Windows ADK for Windows 10, version 1703 の既知の問題に対応したパッチが公開されました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Windows 10 Creators Update (バージョン 1703、ビルド 15063) のリリースに合わせて Windows ADK (Assessment and Deployment Kit) が公開されましたが、セキュア ブートがオンになっている環境には ADK ドライバーがインストールできないという既知の問題がありました。

2017/05/30 (現地時間) に追加情報があり、この既知の問題に対応したパッチが公開されました。

ダウンロードサイトは、上記サイト内にも記載されていますが、次のパスとなります。

詳細は、ダウンロード ファイルを解凍後に表示される「ReadMe.txt」に記載がありますが、802.1x (dot3svc) に関する問題はこのパッチには含まれていないようです。

ReadMe.txt の内容について (意訳)

セキュア ブートを持つシステム上の ADK 1703 ドライバー Wimmount.sys と WOFadk.sys を修復します。

既存の Wimmount.sys と WOFadk.sys ドライバーが影響を受けるかどうかの確認

  1. システム上で既存のドライバー Wimmount.sys と WOFadk.sys の格納場所を確認します。通常、インストールされる既定のディレクトリは、以下となります :
     C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\<arch>\DISM 

    ※<arch> は、x86、amd64、および arm64 になります。

    ただし、APK が既定の格納場所以外にインストールされている場合、このディレクトリが異なる可能性があります。ドライバーが既定の格納場所で見つからない場合、管理者権限を持つ コマンド プロンプトから、次のコマンドを用いてドライバーを見つけることができます :

     dir /s /b wimmount.sys | wofadk.sys 

    システム上のすべてのドライブを確認します。

  2. Wimmount.sys と WOFadk.sys ファイルそれぞれについて右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  3. [デジタル署名] タブの下には、ダイジェスト アルゴリズム sha256 のエントリが 1 つだけあります。 このエントリを選択して [詳細] ボタンをクリックすると、署名者情報の名前は [Microsoft Windows] になり、署名時刻は次のようになります。

    x86

    Friday, March 17, 2017 10:54:05 PM for wimmount.sys
    Friday, March 17, 2017 10:54:29 PM for wofadk.sys

    amd64
    —–
    Friday, March 17, 2017 10:54:05 PM for winmount.sys
    Friday, March 17, 2017 10:54:29 PM for wofadk.sys

    arm64
    —–
    Friday, March 17, 2017 10:25:54 PM for winmount.sys
    Friday, March 17, 2017 10:27:06 PM for wofadk.sys

    注 :
    上記の時間はすべて PST です。現在のタイム ゾーンに合わせて日時を読み替えてください。
    ドライバーに複数のエントリ(sha256 と sha1 の両方)がある場合、もしくはドライバー署名の名前/日付/時刻が上記のものと異なる場合は、古いドライバーの署名方法で署名されたドライバーが存在します。このような場合、ドライバーは、新しいドライバー署名方法で署名されたこの .zip アーカイブから更新されたドライバーに置き換える必要があります。

ADK 内の Wimmount.sys と WOFadk.sys ドライバーの更新

  1. .zip アーカイブを右クリック、[すべて展開] を選択し、解凍します。
  2. 手順 1 で確認したパスから、古いドライバーの署名方法で署名された既存ドライバー名を変更します。3 つのすべてのアーキテクチャ (x86、amd64、および arm64) でドライバー名を変更したことを確認してください。
  3. 手順 4 で解凍したアーカイブの内容から、更新されたドライバーをそれぞれのアーキテクチャ フォルダーにコピーします。これは、GUI によるドラッグ アンド ドロップや管理者権限を持つコマンド ラインを用いて手動で行うことができます。
    管理者権限を持つコマンド ラインの場合は、ADK が既定のパスにインストールされていると仮定します。
     C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools 

    更新されたドライバーを含むフォルダのルートに移動、次のコマンドを実行します。

    xcopy ".\amd64\wimmount.sys" "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\amd64\DISM\wimmount.sys"
    xcopy ".\amd64\wofadk.sys" "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\amd64\DISM\wofadk.sys"
    
    xcopy ".\x86\wimmount.sys" "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\x86\DISM\wimmount.sys"
    xcopy ".\x86\wofadk.sys" "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\x86\DISM\wofadk.sys"
    
    xcopy ".\arm64\wimmount.sys" "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\arm64\DISM\wimmount.sys"
    xcopy ".\arm64\wofadk.sys" "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\arm64\DISM\wofadk.sys"
    

    ADK が既定の場所にインストールされていない場合、手順 1 で確認したパスを基に、上記のパスを適切に更新してください。

  4. ADK が最初にインストールされてから再起動が既に行われている場合、更新されたドライバーが適切な場所にコピーされた後で再起動する必要はありません。問題は修正される必要があります。

参考