VMware PowerCLI 11.0.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2018/10/11 (現地時間) に VMware PowerCLI 11.0.0 がリリースされた旨のアナウンスがありました。

VMware PowerCLI 11.0.0 の変更点やユーザーガイドなどについては、以下 VMware サイトにリンクが纏められています。

VMware PowerCLI 11.0.0 のインストールについては、PowerShell Gallery 経由から可能となっています。以前のバージョンが含まれている場合、-Force パラメーターを用いて、Install-Module コマンドレットを実行する必要があります。

VMware PowerCLI 11.0.0 における更新内容 (意訳)

  • 機能の追加
    • VMware.VimAutomation.Cloud モジュールに、いくつかの新しいコマンドレットが追加されました :
      • Get-EdgeGateway
      • New-OrgVdcNetwork
      • Remove-OrgVdcNetwork
      • Set-OrgVdcNetwork
    • 仮想トラステッド プラットフォーム モジュール (vTPM) を含む、vSphere セキュリティを管理するためのコマンドレットを提供する新しい VMware.VimAutomation.Security モジュールが追加されました。次のコマンドレットが含まれています :
      • Get-SecurityInfo
      • Get-VTpm
      • Get-VTpmCertificate
      • Get-VTpmCSR
      • New-VTpm
      • Remove-VTpm
      • Set-VTpm
      • Unlock-VM
    • いくつかの新しいコマンドレットが VMware.VimAutomation.Core モジュールに追加されました :
      • Get-VMHostProfileUserConfiguration
      • Get-VMHostProfileStorageDeviceConfiguration
      • Get-VMHostProfileImageCacheConfiguration
      • Get-VMHostProfileVmPortGroupConfiguration
      • Set-VMHostProfileUserConfiguration
      • Set-VMHostProfileStorageDeviceConfiguration
      • Set-VMHostProfileImageCacheConfiguration
      • Set-VMHostProfileVmPortGroupConfiguration
    • いくつかの新しいコマンドレットが VMware.VimAutomation.Storage モジュールに追加されました :
      • Get-VsanObject
      • Get-VsanComponent
    • 新しい Get-VmcSDDCNetworkService コマンドレットが VMware.VimAutomation.Vmc モジュールに追加され、AWS の VMware Cloud に NSX-T ポリシー API を公開することが可能です。
  • 修正
    • VMware.VimAutomation.Nsxt モジュールが VMware NSX-T 2.3 の新しい API 機能をサポートするようにアップデートされました。
    • VMware.Vim モジュールが VMware vSphere 6.7 Update 1 の新しい API 機能をサポートするようにアップデートされました。
    • VMware.VimAutomation.HorizonView モジュールが VMware Horizon 7 バージョン 7.6 の新しい API 機能をサポートするようにアップデートされました。
    • VMware.VimAutomation.Cloud モジュールが vCloud Director 9.5 をサポートするようにアップデートされ、PowerShell コアで動作するように移植されました。
    • New-VMコマンドレットに、いくつかの新しいセキュリティ関連のパラメーターが追加されました。
      • KmsCluster
      • StoragePolicy
      • SkipHardDisks
      • ReplicationGroup
      • StoragePolicyTarget
    • Set-VM コマンドレットに、いくつかの新しいセキュリティ関連のパラメーターが追加されました :
      • DisableEncryption
      • KmsCluster
      • SkipHardDisks
      • StoragePolicy
    • Set-Harddisk コマンドレットに、いくつかの新しいセキュリティ関連のパラメーターが追加されました :
      • KmsCluster
      • StoragePolicy
      • DisableEncryption
    • New-Harddisk コマンドレットに、いくつかの新しいセキュリティ関連のパラメーターが追加されました :
      • KmsCluster
      • StoragePolicy
    • 新しい KmsCluster パラメーターが Set-VMHost コマンドレットに追加されました
    • Get-VsanStat
      統計収集のための定義済み時間範囲 (1 分、5 分、1 日など) のサポートを追加しました。
    • Get-VsanDisk
      出力に多くのプロパティを追加しました。
    • New-SpbmRule
      タグベースのルールに論理 NOT 演算子のサポートを追加しました。
    • Get-SpbmCapability
      SPBM 機能をフェッチするための一連のサービス サポートを追加しました。
    • Get-SpbmStoragePolicy
      ストレージ コンポーネント サポートを追加。
    • Import-SpbmStoragePolicy
      ストレージ コンポーネント サポートを追加。
    • Export-SpbmStoragePolicy
      ストレージ コンポーネント サポートを追加。
    • 関連するデバッグ情報を提供するように Get-ErrorReport コマンドレットが更新されました。
    • 廃止予定の Get-DrmInfo コマンドレットを含む VMware.VimAutomation.HA モジュールを削除しました。
    • VMware.VimAutomation.PCloud モジュールを削除しました。
  • 不具合修正
    • Confirm パラメーターを指定して New-VM を使用する場合、コマンドレットはユーザーが指定したものとは異なる CPU とメモリを誤って報告していました。
    • New-VM はストレージ ターゲットとしてデータストア クラスターを受け入れることができませんでした。
    • Get-VM を実行すると、値型のメッセージを使用してコマンドレットが失敗することがありました。
    • 標準スイッチで Get-VM フィルタを実行すると、特定のネットワークが特定のホスト上にあっても、コマンドレットは複数のホストから仮想マシンを返しました。
    • Property パラメーターで Get-View を使用する際、コマンドレットによって VIM 例外がスローされることがありました。
    • Get-NetworkAdapter を実行し、仮想マシンが NSX-T 論理ネットワークに接続されている場合、NetworkName パラメーターは空になりました。
    • Set-NetworkName は、不透明な NSX-T ネットワークの NetworkName パラメーターを受け入れることができませんでした。
    • Remove-VDPortGroup が間違った公開ドキュメント URL リンクを指していました。

参考