Update Rollup 13 for Windows Azure Pack Web Sites V2 がリリースされていました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

※Windows Server 2012 R2 上における Windows Azure Pack、Windows Azure Pack Web Sites V2 のメインストリーム サポートは既に終了 (2017/07/11) していますが、Windows Azure Pack Web Sites V2 に対する最後の更新プログラムである Update Rollup 13 for Windows Azure Pack Web Sites V2 が公開されていました (かなり前ですが…)。

Update Rollup 13 for Windows Azure Pack Web Sites V2

更新内容 (意訳)

今回のアップデートにおける修正される問題

今回のアップデートでは、次の問題を修正します :

  • 問題 1
    NTLM V2 を有効にすることができませんでしたが、今回の修正で NTLM V2 を有効にすることができます。
  • 問題 2
    セキュリティの問題を修正 : https://github.com/Azure/app-service-announcements/issues/19 で参照される NodeJS バージョン 4.8.4、6.11.1、7.10.1 および 8.1 に更新されます。
  • 問題 3
    既存ファイアウォール ルールの尊重:フロントエンドと Web Worker Role との間に既に存在する HTTP のファイアウォール ルールを上書きしません。
  • 問題 4
    Windows 認証を使用する 2つのサイトで、同じ Web worker 上に同じ場所に置かれている場合でも互いに通信できませんでした。
  • 問題 5
    この修正では、TLS 1.0 を無効にすることができます。
  • 問題 6
    クライアント証明書の使用状況 :今回修正により、サイトがドメインに参加した環境でカスタム アプリケーション プール ID を実行している場合、クライアント証明書を有効にすることができます。
  • 問題 7
    サーバー ヘッダーを削除するために要求フィルターを使用する場合、管理サーバーが不安定になりました。
  • 問題 8
    ユーザーは、Update Rollup 12 の Windows PowerShell を経由して website を作成することができませんでした。
  • 問題 9
    Worker Role を断続的に削除しても、データ ロール キャッシュから Worker が削除されませんでした。
  • 問題 10
    -SectionXML
    の値が大きな値を用いて指定された場合に、Set-WebSitesConfig -type DefaultAppHostConfig -SectionName “system.webServer/proxyHelpe” -SectionXml が呼び出された際、文字列もしくはバイナリ データは切り捨てられました。
  • 問題 11
    このアップデートで、PHP 7.1 サポートを追加しました。

この更新プログラム ロールアップに含まれるフレームワークとコンポーネントの更新

アップデートされた PHP バージョンと新しいバージョンがインストール済
  • PHP 5.6.30
  • PHP 7.0.18 x86 および x64
  • PHP 7.1.4 x86 および x64
NodeJS
  • 4.8.4
  • 6.9.2
  • 6.9.4
  • 6.9.5
  • 6.10.0
  • 6.11.1
  • 7.1.0
  • 7.2.0
  • 7.3.0
  • 7.4.0
  • 7.5.0
  • 7.6.0
  • 7.7.4
  • 7.10.0
  • 7.10.1
  • 8.0.0
  • 8.1.4
NPM
  • 2.15.11
  • 3.10.9
  • 3.10.10
  • 4.0.5
  • 4.1.2
  • 4.2.0
  • 5.0.0
  • 5.0.3
WinCache 2.0 for PHP 7.1 (x86 および x64)
  • 2.0.0.8

更新プログラム

更新プログラム自体は、Microsoft Update による自動適用、もしくは Microsoft Update カタログ、または Microsoft Download Center 経由によるダウンロード、手動適用が可能となっています。

Microsoft Update カタログ

Windows Download センター

参考