DPM 2012 RC版で前提となるソフトウェアについて

スポンサーリンク

[ここで記載している内容はRC (Release Candidate) 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2012/01/17 (米国時間) にSystem Center 2012 のRC版が公開、バックアップ管理ツールであるData Protection Manager (DPM) も含まれています。

DPM 2012 RC版をインストールするにあたり、前提となるソフトウェアについて情報はありましたが、英語のみであったため、日本語で翻訳した内容を纏めました (意訳した内容となります)。

[前提となるソフトウェアについて]

オペレーティング システムは別として、DPM 2012 RC版のDPMサーバーは以下のソフトウェアおよびアップデートの適用が前提となります。

[オペレーティング システムのアップデート]

サポートされるオペレーティング システム前提となるソフトウェア
Windows Server 2008Windows Server 2008が動作するコンピューター上でDPMをインストールする前に以下のアップデートおよびHotfixを適用する必要があります。

重要:
すべてのアップテートおよびHotfixを適用した後、コンピューターの再起動を行う必要があります。

Windows Server 2008に関する詳細な情報は、「Microsoft Windows Server 2008 のシステム要件」を参照してください。

Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2が動作するコンピューター上でDPMをインストールする前に以下のアップデートおよびHotfixを適用する必要があります。

重要:
Windows PowerShell 2.0プレインストールが存在する場合、Windows Server 2008 R2にアップグレードする前に削除する必要があります。
Windows Server 2008 R2 SP1Windows Server 2008 R2 SP1上にDPMをインストールする場合、追加のアップデートは必要ありません。

[サポートするSQL Server 2008のバージョン]

DPMデータベースのために、x64版のSQL Server 2008 R2 Enterprise Edition、もしくはStandard Editionのインスタンスが必要となります。セットアップ中、DPMサーバー上にSQL Server 2008 R2をインストールするか、それとも、SQL Serverのリモート インスタンスを使用するかどうか選択することが可能です。

SQL Server2008 R2のライセンスを持っていない場合は、DPMのセットアップDVDから評価版をインストールすることが可能です。評価版をインストールする際、プロダクト キーは入力しないでください。しかしながら、評価期間後もSQL Serverを使用する場合には、ライセンスを購入する必要があります。

DPMのインストールでSQL Serverのリモート インスタンスを使用する場合は、以下の要件に注意してください。

  • DPMインストールの前にSQL Serverのリモート インスタンスがインストールされている必要があります。

    重要:
    ドメイン コントローラー上のSQL Serverのリモート インスタンスはサポートされていません。
  • SQL Serverのリモートインスタンスを動作しているコンピューターは、DPMサーバーと同一のドメインおよびタイム ゾーンでなければなりません。
  • セットアップ時、SQL Serverのリモートインスタンスを動作しているコンピューター上にDPMDBReaders$<DPM server name>およびDPMDBAdministrators$<DPM server name>ローカル グループを作成する必要があります。
  • SQL Serverのリモート インスタンスが動作しているコンピュータ上にDPMサポート ファイルをインストールする必要があります。詳細な情報については、「Installing DPM Using a Remote Instance of SQL Server 2008 R2」を参照してください。

DPMで要求される前提プログラムはインストールされ、SQL Serverのセットアップ中に以下のプログラムをインストールします。ただし、それらはDPMでは必要となるプログラムではありません。

  • Microsoft SQL Server Compact 3.5 SP1
  • Microsoft SQL Server Compact 3.5 SP1 Query Tools
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Native Client
  • Microsoft Visual Studio Tools for Applications 2.0
  • Microsoft Office 2003 Web Components
注:
DPMをアンインストールする際、もしくはSQL Serverの最後のインスタンスをアンインストールする際、これらのプログラムを手動でアンインストールする必要があります。

[その他の前提ソフトウェア]

以下の項目はDPMで必要となる前提ソフトウェアです。

  • Microsoft .NET Framework 3.5 with Service Pack 1 (SP1)
  • Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable
  • Windows PowerShell 2.0

    注:
    Windows PowerShell 1.0はWindows Server 2008に含まれています。Windows Server 2008上にDPMをインストールする場合、Windows PowerShell 2.0が自動的にインストールされます。
    Windows PowerShell 2.0はWindows Server 2008 R2に含まれています。
  • Windows Installer 4.5もしくはそれ以降

    注:
    Windows Server 2008にはWindows Installer 4.5が含まれており、Windows Server 2008 R2にはWindows Installer 5.0が含まれています。
  • Windows Single Instance Store (SIS)
  • Microsoft Application Error Reporting

インストールされていない、もしくは有効化されていない場合は自動的に前提ソフトウェアがインストールされます。

注:
いくつかの前提ソフトウェアのために、DPMのインストール中にコンピューターの再起動を要求されるかもしれません。

DPMのセットアップ中に前提ソフトウェアをインストールしない、もしくはDPMインストールの前に前提ソフトウェアをインストールする場合、それらを手動でインストールすることが可能です。詳細な情報については、「Installing Prerequisite Software Manually」を参照してください。

重要:
DPMをインストールした後、DPMサーバー上でWindows Updateを実施する、もしくはリモート データベースを使用する場合、DPMデータベースが配置されているリモート コンピュータに対して重要なアップデートやHotfixのインストールを推奨します。

[参考]