SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット (Get-SCStorageVolume) について

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

System Center 2016 – Virtual Machine Manager (SCVMM 2016) に触れる機会が多くなり、Virtual Machine Manager Command Shell を使った設定や、情報取得、および管理することが増えてきたので、備忘録として各コマンドレットの概要を日本語化 (意訳) しました。

ここでは Get-SCStorageVolume コマンドレットのヘルプ情報について、SCVMM2016 UR5 の Virtual Machine Manager Command Shell 上で「Get-SCStorageVolume」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を元に記載しています。
※SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット一覧については、「System Center 2016 – Virtual Machine Manager で利用できるコマンドレットについて」を参照。

Get-SCStorageVolume コマンドレット

名前

Get-SCStorageVolume

概要

VMM によって管理されたホストから記憶域ボリューム オブジェクトを取得します。

構文

Get-SCStorageVolume
 [[-Name] <String>]
 -LibraryServer <LibraryServer>
 [<CommonParameters>]

Get-SCStorageVolume
 [[-Name] <String>]
 -StorageArray <StorageArray>
 [<CommonParameters>]

Get-SCStorageVolume
 [[-Name] <String>]
 -VMHost <Host>
 [<CommonParameters>]

Get-SCStorageVolume
 [[-Name] <String>]
 [-VMMServer <ServerConnection>]
 [<CommonParameters>]

説明

Get-SCStorageVolume コマンドレットは、Virtual Machine Manager (VMM) によって管理されたホストから複数の記憶域ボリューム オブジェクトを取得します。

返される情報には、次の項目が含まれますが、その項目に限定されません :

  • Name : 各ホストのボリューム名 (例えば C:\, D:\, E:\)
  • StorageVolumeID : 各ホスト ボリュームのボリューム ID (GUID)。ホスト ボリューム ID は、VMM 環境全体で一意です。
  • MountPoints : 各ボリュームのマウント ポイント。 C:¥ などの単一ボリュームに複数のマウント ポイントを含めることが可能です。
  • Capacity : 各ボリュームの記憶域容量。
  • FreeSpace : 各ボリュームの空き容量。
  • VolumeLabel : このボリュームのユーザー定義ラベル (存在する場合)。
  • IsSANMigrationPossible : SAN マイグレーションが使用可能かどうかを示すフラグ。
  • IsClustered : ボリュームがローカル ストレージか共有ストレージか (つまり、SAN もしくは iSCSI などの外部ストレージを使用する)、クラスタ化されたディスク リソースがこのボリュームに存在するかどうかを示すフラグ。
  • InUse : VMM によって管理される高可用性仮想マシンの 1 つがこのボリュームを使用している場合、True に設定されるフラグ。
  • VMHost : 各ボリュームが存在するホストの FQDN 名。
  • IsAvailableForPlacement : このボリュームがこのホスト上に仮想マシンを展開する場所として使用可能かどうかを示すフラグ。
  • ServerConnection : このボリュームが属するホストを管理している VMM サーバー接続。
  • ID : 各ボリュームの ID (GUID)。

パラメーター

-LibraryServer <LibraryServer>

VMM ライブラリ サーバー オブジェクトを指定します。

必須true
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Name <String>

VMM オブジェクト名を指定します。

必須false
位置0
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-StorageArray <StorageArray>

記憶域の配列オブジェクトを指定します。これは、仮想マシン構成と仮想ディスクを格納するために使用されるファイバー チャネル、もしくは iSCSI 記憶域のサブシステムです。

必須true
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMHost <Host>

仮想マシン ホスト オブジェクトを指定します。VMM は、Hyper-V ホスト、VMware ESX ホスト、および Citrix XenServer ホストをサポートします。

各ホストの種類に関する情報について、Add-SCVMHost コマンドレットを参照してください。

必須true
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMMServer <ServerConnection>

VMM サーバー オブジェクトを取得します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

出力

  • StorageVolume
    • このコマンドレットは、StorageVolume オブジェクトを返します。

メモ

例 1 : 指定したホスト サーバー上のすべてのボリュームを取得する

コマンド
$VMHost = Get-SCVMHost -ComputerName "VMHost01.Contoso.com" 
Get-SCStorageVolume -VMHost $VMHost
コマンドの説明

最初のコマンドは、”VMHost01.Contoso.com” ホスト オブジェクトを取得し、そのオブジェクトを $VMHost 変数に格納します。

2 番目のコマンドは、VMHost01 からすべてのドライブ ボリューム オブジェクトを取得し、これらのボリュームに関する情報を表示します。

注 : 容量や空き領域を byte 単位からより大きな単位に変換するには、バイト数を 1024 で割り、Kilobyte (KB) を取得します。その結果を 1024 で割り、megabyte (MB) を取得します。さらにその結果を 1024 で割り、gigabyte (GB) を取得します。

例 2 : ホスト上の指定したボリューム情報を取得する

コマンド
$VMHost = Get-SCVMHost -ComputerName "VMHost02.Contoso.com" 
Get-SCStorageVolume -VMHost $VMHost -Name "C:\"
コマンドの説明

最初のコマンドは、”VMHost02.Contoso.com” ホスト オブジェクトを取得し、そのオブジェクトを $VMHost 変数に格納します。

2 番目のコマンドは、VMHost02 から C:\ というドライブボリュームを取得し、このボリュームに関する情報を表示します。

例 3 : ボリューム名に文字列 “SharedStorage” を含む VMware ESX ホスト上のすべてのボリューム情報を取得する

コマンド
$VMHost = Get-SCVMHost -VMMServer "VMMServer01.Contoso.com" | where { $_.VirtualizationPlatform -eq "VMwareESX" }
$VMHost | Get-SCStorageVolume | select -Property Name, VMHost | where { $_.Name -match "SharedStorage" }
コマンドの説明

最初のコマンドは、”VMMServer01.Contoso.com” からすべてのホスト オブジェクトを取得し、仮想化プラットフォームが VMware ESX のホスト オブジェクトのみを選択し、それらのホスト オブジェクトを $VMHostに格納します。

注 : この例では、これらの ESX Server 上のすべてのボリューム名に “storage” という文字列が含まれていると仮定していますが、これらのボリューム名の一部にのみ “SharedStorage” という文字列が含まれています。

2 番目のコマンドは、$VMHost の各 ESX ホスト オブジェクトを Get-SCStorageVolume コマンドレットに渡します。このコマンドレットは、これらのホスト上のボリューム オブジェクトを取得し、ボリューム オブジェクトを “select” (Select-Objectコマンドレットのエイリアス) で渡されます。Select-Object コマンドレットは、名前に文字列 “SharedStorage” が含まれているボリュームのボリューム名とそのボリュームが存在するホストを表示します。

関連するリンク

  • Get-SCVMHost
  • New-SCStorageVolume
  • Set-SCStorageVolume

参考