SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット (Get-SCVMCheckpoint) について

スポンサーリンク
Quantum_Break

System Center 2016 – Virtual Machine Manager (SCVMM 2016) に触れる機会が多くなり、Virtual Machine Manager Command Shell を使った設定や、情報取得、および管理することが増えてきたので、備忘録として各コマンドレットの概要を日本語化 (意訳) しました。

ここでは Get-SCVMCheckpoint コマンドレットのヘルプ情報について、SCVMM2016 UR5 の Virtual Machine Manager Command Shell 上で「Get-SCVMCheckpoint」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を元に記載しています。
※SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット一覧については、「System Center 2016 – Virtual Machine Manager で利用できるコマンドレットについて」を参照。

Get-SCVMCheckpoint コマンドレット

名前

Get-SCVMCheckpoint

概要

VMM データベースから仮想マシン チェックポイント オブジェクトを取得します。

構文

Get-SCVMCheckpoint
 [-ID <Guid>]
 [-OnBehalfOfUser <String>]
 [-OnBehalfOfUserRole <UserRole>]
 [-VMMServer <ServerConnection>]
 [<CommonParameters>]

Get-SCVMCheckpoint
 [-MostRecent]
 [-OnBehalfOfUser <String>]
 [-OnBehalfOfUserRole <UserRole>]
 [-VM <VM>]
 [-VMMServer <ServerConnection>]
 [<CommonParameters>]

説明

Get-SCVMCheckpoint コマンドレットは、Virtual Machine Manager (VMM) データベースから複数の仮想マシン チェックポイント オブジェクトを取得します。

仮想マシンのチェックポイントは、仮想マシンの特定時点の “スナップショット”です。チェックポイントを使用すると、仮想マシンを以前の状態に戻すことが可能です。VMM チェックポイントに関する情報については、Get-Help New-VMCheckpoint -Detailed を実行してください。

パラメーター

-ID <Guid>

特定のオブジェクトに対するグローバル一意識別子、もしくは GUID として数値 ID を指定します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-MostRecent [<SwitchParameter>]

最新の VMM 仮想マシン チェックポイント オブジェクトを指定します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-OnBehalfOfUser <String>

ユーザー名を指定します。このコマンドレットは、このパラメーターが指定するユーザーとしてユーザーの代わりに設定します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-OnBehalfOfUserRole <UserRole>

ユーザー ロールを指定します。ユーザー ロールを取得するには、Get-SCUserRole コマンドレットを用います。このコマンドレットは、このパラメーターで指定するユーザー ロールの代わりに操作します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VM <VM>

仮想マシン オブジェクトを指定します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMMServer <ServerConnection>

VMM サーバー オブジェクトを取得します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

出力

  • VMCheckpoint
    • このコマンドレットは、VMCheckpoint オブジェクトを返します。

メモ

例 1 : 各仮想マシンに対するすべての既存のチェックポイント情報を取得する

コマンド
Get-SCVMCheckpoint -VMMServer "VMMServer01.Contoso.com"
コマンドの説明

このコマンドは、”VMMServer01.Contoso.com” によって管理されている各仮想マシンに対するすべての既存のチェックポイント オブジェクトを取得し、それらのチェックポイント オブジェクトに関する情報を表示します。

例 2 : 特定の名前を持つ複数の仮想マシンに対するすべてのチェックポイント情報を取得する

コマンド
$Checkpoints = Get-SCVMCheckpoint -VM "VM01" 
$Checkpoints
コマンドの説明

最初のコマンドは、仮想マシン “VM01” のすべてのチェックポイント オブジェクトを取得し、そのオブジェクトを $Checkpoints オブジェクト配列に格納します。

2 番目のコマンドは、$Checkpoints 内のチェックポイント オブジェクトに関する情報を表示します。

例 3 : Hyper-V ホスト上に展開された VM 上の最も最近作成されたチェックポイントのハードウェアプロファイル情報を表示する

コマンド
$VM = Get-SCVirtualMachine -Name "VM01"
$Checkpoint = $VM | Get-SCVMCheckpoint -MostRecent
$Checkpoint.CheckpointHWProfile
コマンドの説明

最初のコマンドは、仮想マシン オブジェクト”VM01″ を取得、そのオブジェクトを $VM 変数を格納します。

2 番目のコマンドは、”VM01″ で作成された最も最新のチェックポイント オブジェクトを取得し、そのオブジェクトを $Checkpoint 変数に格納します。

最後のコマンドは、$Checkpoint (VM01 で作成された最新のチェックポイント オブジェクト) に格納されているチェックポイントのハードウェア プロファイルに関する情報を表示します。

例 4 : チェックポイント オブジェクトに対する .NET の種類、イベント、メソッド、およびプロパティ情報を表示する

コマンド
$Checkpoints = Get-SCVMCheckpoint -VMMServer "VMMServer01.Contoso.com"
$Checkpoints | Get-Member
$Checkpoints | Get-Member | Format-List
コマンドの説明

最初のコマンドは、”VMMServer01.Contoso.com” 上のすべてのチェックポイント オブジェクトを取得し、そのオブジェクトを $Checkpoints 変数に格納します。

2 番目のコマンドは、$Checkpoints の各チェックポイント オブジェクトを Get-Member コマンドレットに渡します。このコマンドレットは、このオブジェクトの種類に関連付けられた各イベント、メソッド、およびプロパティの .NET TypeName、Name、MemberType、および Definition を表示します。

最後のコマンドは、チェックポイント オブジェクトの種類の各イベント、メソッド、およびプロパティの完全な定義を表示できるように、出力を Format-List コマンドレットにパイプ処理する点を除き、2 番目のコマンドと同じです。

関連するリンク

  • Get-SCVirtualMachine
  • New-SCVMCheckpoint
  • Remove-SCVMCheckpoint
  • Restore-SCVMCheckpoint
  • Set-SCVMCheckpoint

参考