Azure Traffic Manager で使用できる Azure PowerShell コマンドレット一覧について

Azure を含むデータセンターのサービス エンドポイントへのユーザー トラフィックの分散が制御可能な Azure Traffic の管理について、Azure ポータルだけではなく、Azure PowerShell や Azure CLI でも操作が可能になっています。

Azure PowerShell における Azure Traffic Manager の管理は、ドキュメントにも公開されていますが、使用するパラメーターに関しては現状、英語の情報のみとなっているため、日本語訳 (意訳) してみました。

なお、Azure Traffic Manager で利用できる Azure PowerShell コマンドレットの一覧は、以下のコマンドレットを実行することで表示することが可能です。

 Get-Command -Module AzureRM.TrafficManager

Azure Traffic Manager で使用できる Azure PowerShell コマンドレット一覧

※Azure PowerShell v5.1.1 で確認しています。

#コマンドレット名概要
1Add-AzureRmTrafficManagerEndpointConfigローカル Traffic Manager プロファイル オブジェクトにエンドポイントを追加します。
2Disable-AzureRmTrafficManagerEndpointTraffic Manager プロファイル内のエンドポイントを無効にします。
3Disable-AzureRmTrafficManagerProfileTraffic Manager プロファイルを無効にします。
4Enable-AzureRmTrafficManagerEndpointTraffic Manager プロファイル内のエンドポイントを有効にします。
5Enable-AzureRmTrafficManagerProfileTraffic Manager プロファイルを有効にします。
6Get-AzureRmTrafficManagerEndpointTraffic Manager プロファイルのエンドポイント情報を取得します。
7Get-AzureRmTrafficManagerProfileTraffic Manager プロファイル情報を取得します。
8New-AzureRmTrafficManagerEndpointTraffic Manager プロファイル内にエンドポイントを作成します。
9New-AzureRmTrafficManagerProfileTraffic Manager プロファイルを作成します。
10Remove-AzureRmTrafficManagerEndpointTraffic Manager からエンドポイントを削除します。
11Remove-AzureRmTrafficManagerEndpointConfigローカル Traffic Manager プロファイル オブジェクトからエンドポイントを削除します。
12Remove-AzureRmTrafficManagerProfileTraffic Manager プロファイルを削除します。
13Set-AzureRmTrafficManagerEndpointTraffic Manager エンドポイントを更新します。
14Set-AzureRmTrafficManagerProfileTraffic Manager プロファイルを更新します。

参考

Azure PowerShell Azure Traffic Manager Microsoft Azure
タイトルとURLをコピーしました