DPM 2012のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット (New-DPMServerScope) について

スポンサーリンク

System Center 2012 Data Protection Manager (DPM 2012) のDPM管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM管理シェルは、DPM 2012の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについて、英語の情報のみのようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集、意訳したものとなります)。

この記事では、「New-DPMServerScope」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2012のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。

■名前

New-DPMServerScope

■概要

Connect-DPMServerコマンドレットにより作成した選択されたDPM接続を用いて範囲オブジェクトを作成する。

■構文

New-DPMServerScope [-DPMServerName] <String> [-ObjectType] <ScopedObjectType>
     [-ObjectId] <String[]> [-AlertType <AlertEnum>] [-DetailedErrorId <Int32>]
     [-ErrorId <Int32>] [<CommonParameters>]

■説明

New-DPMServerScopeコマンドレットにより、Connect-DPMServerコマンドレットにより作成した選択されたDPM接続を用いて範囲オブジェクトを作成する。

■パラメーター

-AlertType <AlertEnum>
選択された接続の警告の型。

必須false
位置named
規定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-DPMServerName <String>
DPMサーバーの名前。

必須true
位置1
規定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-DetailedErrorId <Int32>
警告のエラーIDの詳細。

必須false
位置named
規定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ErrorId <Int32>
警告のエラーID。

必須false
位置named
規定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ObjectId <String[]>
接続されているオブジェクトのユニークな識別子は、スコープ化されます。 以下は、オブジェクト型とユニークな識別子です:

  • データソース – DatasourceID
  • 保護グループ – ProtectionGroupID/ProtectionGroupName
  • 保護サーバー – ProductionServerID/ProductionServerName
  • ディスク – DiskID
  • ボリューム – VolumeID
  • ライブラリ – LibraryID
  • ドライブ – DriveID
  • アドホックアクション – ActionID
  • DPMサーバー- DPMServerName
必須true
位置3
規定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ObjectType <ScopedObjectType>
ObjectIdが定義されたオブジェクト型を記述する。

必須true
位置2
規定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

詳細については、「Get-Help New-DPMServerScope -detailed」と入力してください。
技術情報については、「Get-Help New-DPMServerScope -full」と入力してください。

■例

例1

$Scope=New-DPMServerScope -DPMServerName &quot;TestingServer&quot; -ObjectType ProtectionGroup -ObjectID &quot;Protection Group1&quot;
$DPMServer=Connect-DPMServer -DPMServerScope $Scope

このコマンドにより、保護グループProtection Group1が選択されたDPMサーバーTestingServerへの接続を生成します。

例2

$Scope=New-DPMServerScope -DPMServerName &quot;TestingServer&quot; -ObjectType Datasource -ObjectID 70fd1133-1bab-4178-8e8c-24d928b6b16c -AlertType BackupToTapeFailedAlert -ErrorID 3113 -DetailedErrorID 910
$DPMServer=Connect-DPMServer -DPMServerScope $Scope

このコマンドにより、データソースID 70fd1133-1bab-4178-8e8c-24d928b6b16cが選択されたDPMサーバーTestingServerへの接続を生成します。接続による警告は、エラーID 3113および詳細なエラーID 910のBackupToTapeFailedAlert警告の型を選択します。

[参考]

コメント

  1. […] DPM 2012のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット (New-DPMServerScope) について | 焦げloghttps://kogelog.com/2012/08/01/20120801-02/ […]