Azure PowerShell v5.1.1 がリリースされました

スポンサーリンク

2017/12/08 (現地時間) に Azure PowerShell v5.1.1 がリリースされました。// v5.1.0 どこいった…

Azure PowerShell v5.1.1 について、MSI インストーラー、および PowerShell Gallery のみの入手、適用となっており、Microsoft Web Platform (WebPI) および Service Management (RDFE) のレガシー コマンドレットについては、今回は提供されていません。
※2017/12/14 追記 確認した限りでは、WebPI 経由でのダウンロードが可能となっていました。

Azure PowerShell v5.1.1 をインストールおよびモジュール インポート後、Azure モジュールのバージョンが v5.1.1 となっていることが確認できます。

Azure PowerShell v5.1.1 について (意訳)

  • Azure PowerShell 5.1.1 インストーラー : リンク
  • ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

PowerShell Gallery から AzureRM をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureRM -Repository PSGallery -Force 

古い AzureRM のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureRM 

このリリースにおける変更点

  • AnalysisServices
    • すべてのクラウドがサポートされるよう、動的ルックアップに場所の設定に関する検証を変更
  • Automation
    • Import-AzureRMAutomationRunbook の更新
      • Python2 runbook のサポートを提供
  • Batch
    • リソース グループのないアカウント操作でリソース グループの自動検出に失敗する不具合を修正
  • Compute
    • Get-AzureRmComputeResourceSku でゾーン情報を表示
    • 問題 #5038 を修正する Disable-AzureRmVmssDiskEncryption の更新
    • 長時間実行する Compute コマンドレットの -AsJob サポートを追加。選択したコマンドレットをバックグラウンドで実行、進行状況を追跡および制御するジョブを返す
      • 影響するコマンドレット : Virtual Machines および Virtual Machine Scale Sets 用の New-、Update-、Set-、Remove-、Start-、Restart-、Stop- コマンドレット
    • 仮想マシンとスマートなデフォルトを使用して必要なすべてのリソースを作成する、New-AzureRmVM に単純化されたパラメータ セットを追加
  • ContainerInstance
    • Azure Container Instance SDK 2017-10-01 の適用
      • コンテナーのrun-to-completion (完了まで実行) のサポート
      • Azure File ボリューム マウントのサポート
      • パブリック IP 用に複数のポートの開放に対するサポート
  • ContainerRegistry
    • geo レプリケーション と webhook 用の新しいコマンドレット
      • Get/New/Remove-AzureRmContainerRegistryReplication
      • Get/New/Remove/Test/Update-AzureRmContainerRegistryWebhook
  • DataFactories
    • 資格情報の暗号化機能は、”リモートアクセス” が有効 (ネットワーク経由) と “リモートアクセス” が無効 (ローカル マシン) の両方で動作するように
  • DataFactoryV2
    • 2つの新しいコマンドレットの追加 : Update-AzureRmDataFactoryV2 と Stop-AzureRmDataFactoryV2PipelineRun
  • DataLakeAnalytics
    • Submit-AzureRmDataLakeAnalyticsJob に ScriptParameter パラメーターを追加
      • ScriptParameter の詳細については、Get-Help で Submit-AzureRmDataLakeAnalyticsJob を参照
    • New-AzureRmDataLakeAnalyticsAccount に対して、MaxDegreeOfParallelism パラメーターから MaxAnalyticsUnits パラメーターに変更
      • MaxAnalyticsUnits パラメーターに対するエイリアスの追加 : MaxDegreeOfParallelism
    • New-AzureRmDataLakeAnalyticsComputePolicy に対して、MaxDegreeOfParallelismPerJob パラメーターから MaxAnalyticsUnitsPerJob パラメーターに変更
      • MaxAnalyticsUnitsPerJob パラメーターに対するエイリアスの追加 : MaxDegreeOfParallelismPerJob
    • Set-AzureRmDataLakeAnalyticsAccount に対して、MaxDegreeOfParallelism パラメーターから MaxAnalyticsUnits パラメーターに変更
      • MaxAnalyticsUnits パラメーターに対するエイリアスの追加 : MaxDegreeOfParallelism
    • Submit-AzureRmDataLakeAnalyticsJob に対して、DegreeOfParallelism パラメーターから AnalyticsUnits パラメーターに変更
      • AnalyticsUnits パラメーターに対するエイリアスの追加 : DegreeOfParallelism
    • Update-AzureRmDataLakeAnalyticsComputePolicy に対して、MaxDegreeOfParallelismPerJob パラメーターから MaxAnalyticsUnitsPerJob パラメーターに変更
      • MaxAnalyticsUnitsPerJob パラメーターに対するエイリアスの追加 : MaxDegreeOfParallelismPerJob
  • MachineLearningCompute
    • Set-AzureRmMlOpCluster の追加
      • クラスターのエージェント数、もしくは SSL 構成を更新
    • Orchestrator プロパティのオプションについて
      • サービスが提供されていない場合、サービス プリンシパルが作成されるため、Orchestrator プロパティは現在オプション扱い
  • PowerBIEmbedded
    • Power BI Embedded Capacity コマンドレットのサポートの追加
    • 新しいコマンドレット Get-AzureRmPowerBIEmbeddedCapacity : PowerBI Embedded Capacity の詳細を取得
    • 新しいコマンドレット New-AzureRmPowerBIEmbeddedCapacity : 新しい PowerBI Embedded Capacity を作成
    • 新しいコマンドレット Remove-AzureRmPowerBIEmbeddedCapacity : PowerBI Embedded Capacity インスタンスを削除
    • 新しいコマンドレット Resume-AzureRmPowerBIEmbeddedCapacity : PowerBI Embedded Capacity インスタンスを再開
    • 新しいコマンドレット Suspend-AzureRmPowerBIEmbeddedCapacity : PowerBI Embedded Capacity インスタンスの一時停止
    • 新しいコマンドレット Test-AzureRmPowerBIEmbeddedCapacity : PowerBI Embedded Capacity インスタンスの存在性をテスト
    • 新しいコマンドレット Update-AzureRmPowerBIEmbeddedCapacity : PowerBI Embedded Capacity インスタンスを変更
  • Profile
  • RecoveryServices.Backup
    • 不具合の修正 : Get-AzureRmRecoveryServicesBackupItem は、コンテナー名フィルターで大文字と小文字を区別しない比較を行う必要がある
    • 不具合の修正 : AzureVmItem に、バックアップ操作が最後に発生した時刻であることを示す LastBackupTime プロパティの追加
  • Resources
    • Get-AzureRMRoleAssignment を使用する際、カスタム ロールのロール定義名が割り当てられない問題を修正
      • ロールの種類に関係なく、ロール定義名を持つ割り当てで Get-AzureRMRoleAssignment を使用できるように
    • assignablescopes に新しいスコープがあった際、Set-AzureRMRoleRoleDefinition が RD を見つけられなかったというエラーを修正する問題を修正
      • スコープの位置に関係なく新しいスコープを含む割り当て可能なスコープで Set-AzureRMRoleRoleDefinition の使用が可能に
    • スコープの最後に “/” を許可
      • API と CLIで一致するスコープの最後が “/” を持つ RoleDefinition および RoleAssignment コマンドレットの使用が可能に
    • 委任フラグを使用して RoleAssignment の作成を可能に
      • 委任フラグを追加するオプションを持つ New-AzureRMRoleAssignment の使用が可能に
    • RoleAssignment が scope パラメーターを優先するように修正
    • New-AzureRmRoleAssignment コマンドレットに ServicePrincipalName のエイリアスを追加
      • New-AzureRmRoleAssignment を使用する場合、ServicePrincipalName の代わりに ApplicationId の使用が可能に
  • SiteRecovery
    • このモジュールのすべてのコマンドレットについて、次回の大きな変更リリースに備えた廃止予定の警告を追加
      • AzureRM から使用しているコマンドレットに移行する方法の詳細は、今後予定されている改訂ガイドを参照
  • Sql
    • Set-AzureRmSqlDatabase を使用したデータベース名を変更する機能の追加
    • 問題 #4974 の修正
      • 監査用のコマンドレットに対して無効な AUDIT_CHANGED_GROUP 値を指定下場合にエラーは発生せず、今後のリリースで削除される予定
    • 問題 #5046 の修正
      • 監査用のコマンドレットに対する AuditAction パラメーターは無視されないように
    • ‘Secondary’ StorageKeyType が提供されている場合、Auditing コマンドレットの問題を修正
      • blob 監査を設定する際、StorageKeyType パラメーターに ‘Secondary’ 値を指定すると、セカンダリ キーの代わりに プライマリ ストレージ アカウント キーが使用されていた
    • Set-AzureRmSqlServerTransparentDataEncryptionProtector からの確認メッセージに関する文言の変更
  • Azure (RDFE)
    • Removed すべての RemoteApp コマンドレットを削除
  • Azure.Storage
    • Azure Storage Client Library が 8.6.0 に、Azure Storage DataMovement Library が 0.6.5 にアップグレード

前回のリリースからの変更点 : v5.0.1-November2017…v5.1.1-December2017

参考

コメント

  1. […] Azure PowerShell v5.1.1 がリリースされました […]