FPSP 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Remove-FsspQuarantine) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for SharePoint (FPSP 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPSP 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Remove-FsspQuarantine」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPSP 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Remove-FsspQuarantine

■概要

検疫からアイテムを削除します。

■構文

Remove-FsspQuarantine -All [-Force] [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Remove-FsspQuarantine -Id <string[]> [-Force] [-Confirm] [-WhatIf]
     [<CommonParameters>]

■説明

検疫済みのアイテムを記述したメタデータ レコードとアイテム自体を検疫から削除します。検疫のアイテムをディスクに保存するには、Export-FsspQuarantineを使用します。検疫内のアイテムに関するデータを表示するには、Get-FsspQuarantineを使用します。

-All (すべてのアイテムを削除) または -Id (削除するアイテムを指定) のどちらかのパラメータを指定する必要があります。

■パラメーター

-All [<SwitchParameter>]
検疫済みのすべてのアイテムを削除します。 必須 (このパラメータまたは -Idパラメータを指定する必要があります)。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Force [<SwitchParameter>]
警告メッセージを制御します。省略可能です。-Forceを指定して、コマンドレットが、ユーザーに警告せずに実行を継続するように強制します。-Forceを指定した場合、PowerShellはこのコマンドの確認を求めません。このパラメータは、スクリプトの作成を許可するために提供されています。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Id <string[]>
検疫から削除するアイテムを指定します。必須 (このパラメータまたは -All パラメータを指定する必要があります)。複数のアイテムを配列として入力します。これらのIDは、検疫データベース内で指定します。各値を引用符と中かっこで囲みます。たとえば、次のように指定します。

 Remove-FsspQuarantine -Id &quot;{b6025b58-70e6-4b0c-b519-94953bef7860}&quot; 

少数のファイルを分離するためには、Get-FsspQuarantineコマンドレットと適切なフィルタを使用することをお勧めします。次に、パイプを使用して、その結果セットをRemove-FsspQuarantineコマンドレットに送ることができます。パイプ処理により、ID自体と共に -Idパラメータが提供されるため、パイプ処理を使用するときに指定しないでください。たとえば、次のように指定します。

 

無効なIDを指定すると、コマンドレットによって後続のIDの処理が続行されます。

必須 true
位置 named
既定値
パイプライン入力を許可する true (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-Confirm [<SwitchParameter>]
コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。

必須 false
位置 named
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-WhatIf [<SwitchParameter>]
実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。

必須 false
位置 named
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Remove-FsspQuarantine -All 

例1:説明

検疫済みのすべてのアイテムを削除します。

コマンドが正常に完了した場合は、何も出力されません。

例2

 Remove-FsspQuarantine -Id &quot;{E83480CA-47DB-4D26-9110-7170C2688EA3}&quot; 

例2:説明

指定したアイテムを削除します。

コマンドが正常に完了した場合は、何も出力されません。

例3

 Get-FsspQuarantine -filter &quot;Sender = fred@contoso.com&quot; | Remove-FsspQuarantine 

例3:出力結果

Get-FsspQuarantine -filter “Sender = fred@contoso.com” | Remove-FsspQuarantine

例3:説明

Get-FsspQuarantineを使用して、送信者が”fred@contoso.com”である検疫済みのアイテムを取得します。このアイテムはパイプ処理でRemove-FsspQuarantineに渡され、削除されます。パイプ処理が使用されたため、-Idパラメータが自動的に指定されました。

■関連するリンク

  • Export-FsspQuarantine
  • Get-FsspQuarantine
  • Send-FsspQuarantine
  • Get-FsspQuarantineOptions
  • Set-FsspQuarantineOptions

[参考]