Azure Stack Development Kit (Build 1.1808.0.97) がリリースされました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Azure Stack Development Kit (ASDK) の最新版である Build 1.1808.0.97 がリリースされました。

Azure Stack Development Kit Downloader から Build 番号の確認やダウンロードが可能です。

ASDK Build 1.1808.0.97 のリリースに伴い、リリースノートも対応した Build の内容に更新されています。

Microsoft Azure Stack Development Kit – Build 1.1808.0.97 について (意訳)

新しい機能

今回のビルドで Azure Stack に関する改善点および修正点は次のとおり :

  • すべての Azure Stack 環境で世界標準時 (UTC) タイム ゾーン フォーマットが使用可能 : すべてのログ データおよび関連情報が UTC 形式で表示されるようになりました。

  • Managed Disk のサポート : Azure Stack 仮想マシンおよび仮想マシン Scale Set で Managed Disk を使用できるようになりました。詳細な情報は、Azure Stack Managed Disks: Differences and considerations を参照してください。

  • Azure Monitor : Azure 上の Azure Monitor と同様、Azure Monitor 上の Azure Monitor は、ほとんどのサービスのベースレベルのインフラストラクチャ メトリクスとログを提供します。詳細な情報は、Azure Monitor on Azure Stack を参照してください。

  • 仮想マシン スケール セットのギャラリー アイテムのビルトイン : 仮想マシン Scale Set ギャラリー アイテムは、ユーザーおよび管理ポータルでダウンロードすることなく利用できるようになりました。

  • 仮想マシン Scale Set スケーリング : Virtual Machine Scale Set (VMSS) をスケールするためにポータルの使用が可能に。

  • VPN gateways in Azure Stack に対するカスタム IPSec/IKE ポリシー構成のサポート

  • Kubernetes marketplace アイテム : Kubernetes Marketplace item を用いて Kubernetes クラスターを展開することが可能です。ユーザーは Kubernetes アイテムを選択し、Kubernetes クラスターを Azure Stack に展開するためのいくつかのパラメーターを記入することができます。テンプレートの目的は、ユーザーが Kubernetes のデプロイ/テストのセットアップを簡単な手順で簡単に行うためとなります。

  • Blockchain テンプレート : Azure Stack 上で Ethereum consortium deployments を実行することができるようになりました。Azure Stack Quick Start Templates で 3 つの新しいテンプレートを見つけることができます。これにより、Azure と Ethereum の知識を最小限に抑えて、マルチ メンバー コンソーシアムの Ethereum ネットワークを導入して設定することができます。テンプレートの目的は、ユーザーが簡単に 開発/テスト Blockchain のデプロイメントをいくつかの手順でセットアップできるようにするためとなります。

  • API バージョン プロファイル 2017-03-09-profile を 2018-03-01-hybrid にアップデート : API プロファイルは、Azure リソース プロバイダーと Azure REST エンドポイントの API バージョンを指定します。プロファイルに関する詳細な情報は、Manage API version profiles in Azure Stack を参照してください。

修正された問題

  • ポータルに可用性セットを作成する際、障害ドメインと更新ドメインが 1 つのセットになっていた問題を修正しました。

  • 仮想マシン スケール セットでスケールするための設定は、ポータル内で利用可能になりました。

  • 展開する際、VM サイズを選択するときに F シリーズの一部の仮想マシン サイズが表示されないという問題が解決されました。

  • 仮想マシン作成時のパフォーマンスが向上し、基盤となるストレージ使用がより最適化されました。

  • パフォーマンス、安定性、セキュリティ、および Azure Stack で使用されるオペレーティング システムに対するさまざまな修正が行われています。

変更点

  • ユーザー ポータル ダッシュボードのクイックスタート チュートリアルは、Azure Stack オンライン マニュアルの関連記事にリンクしています。

  • Azure Stack 管理およびユーザー ポータルでは、すべてのサービスがより多くのサービスに置き換えられました。Azure ポータルでの操作と同じ方法で、Azure Stack ポータル内をナビゲートする代わりに、すべてのサービスを使用できるようになりました。

  • + リソース作成の置き換え + Azure Stack 管理およびユーザー ポータルの新機能 Azure ポータルと同じ方法で Azure Stack ポータル内をナビゲートする代わりに、リソースを作成することもできます。

  • Basic A 仮想マシンのサイズは、ポータルを経由した creating virtual machine scale sets (VMSS)  を作成するために廃止されます。このサイズで VMSS を作成するために、PowerShell もしくはテンプレートを用います。

既知の問題

ポータル

  • Azure Stack 管理またはユーザー ポータルにサインインするために使用するアカウントは、識別されないユーザーとして表示されます。これは、アカウントに姓、もしくは名が指定されていない場合に発生します。この問題を回避するには、姓、もしくは名のいずれかを指定するユーザー アカウントを編集します。サインアウトしてからポータルにサインインする必要があります。

  • ポータルを使用して仮想マシン scale set (VMSS) を作成すると、Internet Explorer を使用するとインスタンス サイズのドロップダウンが正しく読み込まれません。この問題を回避するには、ポータルを使用している間に別のブラウザを使用して VMSS を作成します。

  • すべての Azure Stack 展開の既定のタイムゾーンは、世界標準時 (UTC) に設定されるようになりました。Azure Stackのインストール時にタイムゾーンを選択することはできますが、インストール中は既定として自動的に UTC に戻ります。

  • ユーザーのサブスクリプションにアドオン プランとして追加されたプランは、ユーザー サブスクリプションからプランを削除しても削除できません アドオン プランを参照するサブスクリプションも削除されるまで、プランはそのまま残ります。

  • このバージョンを実行する新しい Azure Stack 環境をインストールすると、アクティブ化が必要であることを示すアラートが表示されないことがあります。アクティベーションは、marketplace syndication を使用する前に必要です。

  • バージョン 1804 で導入された 2 つの管理サブスクリプションタイプは使用しないでください。サブスクリプションの種類は、Metering サブスクリプションおよび Consumption サブスクリプションです。 これらのサブスクリプションの種類は、Metering サブスクリプションおよび Consumption サブスクリプションです。これらのサブスクリプションの種類は、バージョン 1804 以降の新しい Azure Stack 環境では表示されますが、まだ使用できる状態ではありません。引き続き Default Provider サブスクリプションの種類を使用する必要があります。

  • ユーザーのサブスクリプションを削除すると、孤立したリソースになります。 この問題を回避するには、まずユーザー リソース、もしくはリソース グループ全体を削除してから、ユーザー サブスクリプションを削除します。

  • Azure Stack ポータルを用いてサブスクリプションへのアクセス許可を表示することはできません。 この問題を回避するには、PowerShell を使用してアクセス許可を確認します。

正常性と監視

  • Health controller コンポーネントのアラートが表示される場合があります :

    • Alert #1:
      • NAME: Infrastructure role unhealthy
      • SEVERITY: Warning
      • COMPONENT: Health controller
      • DESCRIPTION: The health controller Heartbeat Scanner is unavailable. This may affect health reports and metrics.
    • Alert #2:
      • NAME: Infrastructure role unhealthy
      • SEVERITY: Warning
      • COMPONENT: Health controller
      • DESCRIPTION: The health controller Fault Scanner is unavailable. This may affect health reports and metrics.

    どちらのアラートも無視しても問題ありません。

  • Azure Stack オペレーターが、メモリ不足のアラートを受信し、テナント仮想マシンが Fabric VM の作成エラーでデプロイできなかった場合、Azure Stack 内のリソースに利用可能なメモリがない可能性があります。 Azure Stack Capacity Planner を使用して、ワークロードで使用可能な容量について、理解する必要があります。

Compute

  • Add-AzsPlatformImage コマンドレットを使用する場合は、ディスクがアップロードされるストレージ アカウントの URI として -OsUri パラメーターを使用する必要があります。ディスクのローカル パスを使用すると、コマンドレットは次のエラーで失敗します。長時間実行されている操作が状態 “Failed” で失敗しました。

  • SSD データ ディスクをプレミアム サイズの Managed Disk 仮想マシン (DS、DSv2、Fs、Fs_V2) に接続すると、エラーが発生して失敗します:Failed to update disks for the virtual machine ‘vmname’ Error: Requested operation cannot be performed because storage account type ‘Premium_LRS’ is not supported for VM size ‘Standard_DS/Ds_V2/FS/Fs_v2

    この問題を回避するには、Premium_LRS ディスクの代わりに Standard_LRS データ ディスクを使用してください。 Standard_LRS データ ディスクを使用しても、IOPS や課金コストは変更されません。

  • ポータルを使用して、プレミアム VM サイズ (DS、Ds_v2、FS、FSv2) で仮想マシン (VM) を作成すると、VM はスタンダード ストレージ アカウントで作成されます。スタンダード ストレージ アカウントでの作成は、機能的、IOP、または請求に影響を与えません。

    プレミアム ディスクをサポートするサイズでストレージ ディスクを使用することを選択しました。: You’ve chosen to use a standard disk on a size that supports premium disks. This could impact operating system performance and is not recommended. Consider using premium storage (SSD) instead.

  • 仮想マシン Scale Set (VMSS) 作成エクスペリエンスは、展開のオプションとして CentOS-based 7.2 を提供します。 このイメージは Azure Stack では使用できないため、展開用に別の OS を選択するか、オペレーターが marketplace に展開する前にダウンロードした別の CentOS イメージを指定する ARM テンプレートを使用してください。

  • 仮想マシン スケール セットのスケーリング設定は、ポータルでは使用できません。回避策として、Azure PowerShell を使用することができます。PowerShell バージョンの違いのため、-VMScaleSetName の代わりに -Name パラメーターを使用する必要があります。

  • Azure Stack ユーザー ポータルで仮想マシンを作成すると、D シリーズ VM に接続できる不正な数のデータ ディスクがポータル上に表示されます。D シリーズの VM は、Azure 構成と同数のデータ ディスクを収容できます。

  • VM イメージの作成に失敗すると、VM イメージ Compute ブレードに削除できない失敗したアイテムとして追加されることがあります。

    回避策として、Hyper-V (New-VHD -Path C:\dummy.vhd -Fixed-SizeBytes 1 GB) を使用して作成できるダミー VHD を使用して新しい VM イメージを作成します。このプロセスは、失敗したアイテムの削除を防止する問題を修正します。ダミー イメージを作成してから 15 分後に、正常に削除できます。

    以前に失敗した VM イメージを再ダウンロードすることができます。

  • VM のデプロイで拡張機能をプロビジョニングするのに時間がかかりすぎる場合、VM の割り当てを解除、もしくは削除するためにプロセスを停止しようとするのではなく、プロビジョニングのタイムアウトを許可する必要があります。

  • Linux VM 診断機能は、Azure Stack ではサポートされていません。VM 診断機能を有効にして Linux VM をデプロイすると、そのデプロイは失敗します。診断設定でLinux VM の基本メトリックを有効にすると、そのデプロイも失敗します。

  • サブスクリプション 設定内で [Microsoft.Insight] リソースプロバイダーを登録し、ゲスト OS 診断を有効にした Windows VM を作成するばあい、VM 概要ページのCPU パーセンテージ グラフはメトリック データを表示できなくなります。

    VM の CPU パーセンテージ チャートを検索するには、[メトリクス] ブレードに移動し、サポートされているすべての Windows VM ゲスト メトリックを表示します。

Networking

  • [Networking] で、VPN 接続を作成するために [Create VPN Gateway] をクリックする場合、Policy Based が VPN の種類として表示されます。このオプションは選択できません。Azure Stack でサポートされているのは Route Based オプションのみです。

  • Azure Stack は、IP アドレスごとに 単一のローカル ネットワーク ゲートウェイをサポートします。これは、すべてのテナント サブスクリプションで当てはまります。最初のローカル ネットワーク ゲートウェイ接続の作成後、同じ IP アドレスを持つローカル ネットワーク ゲートウェイ リソースを作成しようとする後続の試行はブロックされます。

  • DNS サーバーの設定が [自動] で作成された仮想ネットワークで、カスタム DNS サーバーへの変更が失敗します。更新された設定は、その Vnet の VM にプッシュされません。

  • Dynamic allocation メソッドを用いて展開されたパブリック IP は、Stop-Deallocate が発行された後も保持されることは保証されません。

  • Azure Stack Secret Rotation 中、パブリック IP アドレスが 2 ~ 5 分間到達不能な期間があります。

  • S2S VPN トンネルを用いてテナントが仮想マシンにアクセスしているシナリオにて、ゲートウェイがすでに作成された後にオンプレミスのサブネットがローカル ネットワーク ゲートウェイに追加された場合、接続が失敗するシナリオが発生する可能性があります。

App Service

  • サブスクリプション内で最初の Azure Function を作成する前に、テナントで Storage リソース プロバイダーを登録する必要があります。

  • インフラストラクチャ (ワーカー、管理、フロントエンドの役割) をスケール アウトするには、Compute のリリース ノートに記載されている PowerShell を使用する必要があります。

使用量

  • パブリック IP アドレス使用量データは、レコードの作成日時を表示する TimeDate スタンプではなく、各レコードの同じ EventDateTime 値を表示します。現時点でこのデータを使用して、パブリック IP アドレスの使用量を正確に計測することはできません。

参考