VMware PowerCLI 10.2.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

2018/08/20 (現地時間) に VMware PowerCLI 10.2.0 がリリースされた旨のアナウンスがありました。

VMware PowerCLI 10.2.0 の変更点やユーザーガイドなどについては、以下 VMware サイトにリンクが纏められています。

VMware PowerCLI 10.2.0 のインストールについては、PowerShell Gallery 経由から可能となっています。以前のバージョンが含まれている場合、-Force パラメーターを用いて、Install-Module コマンドレットを実行する必要があります。

VMware PowerCLI 10.2.0 における更新内容

  • 修正
    • VMware.VimAutomation.Nsxt モジュールが VMware NSX-T バージョン 2.2 をサポートするように更新されました・
  • 修正
    • vCloud Air 機能を自動化するためのコマンドレットを提供する VMware.VimAutomation.PCloud モジュールは推奨されていません。モジュールは、将来のリリースで削除されます。
  • 不具合修正
    • Get-VIEvent の実行中、操作 ‘RetrieveProperties’ に対する応答メッセージの本体を逆シリアル化する際に種類 Error のエラー メッセージが表示されることがあります。

参考