DPM 2012のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット (Restore-DPMRecoverableItem) について

スポンサーリンク

System Center 2012 Data Protection Manager (DPM 2012) のDPM管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM管理シェルは、DPM 2012の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについて、英語の情報のみのようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集、意訳したものとなります)。

この記事では、「Restore-DPMRecoverableItem (Recover-RecoverableItem)」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2012のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。

■名前

Restore-DPMRecoverableItem (Recover-RecoverableItem)

■概要

データ ソースのバージョンをコピー先の場所に回復します。

■構文

Restore-DPMRecoverableItem [-RecoveryOption] <RecoveryOptions>
     [[-RecoverableItem] <RecoverableObject[]>]
     [-AdhocJobsContext <AdhocJobsContext>]
     [-JobStateChangedEventHandler <JobStateChangedEventHandler>]
     [-RecoveryNotification <NotificationObject>]
     [-RecoveryPointLocation <RecoverySourceLocation[]>] [-Confirm [<SwitchParameter>]]
     [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

■説明

Restore-DPMRecoverableItemコマンドレットは、データ ソース (回復ポイント) の特定の時点のバージョンまたはそのデータ ソース内の回復可能な子項目をコピー先の場所に回復します。

■パラメーター

-AdhocJobsContext <AdhocJobsContext>
アドホック ジョブの前後関係詳細。 UIのみ必要となるため、PowerShellから使用する必要はありません。

必須false
位置named
規定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-JobStateChangedEventHandler <JobStateChangedEventHandler>
JobStateChangedEventHandlerを-Asyncパラメーターと一緒に使用すると、操作の状態をユーザーに通知することができます。これは、コマンドレットを使用したGUIの構築時に役立ちます。ただし、DPM管理シェルの操作時には使用されません。

必須false
位置named
規定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RecoverableItem <RecoverableObject[]>
回復可能な回復ポイント内の子項目。たとえば、Windowsファイル システムの共有またはボリューム、Microsoft SQL Serverデータベース、Microsoft Exchangeストレージ グループ、Microsoft SharePoint、Microsoft Virtual Machine、Microsoft DPMデータベース、システム状態、回復ポイントなどです。

必須false
位置2
規定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RecoveryNotification <NotificationObject>
回復の完了時に通知します。通知オブジェクトはNew-NotificationObjectコマンドレットによって返されます。

必須false
位置named
規定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RecoveryOption <RecoveryOptions>
回復ソースおよび回復の種類に基づいた回復の実行に関して、ユーザーの希望する保護方式をカプセル化します。このオブジェクトは、New-RecoveryOptionコマンドレットを使用して構築されます。

必須true
位置1
規定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RecoveryPointLocation <RecoverySourceLocation[]>
回復ポイントの場所。このパラメーターが必要となるのは、回復する項目が特定の同じ時点で複数の場所に存在する場合です。たとえば、ディスクおよびテープ上に存在する場合や、2つのテープ上に存在する場合などです。

必須false
位置named
規定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Confirm [<SwitchParameter>]
コマンドを実行する前に実行の是非を確認するプロンプトを表示します。

必須false
位置named
規定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-WhatIf [<SwitchParameter>]
実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。

必須false
位置named
規定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

詳細については、「Get-Help Restore-DPMRecoverableItem -detailed」と入力してください。
技術情報については、「Get-Help AdRestore-DPMRecoverableItem -full」と入力してください。

■例

[参考]

コメント

  1. […] DPM 2012のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット (Restore-DPMRecoverableItem) について | 焦げloghttps://kogelog.com/2012/08/03/20120803-02/ […]