System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット (New-DPMServerScope) について

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM 2016) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドライン インタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくは [スタート メニュー] – [Microsoft System Center 2016] – [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

DPM 2016 の管理を目的として様々なコマンドレットが DPM 管理シェルに用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「New-DPMServerScope」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

New-DPMServerScope コマンドレット

名前

New-DPMServerScope

概要

DPM サーバー スコープ オブジェクトを作成します。

構文

New-DPMServerScope [[-DPMServerName] <String>] [-ObjectType] {DpmServer | Datasource | ProtectionGroup | ProductionServer | Disk | Volume | Library | Drive | AdhocAction} [-ObjectId] <String[]> [-AlertType {NullType | AgentIncompatibleAlert | AgentUnreachableAlert | MediaVerificationFailedAlert | MediaEraseFailedAlert | DetailedInventoryFailedAlert | MediaDecommissionedAlert | MediaDataEraseAlert | FreeMediaThresholdAlert | DataSetCopyFailedAlert | BackupToTapeFailedAlert | BackupToTapeCatalogFailedAlert | LibraryDriveAlert | LibraryNotAvailableAlert | LibraryNotWorkingEfficientlyAlert | MediaRequiredAlert | ReplicaInitializationInProgressAlert | SynchronizationFailedAlert | StopProtectionFailedAlert | RecoveryInProgressAlert | RecoveryPartiallySuccessfulAlert | RecoverySuccessfulAlert | RecoveryFailedAlert | ShadowCopyFailedAlert | ReplicaInMissingStateAlert | ReplicaInInvalidStateAlert | PartialDeployedClusterAlert | AgentTaskFailAlert | SqmOptInAlert | DiskThresholdCrossedAlert | VerificationInProgressAlert | DiskMissingAlert | CatalogThresholdCrossedAlert | DatasetDataVerificationFailed | SCDiskThresholdCrossedAlert | ConfigureProtectionFailedAlert | ReplicaManualLoadPendingAlert | ReplicaInitializationPendingAlert | CertificateExpiringAlert | EvalShareInquiryAlert | ShadowCopyConsolidationRequired | PathChangedForShareAlert | BackupMetadataEnumerationFailedAlert | DuplicateDisksDetectedAlert | DataCorruptionDetectedAlert | DataCorruptionDetectedDuringReadAlert | StagingAreaRestoreInProgressAlert | StagingAreaRestorePartiallySuccessfulAlert | StagingAreaRestoreSuccessfulAlert | StagingAreaRestoreFailedAlert | AgentOwnershipRequiredAlert | AutoInstanceProtectionFailedAlert | AgentAttachFailedAlert | BackupSLAFailedAlert | DpmoRPCreationFailureAlert | DOCVolumeMissing | SharepointROAddedAlert | SharepointRORemovedAlert | PartialBackupSuccessAlert | GlobalDbNotAvailable | LibraryDevicesDisabledAlert | LdmWarningThresholdReachedAlert | LdmErrorThresholdReachedAlert | CertificateExpiryWarningAlert | CertificateExpiryErrorAlert | RecoveryFailedWarningAlert | ExternalAlert | OnlineBackupServiceUnreachableAlert | OnlineBackupPoliciesInconsistentAlert | CloudBackupFailedAlert | PartialCloudBackupSuccessAlert | SLAMissedAlert | OfflineInitialCloudBackupPendingAlert | RestoreDBAlert}] [-DetailedErrorId <Int32>] [-ErrorId <Int32>] [<CommonParameters>]

説明

New-DPMServerScope コマンドレットは、System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM) サーバー スコープ オブジェクトを作成します。スコープ オブジェクトを含むコマンドレットを使用すると、スコープ化された DPM サーバー接続の作成が可能です。

パラメーター

-AlertType [<AlertEnum>]

接続スコープのアラートの種類を指定します。

このパラメーターで利用可能な値 :

  • RestoreDBAlert
  • NullType
  • AgentIncompatibleAlert
  • AgentUnreachableAlert
  • MediaVerificationFailedAlert
  • MediaEraseFailedAlert
  • DetailedInventoryFailedAlert
  • MediaDecommissionedAlert
  • MediaDataEraseAlert
  • FreeMediaThresholdAlert
  • DataSetCopyFailedAlert
  • BackupToTapeFailedAlert
  • BackupToTapeCatalogFailedAlert
  • LibraryDriveAlert
  • LibraryNotAvailableAlert
  • LibraryNotWorkingEfficientlyAlert
  • MediaRequiredAlert
  • ReplicaInitializationInProgressAlert
  • SynchronizationFailedAlert
  • StopProtectionFailedAlert
  • RecoveryInProgressAlert
  • RecoveryPartiallySuccessfulAlert
  • RecoverySuccessfulAlert
  • RecoveryFailedAlert
  • ShadowCopyFailedAlert
  • ReplicaInMissingStateAlert
  • ReplicaInInvalidStateAlert
  • PartialDeployedClusterAlert
  • AgentTaskFailAlert
  • SqmOptInAlert
  • DiskThresholdCrossedAlert
  • VerificationInProgressAlert
  • DiskMissingAlert
  • CatalogThresholdCrossedAlert
  • DatasetDataVerificationFailed
  • SCDiskThresholdCrossedAlert
  • ConfigureProtectionFailedAlert
  • ReplicaManualLoadPendingAlert
  • ReplicaInitializationPendingAlert
  • CertificateExpiringAlert
  • EvalShareInquiryAlert
  • ShadowCopyConsolidationRequired
  • PathChangedForShareAlert
  • BackupMetadataEnumerationFailedAlert
  • DuplicateDisksDetectedAlert
  • DataCorruptionDetectedAlert
  • DataCorruptionDetectedDuringReadAlert
  • StagingAreaRestoreInProgressAlert
  • StagingAreaRestorePartiallySuccessfulAlert
  • StagingAreaRestoreSuccessfulAlert
  • StagingAreaRestoreFailedAlert
  • AgentOwnershipRequiredAlert
  • AutoInstanceProtectionFailedAlert
  • AgentAttachFailedAlert
  • BackupSLAFailedAlert
  • DpmoRPCreationFailureAlert
  • DOCVolumeMissing
  • SharepointROAddedAlert
  • SharepointRORemovedAlert
  • PartialBackupSuccessAlert
  • GlobalDbNotAvailable
  • LibraryDevicesDisabledAlert
  • LdmWarningThresholdReachedAlert
  • LdmErrorThresholdReachedAlert
  • CertificateExpiryWarningAlert
  • CertificateExpiryErrorAlert
  • RecoveryFailedWarningAlert
  • ExternalAlert
  • OnlineBackupServiceUnreachableAlert
  • OnlineBackupPoliciesInconsistentAlert
  • CloudBackupFailedAlert
  • PartialCloudBackupSuccessAlert
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-DetailedErrorId [<Int32>]

詳細エラー ID を指定します。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-DPMServerName [<String>]

このコマンドレットが、サーバー スコープを作成する DPM サーバー名を指定します。

必須false
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ErrorId [<Int32>]

エラー ID を指定します。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ObjectId <String[]>

スコープを接続する オブジェクト ID の配列を指定します。

必須true
位置3
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ObjectType <ScopedObjectType>

-ObjectId パラメーターで定義されたオブジェクトの種類を指定します。

このパラメーターで利用可能な値 :

  • Datasource :  DatasourceID
  • ProtectionGroup :  ProtectionGroupID / ProtectionGroupName
  • ProductionServer : ProductionServerID / ProductionServerName
  • Disk : DiskID
  • Volume : VolumeID
  • Library : LibraryID
  • Drive : DriveID
  • AdhocAction : ActionID
  • DPMServer : DPMServerName
必須true
位置2
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

入力の種類は、コマンドレットにパイプ可能なオブジェクトの種類です。

出力

出力の種類は、コマンドレットが発行するオブジェクトの種類です。

例 1 : 接続用のサーバー スコープの作成

$ServerScope = New-DPMServerScope -DPMServerName "DPMServer07" -ObjectType ProtectionGroup -ObjectID "Protection Group 01"
$DpmServer = Connect-DPMServer -DPMServerScope $ServerScope

最初のコマンドは、DPM サーバー「DPMServer07」のサーバー スコープを作成し、変数 $ServerScope に格納します。このコマンドは、オブジェクト ID「Protection Group 01」を持つオブジェクトの種類として ProtectionGroup を指定します。

2 番目のコマンドは、Connect-DPMServer コマンドレットを用いて $ServerScope のサーバー スコープを持つ接続を作成します。

例 2 : 指定したアラートを持つサーバー スコープを作成する

$ServerScope = New-DPMServerScope -DPMServerName "DPMServer07" -ObjectType Datasource -ObjectID "70fd1133-1bab-4178-8e8c-24d928b6b16c" -AlertType BackupToTapeFailedAlert -DetailedErrorID 910 -ErrorID 3113
$DpmServer = Connect-DPMServer -DPMServerScope $ServerScope

最初のコマンドは、DPM サーバー「DPMServer07」のサーバー スコープを作成し、変数 $ServerScope に格納します。このコマンドは、オブジェクトの種類として Datasource およびオブジェクト ID を指定します。このコマンドでは、アラートの種類、詳細エラー ID およびエラー ID の両方を指定します。

2 番目のコマンドは、Connect-DPMServer コマンドレットを用いて $ServerScope のサーバー スコープを持つ接続を作成します。

関連するリンク

  • Connect-DPMServer
  • Data Protection Manager コマンドレット

参考