Azure PowerShell v5.4.0 がリリースされました

2017/02/27 (現地時間) に Azure PowerShell v5.4.0 がリリースされました。

Azure PowerShell v5.4.0 について、MSI インストーラー、および PowerShell GalleryMicrosoft Web Platform (WebPI) 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell v5.4.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell v5.4.0 インストーラー : リンク
  • ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

PowerShell Gallery から AzureRM をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureRM -Repository PSGallery -Force

古い AzureRM のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureRM

このリリースにおける変更点

AzureRM.Automation

  • New-AzureRmAutomationModule から Import-AzureRmAutomationModule にエイリアスを追加

AzureRM.Compute

  • いくつかの Get コマンドレットに対して ErrorAction 問題を修正

AzureRM.ContainerInstance

  • Azure Container Instance SDK 2018-02-01 の適用
    • DNS 名ラベルのサポート

AzureRM.DevTestLabs

  • これまで動作していなかった Get コマンドレットをすべて修正

AzureRM.EventHub

  • Get-AzureRmEventHubGeoDRConfiguration ヘルプの不具合を修正

AzureRM.Network

  • 新しい接続モニターを作成するコマンドレットを追加
    • New-AzureRmNetworkWatcherConnectionMonitor
  • 接続モニターを更新するコマンドレットを追加
    • Set-AzureRmNetworkWatcherConnectionMonitor
  • 接続モニター情報、もしくは接続モニターの一覧を取得するコマンドレットを追加
    • Get-AzureRmNetworkWatcherConnectionMonitor
  • 接続モニターをクエリするコマンドレットを追加
    • Get-AzureRmNetworkWatcherConnectionMonitorReport
  • 接続モニターを開始するコマンドレットを追加
    • Start-AzureRmNetworkWatcherConnectionMonitor
  • 接続モニターを停止するコマンドレットを追加
    • Stop-AzureRmNetworkWatcherConnectionMonitor
  • 接続モニターを削除するコマンドレットを追加
    • Remove-AzureRmNetworkWatcherConnectionMonitor
  • 廃止予定の例を削除するため、Set-AzureRmApplicationGatewayBackendAddressPool のドキュメントを更新
  • Added EnableHttp2 flag to Application Gateway に
    EnableHttp2 フラグを追加
    • New-AzureRmApplicationGateway を更新 : 追加パラメーター -EnableHttp2 を追加
  • PublicIpAddress に IpTags を追加
    • New-AzureRmPublicIpAddress を更新 : IpTags を追加
    • New-AzureRmPublicIpTag を更新 : Iptag を追加
  • RouteTable および effectiveRoute に DisableBgpRoutePropagation プロパティを追加

AzureRM.Resources

  • Register-AzureRmProviderFeature : ドキュメント内に欠落していた例を追加
  • Register-AzureRmResourceProvider : ドキュメント内に欠落していた例を追加

AzureRM.Storage

  • 新規設定 (New-)、設定する (Set-) Storage Account コマンドレットで次のパラメーターを廃止 : EnableEncryptionService および DisableEncryptionService について、規定では暗号化が有効になっており、無効にすることができない
    • New-AzureRmStorageAccount
    • Set-AzureRmStorageAccount

前回のリリースからの変更点 : v5.3.0-February2018-rtm…v5.4.0-February2018

参考

Azure PowerShell Microsoft Azure
タイトルとURLをコピーしました