Remove-VMImage を使って Azure Stack marketplace に登録した Windows Server 2016 評価版イメージを削除する

スポンサーリンク

※本記事は、Azure Stack Technical Preview (TP3) で確認しているものとなります。仕様や設定内容など正式リリース版と異なる可能性があります。

Azure Stack を構築した後、以下のドキュメントをもとに Windows Server 2016 評価版を Azure Marketplace にイメージを登録するかと思います。

日本語評価版から英語評価版に戻したいと思い、登録した評価版イメージの削除手順を纏めました。

削除手順

前提

Azure Stack を構成する MAS-CON01 仮想マシンに Azure Stack 用 PowerShell、および Azure Stack tools がインストールされている必要があります。

削除手順

  1. 管理者権限で PowerShell を起動します。
  2. 以下のコマンドを実行し、Azure Stack tools に含まれるモジュールをインポートします。
    cd <Azure Stack tools のパス&>\AzureStack-Tools-master
    Import-Module .\Connect\AzureStack.Connect.psm1
    Import-Module .\ComputeAdmin\AzureStack.ComputeAdmin.psm1
    
  3. 以下のコマンドを実行し、Azure Stack 管理者の AzureRM 環境を作成します。
    Add-AzureStackAzureRmEnvironment -Name "AzureStackAdmin" -ArmEndpoint https://adminmanagement.local.azurestack.external
    
  4. 以下のコマンドを実行し、テナント ID を変数 $TenantID に格納します。
    • Azure Active Directory を用いて Azure Stack を構築した場合
      $TenantID = Get-DirectoryTenantID -AADTenantName "<Azure AD テナント名>.onmicrosoft.com" -EnvironmentName AzureStackAdmin
      
    • ADFS を用いて Azure Stack を構築した場合
      $TenantID = Get-DirectoryTenantID -ADFS -EnvironmentName AzureStackAdmin
      
  5. 以下のコマンドを実行し、変数 $TenantID にログインするための情報を作成、変数 $Credential に格納します。
    $UserName = "<変数 $TenantID にログイン可能な管理者アカウント名>"
    $Password = ConvertTo-SecureString "<変数 $TenantID にログイン可能な管理者パスワード>" -Force -AsPlainText
    $Credential = New-Object PSCredential($UserName,$Password)
    
  6. 以下のコマンドを実行し、Windows Server 2016 評価版イメージを削除します。
    Remove-VMImage -publisher "MicrosoftWindowsServer" -offer "WindowsServer" -sku "2016-Datacenter" -version "1.0.0" -EnvironmentName AzureStackAdmin -tenantID $TenantID -azureStackCredentials $Credential
    

イメージの削除が正常に完了すると、以下のメッセージが表示されます。

参考