Windows ADK for Windows 10 Version 1709 が公開されました

Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709) のリリースに合わせて Windows ADK (Assessment and Deployment Kit) が公開、バージョン 1709用のインストーラー (adksetup.exe) を入手することが可能になっています。

また、Visual Studio サブスクリプション (旧 : MSDN サブスクリプション) の契約を持っている場合は、https://my.visualstudio.com/ にサインイン後、ダウンロード ページから「Windows 10 Assessment and Deployment Kit, Version 1709 (Updated Sept 1709)」という名前でダウンロード、入手することが可能です。

インストール手順は Version 1703 と同様、今までと大きくは変わらないようですが、以下のコンポーネントがインストール時に選択できるようになっています。

  • アプリケーション互換性ツール
  • Deployment Tools
  • Windows Preinstallation Environment (Windows PE)
  • イメージおよび構成デザイナー (ICD)
  • 構成デザイナー
  • User State Migration Tool (USMT)
  • ボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT)
  • Windows パフォーマンス ツールキット
  • Windows 評価ツールキット
  • Microsoft User Experience Virtualizaton (UE-V) Template Generator
  • Microsoft Application Virtualizaton (App-V) Sequencer
  • Microsoft Application Virtualizaton (App-V) Auto Sequencer
  • Media eXperience Analyzer

コンポーネントをすべてインストールすると、[スタート] メニューには以下のように表示されます。

参考

Windows 10
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kogesaka (Yu Kogasaka) をフォローする
焦げlog
タイトルとURLをコピーしました