Windows ADK for Windows 10 Version 1709 が公開されました

スポンサーリンク

Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709) のリリースに合わせて Windows ADK (Assessment and Deployment Kit) が公開、バージョン 1709用のインストーラー (adksetup.exe) を入手することが可能になっています。

また、Visual Studio サブスクリプション (旧 : MSDN サブスクリプション) の契約を持っている場合は、https://my.visualstudio.com/ にサインイン後、ダウンロード ページから「Windows 10 Assessment and Deployment Kit, Version 1709 (Updated Sept 1709)」という名前でダウンロード、入手することが可能です。

インストール手順は Version 1703 と同様、今までと大きくは変わらないようですが、以下のコンポーネントがインストール時に選択できるようになっています。

  • アプリケーション互換性ツール
  • Deployment Tools
  • Windows Preinstallation Environment (Windows PE)
  • イメージおよび構成デザイナー (ICD)
  • 構成デザイナー
  • User State Migration Tool (USMT)
  • ボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT)
  • Windows パフォーマンス ツールキット
  • Windows 評価ツールキット
  • Microsoft User Experience Virtualizaton (UE-V) Template Generator
  • Microsoft Application Virtualizaton (App-V) Sequencer
  • Microsoft Application Virtualizaton (App-V) Auto Sequencer
  • Media eXperience Analyzer

コンポーネントをすべてインストールすると、[スタート] メニューには以下のように表示されます。

参考