System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-DPMGlobalProperty) について

スポンサーリンク
Rise of the Tomb Raider

System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM 2016) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドライン インタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくは [スタート メニュー] – [Microsoft System Center 2016] – [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

DPM 2016 の管理を目的として様々なコマンドレットが DPM 管理シェルに用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「Set-DPMGlobalProperty」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2016 – Data Protection Manager の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

Set-DPMGlobalProperty コマンドレット

名前

Set-DPMGlobalProperty

概要

DPM インストールのグローバル プロパティを設定します。

構文

Set-DPMGlobalProperty [[-DPMServerName] <String>] -AllowLocalDataProtection <Boolean> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Set-DPMGlobalProperty [[-DPMServerName] <String>] -ConsiderForAutoDeployment <Boolean> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Set-DPMGlobalProperty [[-DPMServerName] <String>] -ExchangeSCRProtection <String> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Set-DPMGlobalProperty [[-DPMServerName] <String>] -HyperVPagefileExclusions <String> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Set-DPMGlobalProperty [[-DPMServerName] <String>] -IsNetworkChecksumRequired <Boolean> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Set-DPMGlobalProperty [[-DPMServerName] <String>] -KnownVMMServers <String> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Set-DPMGlobalProperty [[-DPMServerName] <String>] -LibraryRefreshInterval <Int32> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Set-DPMGlobalProperty [[-DPMServerName] <String>] -MaxCapacityForClientAutoDeployment <Int32> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Set-DPMGlobalProperty [[-DPMServerName] <String>] -RegisteredWriters <Guid[]> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Set-DPMGlobalProperty [[-DPMServerName] <String>] -TruncateSharePointDbLogs <Boolean> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

説明

Set-DPMGlobalProperty コマンドレットは、System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM) インストールのグローバル プロパティを設定します。

パラメーター

-AllowLocalDataProtection <Boolean>

DPM サーバーが、インストールされている同一のコンピューター上でデータ ソースを保護する場合に指定します。

必須true
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ConsiderForAutoDeployment <Boolean>

クライアント保護で DPM サーバーを使用する場合に指定します。

必須true
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-DPMServerName [<String>]

このコマンドレットを実行する DPM サーバー名を指定します。

必須false
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ExchangeSCRProtection <String>

Microsoft Exchange Server スタンバイ連続レプリケーション (SCR) サーバー名を指定します。複数のサーバー名を指定するには、カンマ区切りで個別に記載します。

必須true
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-HyperVPagefileExclusions <String>

Hyper-V データ ソースのバックアップ ジョブから除外する仮想ハード ディスク ドライブ(VHD)ページ ファイル名を指定します。複数の VHD ページ ファイル名を指定するには、カンマ区切りで個別に記載します。このパラメーターはワイルドカード値も許可します。

必須true
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-IsNetworkChecksumRequired <Boolean>

チェックサムを適用してネットワーク経由で転送されたデータを検証する場合に指定します。

必須true
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-KnownVMMServers <String>

仮想マシンのモビリティ シナリオをサポートするために、DPM と通信する VMM サーバーを指定します。このパラメーターを指定すると、DPM は VMM サーバー情報を格納し、そのサービスを VMM と通信するように構成します。

必須true
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-LibraryRefreshInterval <Int32>

共有ライブラリに関する情報を収集するためのリフレッシュ間隔を指定します。

必須true
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-MaxCapacityForClientAutoDeployment <Int32>

DPM サーバーが保護可能なクライアント コンピューターの最大数を指定します。-ConsiderForAutoDeployment パラメーターを指定して自動展開が有効になっている場合、DPM が妥当な数のクライアント コンピュータを確実に保護するため、この値を設定します。

必須true
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RegisteredWriters <Guid[]>

内部使用のみ。

必須true
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-TruncateSharePointDbLogs <Boolean>

レプリケーション中に SharePoint データベース ログを切り捨てる場合に指定します。

必須true
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Confirm [<SwitchParameter>]

コマンドレットを実行する前に確認のプロンプトを表示します。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-WhatIf [<SwitchParameter>]

コマンドレットを実行する場合、何が起きるかを表示します。コマンドレットは実行されません。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

入力の種類は、コマンドレットにパイプ可能なオブジェクトの種類です。

出力

出力の種類は、コマンドレットが発行するオブジェクトの種類です。

例 1 : ページ ファイル VHD を除外する

 Set-DPMGlobalProperty -DPMServerName "Contoso-DPMServer" -HyperVPagefileExclusions "*_pagefile.vhd" 

このコマンドは、DPM サーバー「Contoso-DPMServer」上の文字列「_pagefile.vhd」を含む名前を持つすべての保護 VHD を除外します。

例 2 : ワイルドカードによる除外を用いて VHD を除外する

 Set-DPMGlobalProperty -DPMServerName "Contoso-DPMServer" -HyperVPagefileExclusions "*_pagefile.vhd,*mypgf*.vhd*" 

このコマンドは、VHD 名に文字列「mypgf」、もしくは「pagefile.vhd」が含まれる VHD ファイルを除外します。

例 3 : すべての VHD 除外を削除する

 Set-DPMGlobalProperty -DPMServerName "Contoso-DPMServer" -HyperVPagefileExclusions "" 

このコマンドは、-HyperVPagefileExclusions パラメーターにて空のリストをすべての既存の除外を削除します。

関連するリンク

  • Get-DPMGlobalProperty

参考