System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット (Get-DPMDatasourceProtectionOption) について

スポンサーリンク

System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM 2016) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドライン インタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくは [スタート メニュー] – [Microsoft System Center 2016] – [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

DPM 2016 の管理を目的として様々なコマンドレットが DPM 管理シェルに用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「Get-DPMDatasourceProtectionOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

Get-DPMDatasourceProtectionOption コマンドレット

名前

Get-DPMDatasourceProtectionOption

エイリアス

Get-DatasourceProtectionOption

概要

保護グループの保護オプションを取得します。

構文

Get-DPMDatasourceProtectionOption [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> -E14Options [<CommonParameters>]

Get-DPMDatasourceProtectionOption [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> -ExchangeOptions [<CommonParameters>]

Get-DPMDatasourceProtectionOption [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> -FileSystem [<CommonParameters>]

説明

Get-DPMDatasourceProtectionOption コマンドレットは、System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM) 保護グループのデータ ソース用の保護オプションを取得します。コマンドレットが保護オプションを取得する保護グループのデータ ソースの種類を指定します。

パラメーター

-E14Options <SwitchParameter>

このコマンドレットが、Microsoft Exchange Server 2010 データ ソース上の操作を行う場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ExchangeOptions <SwitchParameter>

このコマンドレットが、Microsoft Exchange Server データ ソース上の操作を行う場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-FileSystem <SwitchParameter>

このコマンドレットが、ファイル システム データ ソース上の操作を行う場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ProtectionGroup <ProtectionGroup>

コマンドレットが、オプションを取得する保護グループを指定します。ProtectionGroup オブジェクトを取得するには、Get-DPMProtectionGroup コマンドレットを用います。

必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する True (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

入力の種類は、コマンドレットにパイプ可能なオブジェクトの種類です。

出力

出力の種類は、コマンドレットが発行するオブジェクトの種類です。

  • Datasource

例 1 : DPM サーバーから保護オプションを取得する

$PGroup = Get-DPMProtectionGroup -DPMServerName "DPMServer02"
Get-DPMDatasourceProtectionOption -ProtectionGroup $PGroup[0] -FileSystem

最初のコマンドは、DPM サーバー「DPMServer02」から保護グループを取得し、変数 $PGroup に格納します。

2 番目のコマンドは、保護グループの保護オプションを取得します。コマンドは、配列 $PGroup の最初のメンバーを指定するために標準配列記法を用いています。

関連するリンク

  • Set-DPMDatasourceProtectionOption
  • Data Protection Manager コマンドレット

参考

DPM 2016System Center
タイトルとURLをコピーしました