FseNotification」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  26. […] この記事では、「Get-FseQuarantineOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  27. […] この記事では、「Set-FseQuarantineOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  28. […] この記事では、「Send-FseQuarantine」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  29. […] この記事では、「Remove-FseQuarantine」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  30. […] この記事では、「Export-FseQuarantine」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  31. […] この記事では、「Get-FseQuarantine」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  32. […] この記事では、「Get-FseIncidentOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  33. […] この記事では、「Set-FseIncidentOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  34. […] この記事では、「Remove-FseIncident」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  35. […] この記事では、「Get-FseIncident」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  36. […] この記事では、「Get-FseExchangeManagementStatus」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  37. […] この記事では、「Set-FseLoggingOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  38. […] この記事では、「Get-FseTracing」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  39. […] この記事では、「Set-FseTracing」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  40. […] この記事では、「Get-FseLoggingOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  41. […] この記事では、「Get-FseAdvancedOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  42. […] この記事では、「Set-FseAdvancedOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  43. […] この記事では、「Start-FseSignatureUpdate」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  44. […] この記事では、「Get-FseSignatureUpdate」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  45. […] この記事では、「Get-FseSignatureOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  46. […] この記事では、「Set-FseSignatureUpdate」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  47. […] この記事では、「Set-FseSignatureOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  48. […] この記事では、「Get-FseEngineManagement」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  49. […] この記事では、「Set-FseEngineManagement」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  50. […] この記事では、「Get-FseOnDemandFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  51. […] この記事では、「Set-FseOnDemandFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  52. […] この記事では、「Get-FseTransportFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  53. […] この記事では、「Get-FseRealtimeFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  54. […] この記事では、「Set-FseTransportFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  55. […] この記事では、「Set-FseRealtimeFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  56. […] この記事では、「Get-FseScheduledFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  57. […] この記事では、「Set-FseScheduledFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  58. […] この記事では、「Remove-FseFilterListEntry」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  59. […] この記事では、「Add-FseFilterListEntry」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  60. […] この記事では、「Remove-FseFilterList」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  61. […] この記事では、「Clear-FseFilterList」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  62. […] この記事では、「Set-FseFilterList」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  63. […] この記事では、「Get-FseFilterList」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  64. […] この記事では、「New-FseFilterList」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  65. […] この記事では、「Resume-FseOnDemandScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  66. […] この記事では、「Suspend-FseOnDemandScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  67. […] この記事では、「Stop-FseOnDemandScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  68. […] この記事では、「Start-FseOnDemandScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  69. […] この記事では、「Get-FseOnDemandScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  70. […] この記事では、「Set-FseOnDemandScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  71. […] この記事では、「Get-FseTransportScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  72. […] この記事では、「Set-FseTransportScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  73. […] この記事では、「Get-FseRealtimeScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  74. […] この記事では、「Set-FseRealtimeScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  75. […] この記事では、「Stop-FseScheduledScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  76. […] この記事では、「Start-FseScheduledScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  77. […] この記事では、「Get-FseScheduledScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]

  78. […] この記事では、「Set-FseScheduledScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。 […]