Azure PowerShell for AzureStack の Set-AzureRmContext コマンドレットについて

スポンサーリンク
Rise of the Tomb Raider

Set-AzureRmContext コマンドレットに関するヘルプ情報について、「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しています。
※Azure PowerShell for AzureStack v1.2.10 で確認

Set-AzureRmContext コマンドレットについて

名前

Set-AzureRmContext

構文

Set-AzureRmContext [-TenantId <string>] [-SubscriptionName <string>] [<CommonParameters>]

Set-AzureRmContext [-TenantId <string>] [-SubscriptionId <string>] [<CommonParameters>]

Set-AzureRmContext -Context <PSAzureContext> [<CommonParameters>]

エイリアス

Select-AzureRmSubscription

パラメーター

-Context <PSAzureContext>

コンテキストを指定します。

必須true
位置named
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
パラメーター セット名 Context
エイリアスNone
動的false

-SubscriptionId <string>

サブスクリプションを指定します。

必須false
位置named
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名SubscriptionId
エイリアスNone
動的false

-SubscriptionName <string>

サブスクリプション名を指定します。

必須false
位置named
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名SubscriptionName
エイリアスNone
動的false

-TenantId <string>

テナント名、もしくはテナント ID を指定します。

必須false
位置named
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名SubscriptionName, SubscriptionId
エイリアスDomain
動的false

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

  • System.String
  • Microsoft.Azure.Commands.Profile.Models.PSAzureContext

出力

  • Microsoft.Azure.Commands.Profile.Models.PSAzureContext

備考

  • なし

参考