Windows 10 に VMware Workstation 12.5.5 Pro をインストールする

スポンサーリンク

VMware Workstation Pro は、Windows 7/8/10 といったクライアント OS、Linux 上でも動作可能な仮想化ソフトウェアです。

Windows 10 に VMware Workstation 12.5.5 Pro をインストールする機会があったので、備忘録として纏めました。

VMware Workstation 12.5.5 Pro のリリースノートについては、以下サイトをご確認ください。

インストール手順

VMware Workstation 12.5.5 Pro のインストール

  1. my VMware (登録要) のダウンロード サイト、もしくは「VMware Workstation Pro を試用して、仮想マシンで Linux と Windows を実行」サイトから、VMware Workstation 12.5.5 Pro インストーラ (2017/05/02 時点では、「VMware-workstation-full-12.5.5-5234757.exe」) をダウンロードします。
  2. ダウンロードしたインストーラを管理者権限で実行、起動します。
  3. [次へ] ボタンをクリックします。
  4. [次へ] ボタンをクリックします。
  5. [インストール先] はデフォルト設定のまま、「拡張キーボード (この機能をインストールするには再起動が必要)」のチェックボックスをオンにし、[次へ] ボタンをクリックします。
  6. デフォルト設定のまま、[次へ] ボタンをクリックします。
  7. デフォルト設定のまま、[次へ] ボタンをクリックします。
  8. [インストール] ボタンをクリックして、インストールを開始します。
  9. [完了] ボタンをクリックして、終了します。
  10. [はい] ボタンをクリックして、システムを再起動します。
  11. システム再起動後、サインイン、管理者権限で VMware Workstation Pro を起動します。
  12. ここでは、試用版をしようするため、「VMware Workstation 12 の 30 日間試用を希望します」を選択、メールアドレスを入力し、[続行] ボタンをクリックします。
    ※管理者権限が要求されます。
  13. [完了] ボタンおクリックします。

補足1 : ライセンス キーの登録

  1. VMware Workstation を起動 (管理者権限が必要) し、画面内にある [ライセンス キーを入力] をクロックします。
  2. 25桁のライセンス キーを入力し、[OK] ボタンをクリックします。
    ※管理者権限が要求されます。

補足2 : 環境設定画面

補足3 : 仮想ネットワーク エディタ画面

参考

スポンサーリンク