VMware PowerCLI 10.0.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Ori and the Blind Forest

2018/02/28 (現地時間) に VMware PowerCLI 10.0.0 がリリースされた旨のアナウンスがありました。

VMware PowerCLI 10.0.0 の変更点やユーザーガイドなどについては、以下 VMware にリンクが纏められています。

VMware PowerCLI 10.0.0 のインストールについては、PowerShell Gallery 経由のみとなります。以前のバージョンが含まれている場合、-Force パラメーターを用いて、Install-Module コマンドレットを実行する必要があります。

VMware PowerCLI 10.0.0 における更新内容

  • 機能の追加
    • VMware.VimAutomation.Core、VMware.VimAutomation.Common、VMware.VimAutomation.Sdk、VMware.VimAutomation.Vds、VMware.VimAutomation.Cis.Core、VMware.VimAutomation.Storage、および VMware.VimAutomation.StorageUtility モジュールは、macOS 10.12 および Ubuntu 16.04 の PowerShell Core 6.0.1 で動作するように移植されました。
  • 修正
    • Get-VMGuestNetworkInterface、Set-VMGuestNetworkInterface、Get-VMGuestRoute、New-VMGuestRoute、および Remove-VMGuestRoute コマンドレットは、VMware.VimAutomation.Core モジュールから削除されました。
    • Set-PowerCLIConfiguration コマンドレットの Scope パラメーターの既定値が AllUsers から User に変更しました。
    • Set-PowerCLIConfiguration コマンドレットの InvalidCertificateAction パラメーターの既定値が Prompt から Fail に変更しました。
    • すべての PowerCLI オブジェクトの Client プロパティを削除しました。
  • 不具合修正
    • 複数のデータセンターが存在する場合、(Get-Datacenter | Get-Cluster) が失敗します。
    • Get-OMResource stops running when you query for a virtual machine with a # in the name.
    • ロケールが en-US と異なる OS で Get-Tag を実行する場合、解析不能な日付に関するエラーメッセージが表示されることがあります。
    • 2台のサーバが接続されている場合、Get-TagAssignmentはエラーになります。
    • Get-TagAssignment は、vCenter Server 6.5 を実行している場合、タグ出力に Tag Catagory を返しません。
    • VMFS 5 データストアから VMFS 6 データストアにスナップショットを持つ仮想マシンを移行する場合、操作は失敗し、”The specified delta disk format ‘redoLogFormat’ is not supported” というエラー メッセージが表示されます。
    • New-HardDisk を使用する場合、既存の RAW デバイスマッピング (RDM) を別の仮想マシンに追加することはできません。”Incompatible device backing specified for device ‘0’” というエラー メッセージを受け取ります。
    • New-NetworkAdapter および Set-NetworkAdapterは、有効な 00:50:56 の範囲内の手動 MAC アドレスのみを許可します。
    • 異なる PowerShell 実行空間の同じ vCenter Server システムに複数の接続があると、メモリ リーク問題が発生します。

VMware PowerCLI 10.0.0 のアンインストール手順

  1. 管理者権限で Windows PowerShell を起動します。
  2. 以下のコマンドを入力、実行し、VMware.PowerCLI モジュールを含む、各モジュールをアンインストールします。
    Uninstall-Module -Name VMware.PowerCLI
    Uninstall-Module -Name VMware.DeployAutomation
    Uninstall-Module -Name VMware.VumAutomation
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.vROps
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.PCloud
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.Cloud
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.Vds
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.StorageUtility
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.Storage
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.Srm
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.License
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.HorizonView
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.HA
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.Vmc
    Uninstall-Module -Name VMware.ImageBuilder
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.Core
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.Nsxt
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.Cis.Core
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.Common
    Uninstall-Module -Name VMware.VimAutomation.Sdk

参考