System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-DPMBackupWindow) について

スポンサーリンク
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM 2016) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドライン インタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくは [スタート メニュー] – [Microsoft System Center 2016] – [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

DPM 2016 の管理を目的として様々なコマンドレットが DPM 管理シェルに用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「Set-DPMBackupWindow」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

Set-DPMBackupWindow コマンドレット

名前

Set-DPMBackupWindow

概要

保護グループのバックアップ ウィンドウ設定を設定します。

構文

Set-DPMBackupWindow [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [[-DaysOfWeek] {Su | Mo | Tu | We | Th | Fr | Sa}] [-StartTime] <DateTime> [-DurationInHours] <Int32> [-PassThru] [<CommonParameters>]

説明

Set-DPMBackupWindow コマンドレットは、保護グループを作成、もしくは変更するときに、System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM) 保護グループのバックアップ ウィンドウを設定します。保護グループのバックアップ ウィンドウは、スケジュールされたバックアップ ジョブが実行される期間を定義します。

このコマンドレットは、編集可能な保護グループ上で動作します。

パラメーター

-DaysOfWeek [<WeekDayType[]>]

週の日の配列を指定します。

このパラメーターで利用可能な値 :

  • Su
  • Mo
  • Tu
  • We
  • Th
  • Fr
  • Sa

既定の値は、すべての日です。

必須false
位置2
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-DurationInHours <Int32>

バックアップ ウィンドウを適用する期間を指定します。-StartTime パラメータの値からウィンドウを適用します。開示時刻が PM 8:00 および期間が 10 時間の場合、その日のバックアップ ウィンドウは PM 8:00 に開始し、次の日の AM 6:00 に完了します。

必須true
位置4
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PassThru [<SwitchParameter>]

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットは、出力を生成しません。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ProtectionGroup <ProtectionGroup>

このコマンドレットが、バックアップ ウィンドウを設定する保護グループを指定します。 ProtectionGroup オブジェクトを取得するには、Get-DPMProtectionGroup コマンドレットを用います。

必須ture
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-StartTime <DateTime>

その日のバックアップ ウィンドウを開始する時刻を指定します。

必須true
位置3
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

入力の種類は、コマンドレットにパイプ可能なオブジェクトの種類です。

出力

出力の種類は、コマンドレットが発行するオブジェクトの種類です。

例 1 : バックアップ ウィンドウを設定する

$PGroup = Get-DPMProtectionGroup -DPMServerName "DPMServer02" | Where {$_.FriendlyName -like "*ContosoPG02*"}
$MPGroup = Get-ModifiableProtectionGroup $PGroup
Set-DPMBackupWindow -ProtectionGroup $MPGroup -StartTime 16:00 -DurationInHours 12

最初のコマンドは、DPM サーバー「DPMServer02」の保護グループを取得し、Where-Object コマンドレットに結果を渡します。このコマンドレットは、指定されたフレンドリ名に一致するグループ以外のすべてのグループを除外します。詳細な情報は、Get-Help Where-Object と入力してください。このコマンドは、変数 $PGroup にその結果を格納します。

2 番目のコマンドは、$PGroup から保護グループ (編集可能なフォーム) を取得、変数 $MPGroup に格納します。

最後のコマンドは、$MPGroup のグループに対してバックアップ ウィンドウを設定します。ウィンドウは、PM 4:00 に開始、12 時間続きます。このコマンドは、バックアップ ウィンドウを実行する日を指定していません。そのため、毎日実行されます。

例 2 : 既存グループのバックアップ ウィンドウを修正する

$PGroup = Get-DPMProtectionGroup -DPMServerName "DPMServer02" | Where {$_.FriendlyName -like "*ContosoPG02*"}
$MPGroup = Get-DPMModifiableProtectionGroup -ProtectionGroup $ProtectionGroup
$Schedule = Get-DPMPolicySchedule -PGroup $ModifiableProtectionGroup -ShortTerm | Where { $_.JobType -eq ""FullReplicationForApplication"" }
Set-DPMBackupWindow -ProtectionGroup $MPGroup -StartTime 16:00 -DurationInHours 12
Set-DPMPolicySchedule -ProtectionGroup $MPGroup -DaysOfWeek $Schedule.WeekDays -TimesOfDay $Schedule.TimesOfDay -Schedule $Schedule
Set-DPMConsistencyCheckWindow -ProtectionGroup $MPGroup -StartTime 00:00 -DurationInHours 24
Set-DPMProtectionJobStartTime -ProtectionGroup $MPGroup -JobType ConsistencyCheck -StartTime 02:00 -MaximumDurationInHours 3
Set-DPMProtectionGroup -ProtectionGroup $ModifiableProtectionGroup

この例では、既存の保護グループを修正します。バックアップ ウィンドウおよび整合性チェック ウィンドウを設定します。この例の詳細については、関連するコマンドレットを参照してください。

最初のコマンドは、DPM サーバー「DPMServer02」の保護グループを取得し、結果を Where-Object コマンドレットに渡します。このコマンドは、変数 $PGroup にその結果を格納します。

2 番目のコマンドは、$PGroup から保護グループ (編集可能なフォーム) を取得、変数 $MPGroup に格納します。

3 番目のコマンドは、保護ジョブのスケジュールを取得し、結果を Where-Object コマンドレットに渡します。このコマンドレットは、指定したジョブの種類に一致するもの意外は除外します。変数 $Schedule にその結果を格納します。

4 番目のコマンドは、$MPGroup の保護グループのバックアップ ウィンドウを設定します。

5 番目のコマンドは、$Schedule に格納された値に基づき、$MPGroup のポリシー スケジュールを設定します。

6 番目のコマンドは、$MPGroup の整合性チェック ウィンドウを深夜 0:00 に開始、および 24 時間続くように設定します。

7 番目のコマンドは、DPM 整合性ジョブを AM 2:00 に開始し、最長 3 時間まで開始するように構成します。

最後のコマンドは、保護グループにすべての変更内容を保存します。

例 3 : 保護グループの作成、およびバックアップ ウィンドウを指定する

$PGroup = New-DPMProtectionGroup -DPMServerName "DPMServer02" -Name 'SQL protection group'
$PServer = Get-DPMProductionServer -DPMServerName "DPMCentral01"
$PObject = Get-DPMDatasource -ProductionServer $ProductionServer -Inquire | Where {$_.DatasourceName -eq 'db1'}
Add-DPMChildDatasource -ProtectionGroup $PGroup -ChildDatasource $PObject
Set-DPMProtectionType -ProtectionGroup $PGroup -ShortTerm disk
Set-DPMDatasourceDiskAllocation -Datasource $PObject -ProtectionGroup $PGroup
Set-DPMReplicaCreationMethod -ProtectionGroup $PGroup -Manual
$Schedule = Get-DPMPolicySchedule -ProtectionGroup $PGroup -ShortTerm | Where { $_.JobType -eq "FullReplicationForApplication" }
Set-DPMBackupWindow -ProtectionGroup $PGroup -DaysOfWeek @("Su", "Mo", "Tu", "Fr", "Sa") -StartTime 20:00 -DurationInHours 10
Set-DPMPolicySchedule -ProtectionGroup $PGroup -Schedule $sched -DaysOfWeek @("Su", "Mo", "Tu", "We", "Th", "Fr", "Sa") -TimesOfDay @('00:00', '04:00', '08:00', '12:00', '16:00', '20:00')
Set-DPMDatasourceProtectionOption -ProtectionGroup $PGroup -AutoConsistencyCheck $False<br>Set-DPMConsistencyCheckWindow -ProtectionGroup $PGroup -StartTime 22:00 -DurationInHours 12
Set-DPMProtectionJobStartTime -ProtectionGroup $PGroup -JobType ConsistencyCheck -StartTime 10:00 -MaximumDurationInHours 12
Set-DPMPolicyObjective -ProtectionGroup $PGroup -ColocateDatasources $False
Set-DPMProtectionGroup -ProtectionGroup $PGroup

この例では、保護グループを作成し、バックアップ ウィンドウを構成します。9 番目のコマンドは、PM 10:00 に開始するようにバックアップ ウィンドウを設定します。ウィンドウは、10 時間続きます。このコマンドは、バックアップ ウィンドウが終了する日数を指定します。この例の詳細については、関連するコマンドレットを参照してください。

関連するリンク

  • Add-DPMChildDatasource
  • Get-DPMBackupWindow
  • Get-DPMDatasource
  • Get-DPMPolicySchedule
  • Get-DPMProductionServer
  • Get-DPMProtectionGroup
  • New-DPMProtectionGroup
  • Set-DPMConsistencyCheckWindow
  • Set-DPMDatasourceDiskAllocation
  • Set-DPMDatasourceProtectionOption
  • Set-DPMPolicyObjective
  • Set-DPMPolicySchedule
  • Set-DPMProtectionGroup
  • Set-DPMProtectionJobStartTime
  • Set-DPMProtectionType
  • Set-DPMReplicaCreationMethod

参考