SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット (Get-SCVMMManagedComputer) について

スポンサーリンク
Quantum_Break

System Center 2016 – Virtual Machine Manager (SCVMM 2016) に触れる機会が多くなり、Virtual Machine Manager Command Shell を使った設定や、情報取得、および管理することが増えてきたので、備忘録として各コマンドレットの概要を日本語化 (意訳) しました。

ここでは Get-SCVMMManagedComputer コマンドレットのヘルプ情報について、SCVMM2016 UR5 の Virtual Machine Manager Command Shell 上で「Get-SCVMMManagedComputer」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を元に記載しています。
※SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット一覧については、「System Center 2016 – Virtual Machine Manager で利用できるコマンドレットについて」を参照。

Get-SCVMMManagedComputer コマンドレット

名前

Get-SCVMMManagedComputer

概要

VMM によって管理されたコンピューター オブジェクトを取得します。

構文

Get-SCVMMManagedComputer
 [[-ComputerName] <String>]
 [-VMMServer <ServerConnection>]
 [<CommonParameters>]

説明

Get-SCVMMManagedComputer コマンドレットは、Virtual Machine Manager (VMM)によって管理された複数のコンピューター オブジェクトを取得します。管理対象コンピューターには、次の種類のコンピューターが含まれます :

  • 仮想マシンホスト (仮想マシンが展開された Hyper-V ホスト、VMware ESX ホスト、もしくは Citrix XenServer ホスト)
  • VMWare Virtualization Manager (ESX ホストとそのホストに展開されている仮想マシンを管理している、VMM が接続する VMware vCenter Server を実行しているサーバー)
  • ライブラリ サーバー (VMM ライブラ リリソースを格納可能な共有を作成するために使用されるサーバー)
  • P2V ソース コンピューター (ハードウェアとソフトウェアの設定を用いて複数の仮想マシンが作成可能な、クローンを作成する物理コンピューター)

パラメーター

-ComputerName <String>

VMM がネットワーク上で一意に識別できるコンピューター名を指定します。このパラメーターで利用可能な値は次のとおり :

  • FQDN
  • IPv4 もしくは IPv6 アドレス
  • NetBIOS 名
必須 false
位置 0
既定値 None
パイプライン入力を許可する False
ワイルドカード文字を許可する false

-VMMServer <ServerConnection>

VMM サーバー オブジェクトを取得します。

必須 false
位置 named
既定値 None
パイプライン入力を許可する True (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

出力

  • VMMManagedComputer
    • このコマンドレットは、VMMManagedComputer オブジェクトを返します。

メモ

例 1 : VMM によって管理されているすべてのコンピューター情報を取得する

コマンド
Get-SCVMMManagedComputer
コマンドの説明

このコマンドは、VMM によって管理されるすべてのコンピューター オブジェクトを取得し、これらの管理対象コンピューターに関する情報をユーザーに表示します。出力を見ると、RoleString プロパティは、サーバーがライブラリ サーバー、仮想マシン ホスト、ライブラリ サーバーとホスト、VMware vCenter Server、もしくは Citrix XenServer のどれかとなります。

例 2 : VMM によって管理されているすべてのホスト サーバー上のエージェント ソフトウェアをアップデートする

コマンド
$Credential = Get-Credential
Get-SCVMMManagedComputer | Update-SCVMMManagedcomputer -Credential $Credential -RunAsynchronously
コマンドの説明

最初のコマンドは、Get-Credential を用いてユーザー名とパスワードの入力を要求し、その資格情報を $Credential 変数に格納します。この操作に必要な資格情報は、VMM によって管理されるコンピューター上のソフトウェアをアップデートすることができる権限を持つドメイン アカウントです。

2 番目のコマンドは、VMM によって管理されるすべてのコンピューター オブジェクトを取得し、各管理対象コンピューター オブジェクトを Update-SCVMMManagedComputer コマンドレットに渡します。このコマンドレットは、各コンピューター上の VMM エージェント ソフトウェアをアップデートします。このコマンドが処理されると、$Credential は Update-SCVMMManagedComputer コマンドレットに資格情報を提供します。

例 3 : VMM が管理する特定のコンピューターを IP アドレスで取得する

コマンド
Get-SCVMMManagedComputer -ComputerName "10.20.30.40"
コマンドの説明

このコマンドは、IP アドレスによるコンピューター オブジェクトを取得します。

関連するリンク

  • Add-SCVMMManagedComputer
  • Read-SCVMMManagedComputer
  • Register-SCVMMManagedComputer
  • Remove-SCVMMManagedComputer
  • Set-SCVMMManagedComputer
  • Update-SCVMMManagedComputer

参考