System Center 2016 – Data Protection Manager UR4 の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット一覧

スポンサーリンク

System Center 2016 – Data Protection Manager (DPM 2016) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドライン インタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくは [スタート メニュー] – [Microsoft System Center 2016] – [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

Update Rollup 4 for System Center 2016 (UR4) の提供が開始され、DPM 2016 に対してコマンドレットがわずかではありますが追加されているため、DPM 2016 UR4 の DPM 管理シェル上で実行可能なコマンドレットについて、一覧に纏めました。

なお、DPM 管理シェル上で実行可能なコマンドレットの一覧は、以下のコマンドレットを実行することで表示することが可能です。

 Get-DPMCommand 

DPM 2016 UR4 の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット一覧

※赤太字の箇所は今回追加されたコマンドレット

#コマンドレット
(エイリアス)
概要
1Add-DPMBackupNetworkAddress
(Add-BackupNetworkAddress)
DPM サーバーで使用するバックアップ ネットワークを追加します。
2Add-DPMChildDatasource
(Add-ChildDatasource)
保護グループにデータ ソースまたは子データ ソースを追加します。
3Add-DPMDiskStorage
(Add-DPMDisk)
DPM サーバー上の記憶域プールに指定したディスクを追加します。
4Add-DPMRecoveryItemDPM ロール メンバーが回復できる回復可能なアイテムを識別します。
5Add-DPMRecoveryTargetDPM ロールに特定の場所への回復権限を与えます。
6Add-DPMSecurityGroupDPM ロールにセキュリティ グループを追加します。
7Add-DPMTape
(Add-Tape)
DPM ライブラリにテープを追加します。
8Connect-DPMServerDPM サーバーに接続します。
9Copy-DPMTapeDataテープから回復ポイント データをコピーします。
10Disable-DPMLibraryDPM ライブラリを無効にします。
11Disable-DPMProductionServerDPM 保護エージェントを無効にします。
12Disable-DPMTapeDrive
(Disable-TapeDrive)
DPM ライブラリ内のテープ ドライブを無効にします。
13Disconnect-DPMServerDPM 接続セッションを切断します。
14Dismount-DPMRecoveryPointデータ ソースのレプリカ、もしくは回復ポイント VHD をマウント解除します。
15Edit-DPMDiskAllocation
(Modify-DPMDiskAllocation)
DPM サーバー上の保護されるデータ ソースのディスクの割り当てを修正します。
16Enable-DPMLibraryDPM ライブラリを有効にします。
17Enable-DPMProductionServerDPM 保護エージェントを有効にします。
18Enable-DPMTapeDrive
(Enable-TapeDrive)
DPM ライブラリ内のテープ ドライブを有効にします。
19Get-DeferredDeleteStatus
20Get-DPMAccessLicenseDPM ライブラリ内のテープ ドライブを有効にします。
21Get-DPMAlertDPM サーバーのアラートを取得します。
22Get-DPMAutoProtectIntent
(Get-AutoProtectIntent)
SQL Server インスタンスの自動保護設定を取得します。
23Get-DPMBackupNetworkAddressDPM サーバーのバックアップ ネットワーク アドレスを取得します。
24Get-DPMBackupWindow保護グループのバックアップ ウィンドウ設定を取得します。
25Get-DPMChildDatasource
(Get-ChildDatasource)
データ ソース内の保護可能なファイル システム オブジェクトを取得します。
26Get-DPMCloudCertificateListFromLocalStore
27Get-DPMCloudDatasourceローカル DPM サーバーとして同じ資格情報コンテナーに登録された DPM サーバーによって保護された、クラウド保護データ ソースを取得します。
28Get-DPMCloudRecoveryServiceバックアップ Cloud Service リソースを取得します。
29Get-DPMCloudRegisteredServers指定した資格情報コンテナーに登録されたサーバーの一覧を取得します。
30Get-DPMCloudSubscriptionAzure Online Backup サブスクリプション オブジェクトを取得します。
31Get-DPMCloudSubscriptionSettingAzure Online Backup サブスクリプションの構成設定を取得します。
32Get-DPMConsistencyCheckWindow保護グループの整合性チェック ウィンドウ設定を取得します。
33Get-DPMDatasetStatus
(Get-DatasetStatus)
アーカイブ テープ上のデータセットの状態を取得します。
34Get-DPMDatasource
(Get-Datasource)
コンピューター、もしくは保護グループの保護および保護されていないデータを取得します。
35Get-DPMDatasourceProtectionOption
(Get-DatasourceProtectionOption)
保護グループの保護オプションを取得します。
36Get-DPMDiskStorage
(Get-DPMDisk)
DPM サーバー上のディスクおよびボリュームの一覧を取得します。
37Get-DPMGlobalPropertyDPM サーバーのグローバル プロパティを取得します。
38Get-DPMHeadlessDataset
(Get-HeadlessDataset)
アーカイブ テープ上の不完全なデータセットを返します。
39Get-DPMInitialOnlineBackupCreationMethod
(Get-InitialOnlineBackupCreationMethod)
保護グループに対する初回のオンライン バックアップ方法を取得します。
40Get-DPMJobDPM サーバー上の現在および過去のジョブを取得します。
41Get-DPMLibraryDPM サーバーに関連付けられたライブラリを取得します。
42Get-DPMMaintenanceJobStartTime
(Get-MaintenanceJobStartTime)
DPM メンテナンス ジョブの開始時間を取得します。
43Get-DPMModifiableProtectionGroup
(Get-ModifiableProtectionGroup)
編集可能モードで DPM 保護グループを取得します。
44Get-DPMPGSet
(Get-PGSet)
DPM サーバー上の保護グループ セットを取得します。
45Get-DPMPolicyObjective
(Get-PolicyObjective)
保護グループに対する保護ポリシーを取得します。
46Get-DPMPolicySchedule
(Get-PolicySchedule)
保護ジョブのスケジュールを取得します。
47Get-DPMProductionCluster
(Get-ProductionCluster)
DPM 保護エージェントがインストールされているクラスターを取得します。
48Get-DPMProductionServer
(Get-ProductionServer)
DPM 保護エージェントがインストールされているコンピューターを取得します。
49Get-DPMProductionVirtualName
(Get-ProductionVirtualNam)
クラスター仮想名を取得します。
50Get-DPMProtectionGroup
(Get-ProtectionGroup)
DPM サーバー上の保護グループを取得します。
51Get-DPMProtectionGroupSla保護グループの SLA を取得します。
52Get-DPMProtectionJobStartTime
(Get-ProtectionJobStartTime)
保護ジョブの開始時刻を取得します。
53Get-DPMRecoverableItem
(Get-RecoverableItem)
回復ポイント内の回復可能なアイテムの一覧を取します。
54Get-DPMRecoveryItem回復アイテムを取得します。
55Get-DPMRecoveryPoint
(Get-RecoveryPoint)
データ ソースの回復ポイントを取得します。
56Get-DPMRecoveryPointLocation
(Get-RecoveryPointLocation)
回復ポイントの場所を取得します。
57Get-DPMRecoveryTarget回復ターゲットを取得します。
58Get-DPMReplicaCreationMethod
(Get-ReplicaCreationMethod)
保護グループのレプリカ作成方法を取得します。
59Get-DPMRoleDPM ロールを取得します。
60Get-DPMSecurityGroupDPM ロールのセキュリティ グループを取得します。
61Get-DPMTape
(Get-Tape)
ライブラリ内のテープを取得します。
62Get-DPMTapeBackupOption
(Get-TapeBackupOption)
保護グループのライブラリ、ドライブ、他のバックアップ、もしくはアーカイブ オプションを取得します。
63Get-DPMTapeDrive
(Get-TapeDrive)
ライブラリ内のテープ ドライブを取得します。
64Get-DPMTapeSlot
(Get-TapeSlot)
DPM ライブラリ内のテープ スロットを取得します。
65Get-DPMVolumeDPM サーバー上のボリュームを取得します。
66Get-MinRetentionStatus
67Get-OTPStatus
68Lock-DPMLibraryDoorDPM ライブラリのドアをロックします。
69Lock-DPMLibraryIEPortDPM ライブラリの I/E ポートをロックし、I/E ポートにあるメディアを読み込みます。
70Mount-DPMRecoveryPointデータ ソースのレプリカ、もしくは回復ポイント VHD をマウントします。
71New-DPMPGSet
(New-PGSet)
DPM 保護グループ セットを作成します。
72New-DPMProtectionGroup
(New-ProtectionGroup)
DPM サーバー上の保護グループを作成します。
73New-DPMRecoveryNotification
(New-RecoveryNotification)
通知オブジェクトを作成します。
74New-DPMRecoveryOption
(New-RecoveryOption)
回復オプションを作成します。
75New-DPMRecoveryPoint
(New-DPMRecoveryPoint)
回復ポイントを作成します。
76New-DPMRecoveryTarget回復ターゲットを作成します。
77New-DPMRoleDPM ロールを作成します。
78New-DPMSearchOption
(New-SearchOption)
回復可能なオブジェクトの検索オプションを指定するオブジェクトを作成します。
79New-DPMServerScopeDPM サーバー スコープ オブジェクトを作成します。
80Remove-DPMBackupNetworkAddress
(Remove-BackupNetworkAddress)
DPM サーバーからバックアップ ネットワークを削除します。
81Remove-DPMChildDatasource
(Remove-ChildDatasource)
保護グループからデータ ソース、もしくは子データ ソースを削除します。
82Remove-DPMDatasourceReplica
(Remove-DatasourceReplica)
非アクティブなレプリカを削除します。
83Remove-DPMDiskStorage
(Remove-DPMDisk)
DPM サーバー上の記憶域プールからディスク ベースの記憶域を削除します。
84Remove-DPMPGSet
(Remove-PGSet)
保護グループ セットを削除します。
85Remove-DPMRecoveryItem回復アイテムを削除します。
86Remove-DPMRecoveryPoint
(Remove-RecoveryPoint)
テープ、もしくはディスクから回復ポイントを削除します。
87Remove-DPMRecoveryTarget回復する場所へのアクセス権限を削除します。
88Remove-DPMRoleDPM ロールを削除します。
89Remove-DPMSecurityGroupDPM ロールからセキュリティ グループを削除します。
90Remove-DPMTape
(Remove-Tape)
DPM ライブラリからテープを削除します。
91Rename-DPMLibraryDPM ライブラリ名を変更します。
92Rename-DPMProtectionGroup
(Rename-ProtectionGroup)
保護グループ名を変更します。
93Rename-DPMRoleDPM ロール名、もしくは説明を変更します。
94Restart-DPMJob失敗した DPM ジョブを再開します。
95Restore-DPMRecoverableItem
(Recover-RecoverableItem)
ターゲットの場所にデータ ソースのバージョンに回復します。
96Resume-DPMBackup遅延した DPM バックアップ ジョブの再開を試行します。
97Set-DPMAutoProtectIntent
(Set-AutoProtectIntent)
SQL Server インスタンスの自動保護を有効、もしくは無効に設定します。
98Set-DPMBackupWindow保護グループのバックアップ ウィンドウ設定を設定します。
99Set-DPMCloudSubscriptionSettingDPM サーバーの Azure Online Backup のサブスクリプション設定を更新します。
100Set-DPMConsistencyCheckWindow保護グループの整合性チェック ウィンドウを設定します。
101Set-DPMCredentials信頼されていないドメインのコンピューターの認証を構成します。
102Set-DPMDatasourceDefaultDiskAllocation
(Get-DatasourceDiskAllocation)
保護データに割り当てられたディスク容量を取得します。
103Set-DPMDatasourceDiskAllocation
(Set-DatasourceDiskAllocation)
保護データのディスクの割り当てを変更します。
104Set-DPMDatasourceProtectionOption
(Set-DatasourceProtectionOption)
DPM データ ソースの保護オプションを設定します。
105Set-DPMGlobalPropertyDPM インストールのグローバル プロパティを設定します。
106Set-DPMInitialOnlineBackupCreationMethod
(Set-InitialOnlineBackupCreationMethod)
保護グループに対する初回のオンライン バックアップ方法を修正します。
107Set-DPMMaintenanceJobStartTime
(Set-MaintenanceJobStartTime)
メンテナンス ジョブの開始を設定、もしくはメンテナンス ジョブの実行を停止します。
108Set-DPMPerformanceOptimization
(Set-PerformanceOptimization)
DPM 保護グループに対して送信中の圧縮を有効、もしくは無効にします。
109Set-DPMPolicyObjective
(Set-PolicyObjective)
保護グループのポリシーの目標を設定します。
110Set-DPMPolicySchedule
(Set-PolicySchedule)
保護ジョブのスケジュールを設定します。
111Set-DPMProtectionGroup
(Set-ProtectionGroup)
DPM サーバー上の保護グループで実行されるすべての操作を保存します。
112Set-DPMProtectionGroupSla保護グループの SLA を設定します。
113Set-DPMProtectionJobStartTime
(Set-ProtectionJobStartTime)
保護ジョブの開始時間を設定します。
114Set-DPMProtectionType
(Set-ProtectionType)
保護グループの保護の種類を設定します。
115Set-DPMReplicaCreationMethod
(Set-ReplicaCreationMethod)
ディスク ベース保護のレプリカの作成方法を設定します。
116Set-DPMRoleDPM ロールの変更を保存します。
117Set-DPMTape
(Set-Tape)
“Archive”、”Cleaner”、”Free”、もしくは “Not Free” としてテープをマークします。
118Set-DPMTapeBackupOption
(Set-TapeBackupOption)
DPM 保護グループのテープ バックアップおよびライブラリ オプションを修正します。
119Start-DPMAutoProtection
(Start-AutoProtection)
DPM 保護グループに SQL Server データベースを追加します。
120Start-DPMCloudRecatalog
(Start-CloudRecatalog)
クラウド回復ポイントを再カタログ化します。
121Start-DPMCloudRegistrationオンライン保護を有効化するために DPM サーバーに Azure Online Backup サービスを登録します。
122Start-DPMCreateCatalog
(Start-CreateCatalog)
データ ソースのカタログを作成します。
123Start-DPMDatasourceConsistencyCheck
(Start-DatasourceConsistencyCheck)
DPM データ ソース上の整合性チェックを実行します。
124Start-DPMDiskRescanディスクのスキャン、およびディスク構成を変更します。
125Start-DPMLibraryInventoryDPM ライブラリ内のテープのインベントリを開始します。
126Start-DPMLibraryRescan新しいライブラリの識別、および既存のライブラリを更新するためのスキャンを開始します。
127Start-DPMManualReplicaCreation手動データ コピー用のレプリカ VHD を準備します。
128Start-DPMOnlineRecatalog
(Start-OnlineRecatalog)
DPM 回復ポイントの詳細データの一覧を取得します。
129Start-DPMProductionServerSwitchProtection
(Start-ProductionServerSwitchProtection)
プライマリ DPM サーバーと障害回復サーバー間でデータ ソースの保護を切り替えます (非推奨)。
130Start-DPMSwitchProtection
(Start-SwitchProtection)
セカンダリ DPM サーバーにデータ ソースの保護を切り替えます。
131Start-DPMTapeDriveCleaning
(Start-TapeDriveCleaning)
テープ ドライブのクリーニング ジョブを開始します。
132Start-DPMTapeErase
(Start-TapeErase)
テープのコンテンツを削除します。
133Start-DPMTapeRecatalog
(Start-TapeRecatalog)
テープ上のデータを再カタログ化します。
134Stop-DPMJobDPM ジョブを停止します。
135Stop-DPMManualReplicaCreation手動データ コピー後にレプリカ VHD をアンマウントします。
136Test-DPMTapeData回復ポイントのデータ セットを検証します。
137Unlock-DPMLibraryDoorDPM ライブラリのドアをロック解除します。
138Unlock-DPMLibraryIEPortDPM ライブラリの I/E ポートをロック解除します。
139Update-DPMDiskStorageDPM サーバー上の記憶域プール内ボリュームのプロパティを更新します。
140Update-DPMPGSet
(Update-PGSet)
保護グループ セットの変更を更新、保存します。
141Update-DPMProductionServer
(Refresh-DPMProductionServer)
保護コンピューターに関して更新された情報を取得します。
142Update-DPMProtectionGroup
(Refresh-DPMProtectionGroup)
保護グループの構成を更新します。

参考