Recovery Services コンテナーの資格情報コンテナー再登録を実施する際の注意事項

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

障害やサーバー リプレースなどで Microsoft Recovery Services Agent や Azure Backup Server の再インストールが発生する場合があるかと思います。

その際、再インストールしたサーバーを Azure ポータル (Recovery Services コンテナーの資格情報コンテナー) に再登録が必要になりますが、その際のパスフレーズを設定する際に注意が必要です。

パスフレーズを設定する際、最初に構築した際に設定したパスフレーズではなく新たに設定しようとした場合、その内容は反映されません。

最初に構築した際に設定したパスフレーズではなく新たに設定しようとした場合には、以下のようなエラーメッセージが表示されます。

この現象は Azure Backup セキュリティ機能でパスフレーズの変更には PIN コードが必要となりますが、現状 PIN コードを入力することができないため発生するものとなっています。また、この現象が発生すると、「サーバーの登録は完了しているが、パスフレーズの設定は失敗した」状態となりますが、設定しようとしたパスフレーズはファイルとして出力されてしまいます。

この出力されたパスフレーズを用いて回復の操作を実施しても、以下のとおりエラーとなり、回復に失敗します。

現象を回避するには、最初に構築した際に設定したパスフレーズを用いるか、忘れてしまった場合には現象発生後にパスフレーズの変更 (PIN コードが必要) を行う必要があります。