Azure Stack Update における Microsoft ソフトウェア更新プログラムの中身を見てみました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

様々な事情や環境の変化で Azure Stack 統合システムに触れることはできていませんが、Azure Stack 更新パッケージ (Azure Stack Update) にはセキュリティ更新プログラムや新機能が含まれた「Microsoft ソフトウェア更新プログラム」とドライバーやファームウェアの更新が含まれた「OEM ハードウェア ベンダー提供の更新プログラム」の 2種類があります。

Azure Stack Update の「Microsoft ソフトウェア更新プログラム」については、毎月リリースされることになっており、GA リリース以降では Update 1710、1711 がダウンロード、入手可能となっており、リリースノートとしてドキュメントも公開されています (「OEM ハードウェア ベンダー提供の更新プログラム」については、OEM ハードウェア ベンダーから適時提供)。

なお、Azure Stack 導入時には OEM ハードウェア ベンダーがその時点で提供されている最新版が適用されている状態で提供されると思いますし、マネージド サービス プロバイダー (MSP) を経由して Azure Stack 利用する場合、Azure Stack Update の適用は (メンテナンス通知含め) MSP 側で行われると思いますので利用するエンド ユーザー側にて気にする必要はないかと思います。

自社で Azure Stack を運用するシステム部門の場合、リリースノートに記載されている以外にも何が適用されるかを少しでも知りたいと思われると思います。

Azure Stack Update の「Microsoft ソフトウェア更新プログラム」自体は、https://aka.ms/azurestackupdatedownload から「AzureStackUpdateDownloader.exe」をダウンロード、実行することで入手することができるため、中身を少し確認してみました。

Azure Stack Update の「Microsoft ソフトウェア更新プログラム」の中身について

Azure Stack Update ファイルのダウンロード

  1. https://aka.ms/azurestackupdatedownload から「AzureStackUpdateDownloader.exe」をダウンロード、管理者権限で起動します。
  2. 「2. Choose updates to download」内に表示されている更新プログラムについて、ダウンロードしたい更新プログラムのチェックボックスをオンにします。
    「3. Browse to where you want to save the files」内の「Browse」をクリックし、ダウンロード先を指定します。
    「4. Download」内の「Download」をクリックし、ダウンロード処理を開始します。

    ダウンロード処理中、[Details] をクリックすることでダウンロードするファイル名を確認することができます。
    • Azure Stack Update 1710
    • Azure Stack Update 1711
  3. ダウンロードが完了したら、[Quit] をクリック、終了します。
  4. エクスプローラーからダウンロードしたファイルが存在することを確認します。
    • Azure Stack Update 1710
    • Azure Stack Update 1711

ダウンロードしたファイルは、画像にもあるとおり、以下の 3つとなります。

  • PUPackageRelease_<ビルド番号>.exe
    • 更新用のペイロード (Windows Server の最新の累積更新プログラムなど) が含まれる
  • PUPackageRelease_<ビルド番号>-1.bin
    • 関連付けられているペイロードの圧縮
  • metadeta.xml
    • 更新プログラムに関する情報 (アップデート名、バージョンなど) が記載

metadeta.xml の中身を見るとわかりますが、”<MinVersionRequired>” の内容が 1つ前のバージョンとなっています。これは、Azure Stack Update の「Microsoft ソフトウェア更新プログラム」が累積的なアップデートではないことが原因であるため、毎月継続して適用していく必要があります (理由については後述)。

  • Azure Stack Update 1710
  • Azure Stack Update 1711

exe ファイルと bin ファイルの中身

Azure Stack Update の「Microsoft ソフトウェア更新プログラム」を適用する際には、以下のドキュメントに記載があるとおり、上記 3つのファイルを Azure Stack 上で作成したストレージ アカウント内の Blob ストレージにインポート (アップロード) した後、admin ポータル上の更新ブレードから行うことで可能となります。

なお、ダウンロードした exe ファイルを実行することで適用されるファイルを確認することができます。

  1. PUPackageRelease_<ビルド番号>.exe を管理者権限で実行します。
  2. [Next] をクリックします。
  3. 展開するファイル パスを指定し、[Next] をクリックします。

    なお、デフォルトでは「c:\windows」となっているので、ここでは別のファイル パスを指定しています。
  4. [Extract] をクリックして、展開します。
  5. 展開が完了したら、[Finish] をクリックして終了します。

展開された ファイル パスに対して tree コマンドを実行した結果が以下となります。内容としては、Windows 10、Windows Server 2016 のセキュリティ更新プログラムと Azure Stack を構成する NuGet パッケージ (拡張子を zip に変えることで解凍可能) に加え、1711 では Windows Defender の定義ファイルとなります。

  • Azure Stack Update 1710
  • Azure Stack Update 1711

採取した画像だと分かりにくいため、NuGet パッケージについて以下の表にまとめてみました。

ファイル名17101711
AzureStack.Setup.X.XX.XXX.nupkg5.14.5785.14.723
ECEEngine.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Common.Infrastructure.SequentialSideBySide.X.X.X.nupkg1.3.0
Microsoft.AzureStack.Common.Infrastructure.TraceCollector.X.X.XX.nupkg3.4.11
Microsoft.AzureStack.Common.Tools.Diagnostics.X.X.nupkg2.3
Microsoft.AzureStack.Compute.AdminRegistration.X.X.XXX.X.nupkg1.1.275.41.1.283.1
Microsoft.AzureStack.Compute.Installer.X.X.XXX.X.nupkg1.1.275.41.1.283.2
Microsoft.AzureStack.Compute.TenantRegistration.X.X.XXX.X.nupkg1.1.275.41.1.283.1
Microsoft.AzureStack.Deployment.CADSC.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Deployment.DSC.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Deployment.ExternalDNSDSC.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Deployment.NCDSC.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Fabric.Backup.BackupControllerInstaller.X.X.XX.X.nupkg1.0.66.11.0.77.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Backup.IBCAdapterClient.X.X.XX.X.nupkg1.0.66.11.0.77.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Compute.Client.Powershell.X.XXXX.XXX.X.nupkg1.1710.283.01.1711.299.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Compute.HostInstaller.X.XXXX.XXX.X.nupkg1.1710.283.01.1711.299.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Compute.Installer.X.XXXX.XXX.X.nupkg1.1710.283.01.1711.299.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Deploy.NonPrivilegedAppGateway.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Fabric.Health.X.XX.XX.X.nupkg1.17.10.71.1711.16.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Health.HealthResourceProvider.X.XX.XX.X.nupkg1.17.10.71.1711.16.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Health.MAConfig.X.XX.XX.X.nupkg1.17.10.71.1711.16.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.ServiceController.AppGateway.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Fabric.Storage.SCPSModule.X.X.XX.X.nupkg1.1.53.41.1.60.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Storage.StorageController.Client.X.X.XX.X.nupkg1.1.53.41.1.60.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Storage.StorageControllerInstaller.X.X.XX.X.nupkg1.1.53.41.1.60.0
Microsoft.AzureStack.Graph.Setup.X.XX.XXX.X.nupkg1.16.873.11.16.877.6
Microsoft.AzureStack.ISC.Application.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.ISC.Client.Deployment.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.NetworkResourceProvider.X.X.XXX.X.nupkg1.0.226.21.0.233.3
Microsoft.AzureStack.Services.AzureBridge.Setup.X.X.XXX.nupkg1.0.243
Microsoft.AzureStack.Services.Fabric.BackupResourceProvider.X.X.XX.X.nupkg1.0.66.11.0.77.0
Microsoft.AzureStack.Services.Fabric.FabricResourceProvider.X.X.XXX.X.nupkg1.0.257.41.0.267.0
Microsoft.AzureStack.Services.Fabric.UpdateResourceProvider.X.X.XXX.X.nupkg1.0.257.41.0.267.0
Microsoft.AzureStack.Services.Storage.X.X.XXX.X.nupkg1.0.518.11.0.529.0
Microsoft.AzureStack.Services.StorageResourceProvider.X.X.XXX.X.nupkg1.0.518.11.0.529.0
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.AzureStackPXE.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.AzureStackPXE.Deployment.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.BootstrapScripts.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.CloudCommon.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.CloudDeployment.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.Common.NodeUtils.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.EnterpriseCloudEngine.Client.Deployment.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.Fabric.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.FwdGw.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.NC.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.NRP.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.PMC.Client.Deployment.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.PXEBootArtifacts.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.Security.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.SLB.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.SQL.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.ECEngine.Application.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.Solution.ThirdPartyNotices.X.X.XXX.XX.nupkg1.0.597.181.0.612.27
Microsoft.AzureStack.UsageBridge.Host.X.X.XX.X.nupkg1.0.16.0
Microsoft.KeyVault.AzureStack.Deployment.Tools.X.X.XX.X.nupkg1.0.25.231.0.30.0
Microsoft.KeyVault.Portal.AdminExtensions.WebRole.X.X.XX.nupkg1.0.44
Microsoft.KeyVault.Portal.Extensions.WebRole.X.X.XX.nupkg1.0.44
Microsoft.KeyVault.ServiceFabric.DataPlane.X.X.XX.XX.nupkg1.0.25.231.0.30.0
Microsoft.Portal.Extensions.ComputeAdminExtension.X.XX.XXX.nupkg5.14.5785.14.723
Microsoft.Portal.Extensions.HealthAdminExtension.X.XX.XXX.nupkg5.14.5785.14.723
Microsoft.Portal.Extensions.NetworkAdminExtension.X.XX.XXX.nupkg5.14.5785.14.723
Microsoft.Portal.Extensions.StorageAdminExtension.X.XX.XXX.nupkg5.14.5785.14.723
Microsoft.Portal.IaaS.Extensions.WebRole.X.XX.XX.nupkg4.17.15

Azure Stack Update 適用に関する補足

Azure Stack 統合システムのサポート ポリシーとして、以下のドキュメントに記載があるとおり Azure Stack Update の「Microsoft ソフトウェア更新プログラム」の更新を遅延できる期間として 3ヶ月までと定められています。そのため、未適用の状態が長期間続いた場合、ポリシーに準拠していないものとみなされサポートを受けることができない点に注意が必要です。

また、前述のとおり、 Azure Stack Update の「Microsoft ソフトウェア更新プログラム」は累積的ではないため、よほどの理由がない限りは毎月更新プログラムを適用していかないと実施するメンテナンス時間が延びることにもなるため、この点に関しても注意が必要となります。

参考