Update 1806.2 for Microsoft Configuration Manager Technical Preview が公開されました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

2018/06/27 (現地時間) に Update 1806.2 for Microsoft Configuration Manager Technical Preview が公開された旨のアナウンスがありました。

Update 1806.2 for Microsoft Configuration Manager Technical Preview の機能について、以下の Microsoft Docs サイトに記載があります (英語)。

Update 1806.2 for Microsoft Configuration Manager Technical Preview を利用するには、Configuration Manager Technical Preview コンソールから利用可能となっています (サイト サーバー上に SQL Server 2012 Native Client の最新サービス アップデートがインストールされている必要があります)。

新規にインストールする場合、ベースラインは Update 1806 となっているため、TechNet Evaluation Center からダウンロード可能な Configuration Manager Technical Preview branch のベースライン バージョンからダウンロードします。

Update 1806.2 から追加された新機能および機能改善内容抜粋 (意訳)

段階的導入により、複数のコレクションにわたる制御、自動化されたソフトウェア展開が可能になります。このような種類の展開に必要なオーバーヘッドを削減、リスク軽減、展開に伴うネットワーク負荷を分散するために必要なコレクションと展開の数を削減するよう、設計されています。この展開モデルの拡張について、まず Windows と Office のアップグレード用の自動展開システムをより実現可能にすることを目的としています。1806.2 Technical Preview では、この領域に 3つの重要な機能が新たに追加されました。これにより、段階的導入がこれまで以上に密接なものになることを期待しています。

  • 段階的展開の状態 : 段階的展開に、ネイティブの監視機能が追加されました。監視の展開ノードから段階的展開を選択、リボンから段階的展開状況をクリックします。
  • アプリケーションの段階的展開 : 環境内アプリケーションの段階的展開を作成します。これまでの段階的宴会は、タスク シーケンスでのみ利用可能でした。アプリケーションのサポートにより、これらの展開方法を大幅に向上させることが可能です。
  • 段階的展開中の段階的なロールアウト : 段階的展開では、各フェーズで展開が徐々に行われ、展開における問題のリスクが軽減され、クライアントへのコンテンツの配布によってネットワークの負荷が軽減されます。展開されたソフトウェアは、各フェーズの構成に応じて徐々に利用可能になります。あるフェーズのすべてのクライアントは、そのクライアントがソフトウェアを利用できるようになるまでの期限があります。利用可能な時間と期限との間の時間ウィンドウは、フェーズ内のすべてのクライアントで同じです。

Update 1806.2 に含まれる、新しい Preview 機能は次のとおり :

Modern Management

  • プロアクティブ メンテナンスの管理インサイト : このリリースでは、潜在的な構成上の問題を明らかにするために、追加の管理インサイトが利用可能です。
  • 共同管理デバイスのモバイル アプリ : Microsoft Intune でモバイル アプリケーションを管理しながら、Configuration Manager を引き続き使用して Windows デスクトップ アプリケーションを展開します。

Microsoft 365 の採用

  • 新しい Windows アプリ パッケージ形式のサポート : Configuration Manager は、新しい Windows 10 アプリパッケージ (.msix) とアプリ バンドル (.msixbundle) 形式の展開をサポートできるようになりました。最新の Windows Insider Preview ビルドは、現在これらの新しい形式でサポートしています。

合理化されたインフラストラクチャ

  • 最適化された P2P 動作のための新しい境界グループ オプション : 境界グループに、環境内のコンテンツ配布をより詳細に制御するための追加設定が含まれるようになりました。

その他の改善

  • カスタム カタログのサードパーティ製ソフトウェア更新プログラムのサポート : Configuration Manager コンソールからカスタムのサードパーティ製ソフトウェア更新プログラム カタログを管理できるようになりました。
  • Compliance 9 – 全体的な正常性とコンプライアンス (レポート) : このレポートは、特定のソフトウェア更新プログラム グループ、およびコレクションのクライアント正常性とコンプライアンス データを返します。

参考