System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット (New-DPMRecoveryOption) について

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM 2016) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドライン インタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくは [スタート メニュー] – [Microsoft System Center 2016] – [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

DPM 2016 の管理を目的として様々なコマンドレットが DPM 管理シェルに用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「New-DPMRecoveryOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

New-DPMRecoveryOption コマンドレット

名前

New-DPMRecoveryOption

エイリアス

New-RecoveryOption

概要

回復オプションを作成します。

構文

New-DPMRecoveryOption [-TargetServer] <String> [-RecoveryLocation] {OriginalServer | CopyToFolder | OriginalServerWithDBRename | AlternateExchangeServer | ExchangeServerDatabase | PrimaryDPMServer | DPMReplicaVolume | AlternateHyperVServer} [-AlternateDatabase <String>] [-AlternateStorageGroup <String>] [-DatabaseName <String>] [-DPMLibrary <Library>] [-IsRecoveryStorageGroup] [-MailboxDisplayName <String>] [-MountDatabaseAfterRestore] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] [-RestoreSecurity] [-RollForwardRecovery] [-SANRecovery] [-StorageGroupName <String>] [-TargetLocation <String>] -Exchange -ExchangeOperationType {NoOperation | MailBoxLevelRecovery | NeedCleanShutdown} -RecoveryType {Recover | Restore} [<CommonParameters>]

New-DPMRecoveryOption [-RecoveryLocation] {OriginalServer | CopyToFolder | OriginalServerWithDBRename | AlternateExchangeServer | ExchangeServerDatabase | PrimaryDPMServer | DPMReplicaVolume | AlternateHyperVServer} [-TargetServer] <String> [-AlternateDatabase <String>] [-DPMLibrary <Library>] [-IsRecoveryDatabase] [-MountDatabaseAfterRestore] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] [-RestoreSecurity] [-RollForwardRecovery] [-SANRecovery] [-TargetLocation <String>] -E14Datasource -ExchangeOperationType {NoOperation | MailBoxLevelRecovery | NeedCleanShutdown} -RecoveryType {Recover | Restore} [<CommonParameters>]

New-DPMRecoveryOption [-TargetServer] <String> [-RecoveryLocation] {OriginalServer | CopyToFolder | OriginalServerWithDBRename | AlternateExchangeServer | ExchangeServerDatabase | PrimaryDPMServer | DPMReplicaVolume | AlternateHyperVServer} [-AlternateDatabaseDetails <AlternateDatabaseDetailsType>] [-CopyLogFiles] [-DPMLibrary <Library>] [-LeaveDBInRestoringState] [-LogFileCopyLocation <String>] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] [-RestoreSecurity] [-RollForwardRecovery] [-SANRecovery] [-TargetLocation <String>] -RecoveryType {Recover | Restore} -SQL [<CommonParameters>]

New-DPMRecoveryOption [-TargetServer] <String> [-RecoveryLocation] {OriginalServer | CopyToFolder | OriginalServerWithDBRename | AlternateExchangeServer | ExchangeServerDatabase | PrimaryDPMServer | DPMReplicaVolume | AlternateHyperVServer} [-AlternateLocation <String>] [-DPMLibrary <Library>] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] [-RestoreSecurity] [-SANRecovery] -ClientDatasource -OverwriteType {Overwrite | NoOverwrite | CopyOnExist} -RecoveryType {Recover | Restore} [<CommonParameters>]

New-DPMRecoveryOption [-TargetServer] <String> [-RecoveryLocation] {OriginalServer | CopyToFolder | OriginalServerWithDBRename | AlternateExchangeServer | ExchangeServerDatabase | PrimaryDPMServer | DPMReplicaVolume | AlternateHyperVServer} [-AlternateLocation <String>] [-DPMLibrary <Library>] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] [-RestoreSecurity] [-SANRecovery] -FileSystem -OverwriteType {Overwrite | NoOverwrite | CopyOnExist} -RecoveryType {Recover | Restore} [<CommonParameters>]

New-DPMRecoveryOption [-TargetServer] <String> [-RecoveryLocation] {OriginalServer | CopyToFolder | OriginalServerWithDBRename | AlternateExchangeServer | ExchangeServerDatabase | PrimaryDPMServer | DPMReplicaVolume | AlternateHyperVServer} [-DPMLibrary <Library>] [-ItemLevelRecoveryType {RecoveryFarm | UnattachedInstance}] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] [-RestoreSecurity] [-SANRecovery] [-TargetLocation <String>] [-TargetSiteUrl <String>] -DatabaseFileTempLocation <String> -ExportFileTempLocation <String> -IntermediateServer <String> -IntermediateSqlInstance <String> -RecoveryType {Recover | Restore} -SharePointSite [<CommonParameters>]

New-DPMRecoveryOption [[-DPMServerName] <String>] [-StagingAreaPath] <String> [-DestinationServerName] <String> [-DestinationPath] <String> [-DatasourceName] <String> [-OverwriteType] {Overwrite | NoOverwrite | CopyOnExist} [[-RestoreSecurity]] [-DPMLibrary <Library>] [-FileSystemDatasource] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] -DPMComponentName <Guid> [<CommonParameters>]

New-DPMRecoveryOption [-TargetServer] <String> [-RecoveryLocation] {OriginalServer | CopyToFolder | OriginalServerWithDBRename | AlternateExchangeServer | ExchangeServerDatabase | PrimaryDPMServer | DPMReplicaVolume | AlternateHyperVServer} [-DPMLibrary <Library>] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] [-RestoreSecurity] [-SANRecovery] [-TargetLocation <String>] -GenericDatasource -RecoveryType {Recover | Restore} [<CommonParameters>]

New-DPMRecoveryOption [-TargetServer] <String> [-RecoveryLocation] {OriginalServer | CopyToFolder | OriginalServerWithDBRename | AlternateExchangeServer | ExchangeServerDatabase | PrimaryDPMServer | DPMReplicaVolume | AlternateHyperVServer} [-DPMLibrary <Library>] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] [-RestoreSecurity] [-SANRecovery] [-TargetLocation <String>] -HyperVDatasource -RecoveryType {Recover | Restore} [<CommonParameters>]

New-DPMRecoveryOption [-TargetServer] <String> [-RecoveryLocation] {OriginalServer | CopyToFolder | OriginalServerWithDBRename | AlternateExchangeServer | ExchangeServerDatabase | PrimaryDPMServer | DPMReplicaVolume | AlternateHyperVServer} [-DPMLibrary <Library>] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] -PrimaryDpmServer [<CommonParameters>]

New-DPMRecoveryOption [-TargetServer] <String> [-RecoveryLocation] {OriginalServer | CopyToFolder | OriginalServerWithDBRename | AlternateExchangeServer | ExchangeServerDatabase | PrimaryDPMServer | DPMReplicaVolume | AlternateHyperVServer} [-DPMLibrary <Library>] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] [-RestoreSecurity] [-SANRecovery] [-TargetLocation <String>] -RecoveryType {Recover | Restore} -SharePoint [<CommonParameters>]

New-DPMRecoveryOption [-TargetServer] <String> [-RecoveryLocation] {OriginalServer | CopyToFolder | OriginalServerWithDBRename | AlternateExchangeServer | ExchangeServerDatabase | PrimaryDPMServer | DPMReplicaVolume | AlternateHyperVServer} [-DPMLibrary <Library>] [-RecoverToReplicaFromTape <Boolean>] [-RestoreSecurity] [-SANRecovery] [-TargetLocation <String>] -RecoveryType {Recover | Restore} -SystemProtectionDatasource [<CommonParameters>]

説明

New-DPMRecoveryOption コマンドレットは、ファイル サーバー、Exchange Server、SharePoint Server や Microsoft SQL Server、および他のデータ ソースが実行しているコンピューターの回復オプションを作成します。

パラメーター

-AlternateDatabase [<String>]

回復用の代替データベース名を指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-AlternateDatabaseDetails [<AlternateDatabaseDetailsType>]

代替データベースの種類を指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-AlternateLocation [<String>]

System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM) が作成する回復ポイントの代替場所を指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-AlternateStorageGroup [<String>]

新しい回復ポイント用の代替の記憶域プールを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ClientDatasource <SwitchParameter>

リストアされたデータがファイル システム、もしくはアプリケーションの場合に指定します。

必須 truen
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-CopyLogFiles [<SwitchParameter>]

DPM がログ ファイルをコピーする場合に指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-DatabaseFileTempLocation <String>

データベース ファイルの一時的な場所を指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-DatabaseName [<String>]

データベース名を指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-DatasourceName <String>

データ ソース名を指定します。

必須 true
位置 5
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-DestinationPath <String>

回復場所を指定します。

必須 true
位置 4
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-DestinationServerName <String>

DPM がデータを回復するサーバー名を指定します。

必須 true
位置 3
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-DPMComponentName <Guid>

DPM が回復するデータ ソースの GUID を指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-DPMLibrary [<Library>]

このコマンドレットが回復オプションを作成する DPM ライブラリ オブジェクトを指定します。DPM ライブラリ オブジェクトを取得するには、Get-DPMLibrary コマンドレットを用います。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-DPMServerName [<String>]

このコマンドレットを実行する DPM サーバー名を指定します。DPM サーバー名を指定しない場合、コマンドレットは現在のコンピュータ名を使用します。

必須 false
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-E14Datasource <SwitchParameter>

データ ソースに Exchange Server 2010 の場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Exchange <SwitchParameter>

DPM が Exchange Server データ ソース上で現在の操作を実行する場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ExchangeOperationType <ExchangeBaseRecoveryOptions+ExchangeOperationType>

DPM が Exchange Server データ ソース上で実行する操作の種類を指定します。

このパラメーターが利用可能な値 :

  • NoOperation
  • MailBoxLevelRecovery
  • NeedCleanShutdown
必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ExportFileTempLocation <String>

エクスポート ファイルの場所を指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-FileSystem <SwitchParameter>

DPM がファイル システム データ ソース上で現在の操作を実行する場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-FileSystemDatasource [<SwitchParameter>]

DPM がファイル システム データ ソースを回復する場合に指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-GenericDatasource <SwitchParameter>

DPM が Microsoft Virtual Server のようなデータ ソース上で現在の操作を実行する場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-HyperVDatasource <SwitchParameter>

データ ソースが Hyper-V データ ソースの場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-IntermediateServer <String>

DPM が SharePoint サイト回復で使用するサーバーを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-IntermediateSqlInstance <String>

DPM がSharePoint サイト回復で使用する SQL Server インスタンスを指定します。DPM は、SQL Server データベースを一時的にホストして、SQL Server インスタンスを使用します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-IsRecoveryDatabase [<SwitchParameter>]

データベースが回復データベースの場合に指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-IsRecoveryStorageGroup [<SwitchParameter>]

回復が回復記憶域グループの場合に指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ItemLevelRecoveryType [<SharepointRecoveryType>]

回復の種類を指定します。

このパラメーターが利用可能な値 :

  • RecoveryFarm
  • UnattachedInstance
必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-LeaveDBInRestoringState [<SwitchParameter>]

DPM がデータベースを非操作状態にしても復元可能な状態にする場合に指定します。このパラメーターを指定した場合、データベースは操作可能なままとなります。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-LogFileCopyLocation [<String>]

DPM がコピーするログ ファイルの場所を指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-MailboxDisplayName [<String>]

DPM が表示するメールボックス名を指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-MountDatabaseAfterRestore [<SwitchParameter>]

データベースをリストア後、DPM がデータベースをマウントする場合に指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-OverwriteType <OverwriteType>

ファイルが既に存在する場所に回復するときに、DPM が実行する場合に指定します。

このパラメーターが利用可能な値 :

  • CreateCopy
  • Skip
  • Overwrite
必須 true
位置 6
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-PrimaryDpmServer <SwitchParameter>

DPM がデータを回復するサーバーが DPM サーバーである場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-RecoverToReplicaFromTape [<Boolean>]

テープからレプリカに回復する場合に指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-RecoveryLocation <DbEnums+RecoveryLocation>

DPM が回復するデータの場所を指定します。

このパラメーターが利用可能な値 :

  • OriginalServer
  • CopyToFolder
  • OriginalServerWithDBRename
  • AlternateExchangeServer
  • ExchangeServerDatabase
必須 true
位置 2
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-RecoveryType <RecoveryType>

回復テープを指定します。-HyperVDatasource パラメーターを使用する場合、有効な値は Recover のみです。

このパラメーターで利用可能な値 :  Recover および Restore

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-RestoreSecurity [<SwitchParameter>]

DPM が回復ポイントからセキュリティ設定を使用する場合に指定します。このパラメーターを指定しない場合、DPM は宛先サーバーのセキュリティ設定を使用します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-RollForwardRecovery [<SwitchParameter>]

DPM が最新の回復ポイントからアプリケーションを回復し、その回復ポイント以降のすべてのログを適用してアプリケーションを最新の状態にする場合に指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-SANRecovery [<SwitchParameter>]

DPM が記憶域ネットワーク (SAN) データ ソース上の現在の操作を実行する場合に指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-SharePoint <SwitchParameter>

DPM が SharePoint データ ソース上で現在の操作を実行する場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-SharePointSite <SwitchParameter>

DPM が SharePoint サイト上で現在の操作を実行する場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-SQL <SwitchParameter>

DPM が SQL Server データ ソース上に現在の操作を実行する場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-StagingAreaPath <String>

ステージング領域のパスを指定します。

必須 true
位置 2
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-StorageGroupName [<String>]

記憶域グループ名を指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-SystemProtectionDatasource <SwitchParameter>

DPM がシステム保護データ ソース上で現在の操作を実行する場合に指定します。

必須 true
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-TargetLocation [<String>]

DPM が格納したレプリカの場所を指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-TargetServer <String>

回復用のターゲット サーバーを指定します。

このコマンドレットをクラスター環境で使用する場合、ResourceGroupName.ClusterName.DomainName フォーマットでパラメーターを指定します。

必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-TargetSiteUrl [<String>]

DPM が回復するデータのターゲット URL を指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

入力の種類は、コマンドレットにパイプ可能なオブジェクトの種類です。

出力

出力の種類は、コマンドレットが発行するオブジェクトの種類です。

  • RecoveryOption

例 1 : ファイル システムを回復する

New-DPMRecoveryOption -TargetServer "tsqa.contoso.com" -RecoveryLocation "D:\copytofolder" -FileSystem -AlternateLocation "F:\restore" -OverwriteType Overwrite -RestoreSecurity -RecoveryType Restore

このコマンドは、「tsqa.contoso.com」にファイル システムをリストア、および元のセキュリティ設定をリストアする回復オプションを作成します。

例 2 : レプリカを用いてファイル システムを回復する

Connect-DPMServer -DPMServerName "DPMServer01"
$PServer = Get-DPMProductionServer -DPMServerName "DPMServer01"
$PObjects = Get-DPMDatasource -ProductionServer $PServer
$DpmLibrary = Get-DPMLibrary -DPMServerName "DPoreMServer01"
$RPoint = Get-DPMRecoveryPoint -Datasource $PObjects
$ROption = New-DPMRecoveryOption -Filesystem -RecoverToReplicaFromTape $True -RecoveryLocation DPMReplicaVolume -DPMLibrary $DpmLibrary[0] -TargetServer "DPMServer02" -OverwriteType Overwrite

最初のコマンドは、DPM サーバー「DPMServer01」に接続します。

2 番目のコマンドは、(DPM 保護エージェントがインストールされている) DPM サーバー「DPMServer01」を取得、変数 $PServer に格納します。

3 番目のコマンドは、$PServer の保護サーバー上の保護および保護されていないデータの一覧を取得し、変数 $PObject に格納します。

4 番目のコマンドは、DPM サーバー「DPoreMServer01」に関連付けられたライブラリを取得、変数 $DpmLibrary に格納します。

5 番目のコマンドは、$PObject のデータ ソースの回復ポイントを取得、変数 $RPoint に格納します。

6 番目のコマンドは、ファイル システム データ ソース上の回復オプションを作成します。このコマンドは、テープからターゲット サーバー「DPMServer02」上のレプリカにデータが回復されるよう、指定します。

例 3 : テープ上のレプリカからファイル システムを回復する

$PGroup = Get-DPMProtectionGroup -DPMServerName "DPMServer02"
$PObject = Get-DPMDatasource -ProductionServer $PGroup
$RPoint = Get-DPMRecoveryPoint -Datasource $PObject
$DpmLibraries = Get-DPMLibrary -DPMServerName "DPoreMServer01"
$ROption = New-DPMRecoveryOption -RecoverToReplicaFromTape $True -RecoveryLocation DPMReplicaVolume -FileSystem -TargetServer "DPMServer02" -OverwriteType Overwrite -RecoveryType Recover -DpmLibrary $DpmLibraries
Restore-DPMRecoverableItem -RecoverableItem $RPoint -RecoveryOption $ROption

最初のコマンドは、DPM サーバー「DPMServer02」の保護グループを取得し、変数 $PGroup に格納します。

2 番目のコマンドは、$PServer の運用サーバー上の保護および保護されていないデータを取得、変数 $PObject に格納します。

3 番目のコマンドは、$PObject のデータ ソースの回復ポイントを取得し、変数 $RPoint に格納します。

4 番目のコマンドは、DPM サーバー「DPoreMServer01」に関連付けられたライブラリを取得、変数 $DpmLibraries に格納します。

5 番目のコマンドは、ファイル システム データ ソース上の回復オプションを作成します。このコマンドは、テープからターゲット サーバー「DPMServer02」上のレプリカにデータが回復されるよう、指定します。

6 番目のコマンドは、$ROption の回復ポイントを用いて $RPoint のデータ ソースのバージョンをリストアします。

関連するリンク

  • Get-DPMProtectionGroup
  • Get-DPMDatasource
  • Get-DPMRecoveryPoint
  • Get-DPMLibrary
  • Restore-DPMRecoverableItem

参考