Azure Stack Update 1803 (Build 20180329.1) および AzS Hotfix – 1.0.180302.3 (Build 20180329.1) がリリースされました

スポンサーリンク

Microsoft Azure Stack (MAS) 統合システム用のアップデート パッケージの最新版である Azure Stack Update 1803 (Build 20180329.1) および AzS Hotfix – 1.0.180302.3 (Build 20180329.1) がリリースされました。

Azure Stack Update 1803 および AzS Hotfix – 1.0.180302.3 は、https://aka.ms/azurestackupdatedownload からダウンロード可能な「AzureStackUpdateDownloader.exe」から確認、入手することが可能です。

Azure Stack Update 1803 にアップデートするには、Azure Stack Update 1712 であること、および AzS Hotfix – 1.0.180302.3 が適用 (アップデート) されていることが前提条件となります。

Azure Stack Update 1803 のリリースノートは、以下サイトから確認することが可能です。

ダウンロードしたファイルを展開、tree コマンドを実行した結果が以下となります。AzS Hotfix – 1.0.180302.3 については、Network Controller 周りの Dll ファイルなどが含まれてますね。

Azure Stack Update 1803 の NuGet パッケージについては、以下の表にまとめました。

ファイル名バージョン
AzureStack.Setup5.14.1407
ECEEngine1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Common.Infrastructure.TraceCollectorConfiguration3.5.0
Microsoft.AzureStack.Compute.AdminRegistration1.1803.6.3
Microsoft.AzureStack.Compute.Installer1.1803.6.3
Microsoft.AzureStack.Compute.TenantRegistration1.1803.6.3
Microsoft.AzureStack.Core.GalleryPackages5.14.1407
Microsoft.AzureStack.Deployment.ACSDSC1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Deployment.CADSC1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Deployment.DSC1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Deployment.ExternalDNSDSC1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Deployment.NCDSC1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Fabric.Backup.BackupControllerInstaller1.0.98.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Backup.IBCAdapterClient1.0.98.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Compute.Client.Powershell1.1803.8.3
Microsoft.AzureStack.Fabric.Compute.HostInstaller1.1803.8.3
Microsoft.AzureStack.Fabric.Compute.Installer1.1803.8.3
Microsoft.AzureStack.Fabric.Deploy.NonPrivilegedAppGateway1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Fabric.Health1.1803.18.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Health.Client.Deployment1.1803.18.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Health.HealthResourceProvider1.1803.18.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Health.MAConfig1.1803.18.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.ServiceController.AppGateway1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Fabric.Storage.SCPSModule1.1.71.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Storage.StorageController.Client1.1.71.0
Microsoft.AzureStack.Fabric.Storage.StorageControllerInstaller1.1.71.0
Microsoft.AzureStack.ISC.Application1.1803.18.0
Microsoft.AzureStack.ISC.Client.Deployment1.1803.18.0
Microsoft.AzureStack.NetworkResourceProvider1.0.251.1
Microsoft.AzureStack.Services.AzureBridge.Setup1.0.302
Microsoft.AzureStack.Services.DiskResourceProvider1.0.543.0
Microsoft.AzureStack.Services.Fabric.BackupResourceProvider1.0.98.0
Microsoft.AzureStack.Services.Fabric.FabricResourceProvider1.1803.9.1
Microsoft.AzureStack.Services.Fabric.UpdateResourceProvider1.1803.9.1
Microsoft.AzureStack.Services.Storage1.0.543.0
Microsoft.AzureStack.Services.StorageResourceProvider1.0.543.0
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.AzureStackPXE1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.AzureStackPXE.Deployment1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.BootstrapScripts1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.CloudCommon1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.CloudDeployment1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.Common.NodeUtils1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.EnterpriseCloudEngine.Client.Deployment1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.Fabric1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.FwdGw1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.NC1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.NRP1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.PMC.Client.Deployment1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.PXEBootArtifacts1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.Security1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.SLB1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.Deploy.SQL1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.ECEngine.Application1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.Solution.ThirdPartyNotices1.0.660.26
Microsoft.AzureStack.SQL2016SP1CU71.0.180111001
Microsoft.Portal.Extensions.ComputeAdminExtension5.14.1403
Microsoft.Portal.Extensions.HealthAdminExtension5.14.1403
Microsoft.Portal.Extensions.NetworkAdminExtension5.14.1403
Microsoft.Portal.Extensions.StorageAdminExtension5.14.1403
Microsoft.Portal.IaaS.Extensions.WebRole4.18.27.10
Microsoft_Azure_Stack_Partner_Toolkit_Release1.1802.214.1

Azure Stack Update 1803 で追加された新機能 (意訳)

※新機能のみ抜粋、修正や変更内容についてはドキュメントを参照。

  • Azure Stack シークレットの更新 : Azure Stack シークレット (アカウントと証明書) が更新されました。シークレットの管理に関する詳細な情報は、Rotate secrets in Azure Stack を参照。
  • HTTPS への自動リダイレクト : HTTPを使用して管理者とユーザーのポータルにアクセスする場合、HTTPS へ自動リダイレクトします。この改善は、Azure Stack の UserVoice フィードバックが基になっています。
  • Marketplace へのアクセス : Azure ポータルで実施するのと同じやり方で、管理者ポータルとユーザーポータル内の +New オプションを使用してAzure Stack Marketplace を開くことが可能です。
  • Azure Monitor : Azure Stack では、Azure Monitor を管理者ポータルとユーザポータルに追加します。Azure Monitor には、メトリックとアクティビティ ログの新しいエクスプローラーが含まれます。外部ネットワークからこの Azure Monitor にアクセスするには、ファイアウォール設定でポート 13012 を開放する必要があります。
    Azure Stack に必要なポートの詳細については、Azure Stack datacenter integration – Publish endpoints を参照してください。
    この変更の一環として、[その他のサービス] で [監査ログ] が [アクティビティログ] として表示されます。この機能は Azure ポータルと一貫しています。
  • スパース ファイル : 新しい画像を Azure Stack に追加、もしくは Marketplace 配信を使用して画像を追加すると、画像はスパース ファイルに変換されます。Azure Stack version 1803 以前に追加された画像は変換することができません。代わりに、この機能を利用するには、Marketplace 配信を用いて画像を再送信する必要があります。
    スパース ファイルは、記憶域スペースの使用を削減し、I/O を向上させるために使用される効率的なファイル形式です。詳細な情報は、Windows Server の Fsutil sparse を参照してください。

参考