System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-DPMDatasourceDefaultDiskAllocation) について

スポンサーリンク

System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM 2016) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドライン インタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくは [スタート メニュー] – [Microsoft System Center 2016] – [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

DPM 2016 の管理を目的として様々なコマンドレットが DPM 管理シェルに用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「Set-DPMDatasourceDefaultDiskAllocation」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

Set-DPMDatasourceDefaultDiskAllocation コマンドレット

名前

Set-DPMDatasourceDefaultDiskAllocation

エイリアス

Get-DatasourceDiskAllocation

概要

保護データに割り当てられたディスク容量を取得します。

構文

Set-DPMDatasourceDefaultDiskAllocation [-Datasource] <Datasource[]> [-Async] [-CalculateShrinkThresholds] [-CalculateSize] [-PrimaryDpmServer] [-Tag <Object>] [<CommonParameters>]

説明

Set-DPMDatasourceDefaultDiskAllocation コマンドレットは、System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM) の保護データに割り当てられたディスク容量を変更します。

パラメーター

-Async [<SwitchParameter>]

コマンドが非同期で実行する場合に指定します。コマンドが非同期で実行される場合、ジョブ完了までに時間を要する場合でも、コマンド プロンプトはすぐに返ります。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-CalculateShrinkThresholds [<SwitchParameter>]

DPM が回復ポイント ボリュームが減少する可能性のあるしきい値を計算する場合に指定します。

このパラメーターは、ShadowCopySizeAfterMaxShrink および ShadowCopySizeAfterMinShrink プロパティを設定します。このパラメーターを使用するとき、Get-DiskAllocation コマンドレットは、2 つの値を返します。回復ポイント ボリュームを削減するには、返された 2 つの値の間の値を Set-DiskAllocation コマンドレットの -ShadowCopyArea パラメーターに指定します。しかし、回復ポイント ボリュームの削減ができない場合、コマンドレットは適切なエラーコードで例外スローします。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-CalculateSize [<SwitchParameter>]

DPM がディスクに割り当てられた領域を計算する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Datasource <Datasource[]>

このコマンドレットがディスク割り当てを修正するデータ ソース オブジェクトを指定します。データ ソースは、Windows オペレーティング システムのファイル システム共有、もしくはボリューム、Micorosft SQL Server データベース、Microsoft Exchange Server ストレージ グループ、Microsoft SharePoint ファール、Microsoft Virtual Machine、DPM データベース、もしくは保護グループのメンバーのシステム状態となります。

必須true
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PrimaryDpmServer [<SwitchParameter>]

DPM が DPM サーバーにデータを回復する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Tag [<Object>]

非同期呼び出しことに応答を区別するカスタム プロパティを指定します。コマンドレットに基づくグラフィカル ユーザー インターフェイスを構築するために、このパラメーターを用います。DPM 管理シェルではこのパラメーターは使用できません。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

入力の種類は、コマンドレットにパイプ可能なオブジェクトの種類です。

出力

出力の種類は、コマンドレットが発行するオブジェクトの種類です。

例 1 : データ ソースにディスク割り当てを指定する

$Pg = Get-ProtectionGroup -DPMServerName "TestingServer"
$Mpg = Get-ModifiableProtectionGroup $Pg
$Ds = Get-Datasource -ProtectionGroup $Mpg
Get-DatasourceDiskAllocation -Datasource $Ds[1]
Set-DPMDatasourceDiskAllocation -Datasource $Ds[1] -ProtectionGroup $Mpg
Set-ProtectionGroup $Mpg

この例では、データ ソースのディスク割り当てを指定します。

最初のコマンドは、DPM サーバー「TestingServer」からすべての保護グループを取得し、変数 $Pg に格納します。これらの保護グループを編集することはできません。

2 番目のコマンドは、$Pg 配列から編集可能モードで保護グループを取得、変数 $Mpg に格納します。

3 番目のコマンドは、$Mpg 配列から保護および保護されていないデータ一覧を取得し、変数 $Ds に格納します。

4 番目のコマンドは、$Ds の 2 番目のデータ ソースに対して現在のディスク割り当てを取得します。

5 番目のコマンドは、$Mpg の保護グループから $Ds の 2 番目のデータソールのディスク割り当てを設定します。

6 番目のコマンドは、$Mpg の編集可能な保護グループに $Ds の 2 番目のデータ ソースを保存します。

関連するリンク

  • Edit-DPMDiskAllocation
  • Set-DPMDatasourceDiskAllocation

参考