Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Get-ClusterResourceType) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、WSFCに関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-ClusterResourceType」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-ClusterResourceType

■概要

フェールオーバー クラスター内の1つまたは複数のリソースの種類に関する情報を取得します。

■構文

Get-ClusterResourceType [-InputObject <psobject>] [[-Name] <StringCollection>]
     [-Cluster <string>] [<CommonParameters>]

■説明

クラスター サービスが特定のリソースの種類と通信する際に経由する DLL の名前などの情報を取得できます。

■パラメーター

-Cluster <string>
このコマンドレットを実行するクラスターの名前を指定します。「-Cluster .」と入力するか、パラメーターを省略した場合、コマンドレットはローカル クラスターで実行されます。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InputObject <psobject>
クラスター リソースの種類を列挙する対象のクラスターを指定します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Name <StringCollection>
取得するクラスター リソースの種類の名前を指定します。

必須false
位置1
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するtrue

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

Microsoft.FailoverClusters.PowerShell.Cluster

■出力

Microsoft.FailoverClusters.PowerShell.ClusterResourceType

■メモ

■例

例1

 Get-ClusterResourceType 

例1:出力結果

Name                                    DisplayName
—-                                    ———–
DFS Replicated Folder                   DFS Replicated Folder
DHCP Service                            DHCP Service
Distributed File System                 Distributed File System
Distributed Transaction Coordinator     Distributed Transaction Coordinator
File Server                             File Server
File Share Witness                      File Share Quorum Witness
Generic Application                     Generic Application
Generic Script                          Generic Script
Generic Service                         Generic Service
IP Address                              IP Address
IPv6 Address                            IPv6 Address
IPv6 Tunnel Address                     IPv6 Tunnel Address
Microsoft iSNS                          iSNSClusRes
MSMQ                                    (Resource Type Unavailable)
MSMQTriggers                            (Resource Type Unavailable)
Network Name                            Network Name
NFS Share                               NFS Share
Physical Disk                           Physical Disk
Print Spooler                           Print Spooler
Virtual Machine                         Virtual Machine
Virtual Machine Configuration           Virtual Machine Configuration
Volume Shadow Copy Service Task         Volume Shadow Copy Service Task
WINS Service                            WINS Service

例1:説明

このコマンドは、ローカル クラスター上の構成で使用可能なすべてのリソースの種類を一覧表示します。

例2

 Get-ClusterResourceType &quot;File Server&quot; | fl * 

例2:出力結果

Cluster                : Cluster1
DisplayName            : File Server
Name                   : file server
DllName                : clusres.dll
Description            :
AdminExtensions        : {}
LooksAlivePollInterval : 5000
IsAlivePollInterval    : 60000
PendingTimeout         : 180000
DeadlockTimeout        : 300000
Id                     : f582c84f-0066-0069-6c65-207365727665

例2:説明

このコマンドはローカル クラスター上の File Server リソースの種類に関する情報を取得して、その情報を一覧形式で表示します。

■関連するリンク

  • Add-ClusterResourceType
  • Remove-ClusterResourceType

[参考]

コメント

  1. […] Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Get-ClusterResourceType) について « 焦げloghttps://kogelog.com/2012/08/30/20120830-02/ […]