SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット (Disable-SCVMHost) について

スポンサーリンク
Quantum_Break

System Center 2016 – Virtual Machine Manager (SCVMM 2016) に触れる機会が多くなり、Virtual Machine Manager Command Shell を使った設定や、情報取得、および管理することが増えてきたので、備忘録として各コマンドレットの概要を日本語化 (意訳) しました。

ここでは Disable-SCVMHost コマンドレットのヘルプ情報について、SCVMM2016 UR5 の Virtual Machine Manager Command Shell 上で「Disable-SCVMHost」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を元に記載しています。
※SCVMM 2016 UR5 で利用可能なコマンドレット一覧については、「System Center 2016 – Virtual Machine Manager で利用できるコマンドレットについて」を参照。

Disable-SCVMHost コマンドレット

名前

Disable-SCVMHost

概要

メンテナンス モードに仮想マシン ホストを配置します。

構文

Disable-SCVMHost
 [-VMHost] <Host>
 [-JobVariable <String>]
 [-MoveWithinCluster]
 [-PROTipID <Guid>]
 [-RunAsynchronously]
 [<CommonParameters>]

説明

Disable-SCVMHost コマンドレットは、Virtual Machine Manager (VMM) で管理している仮想マシン ホストをメンテナンス モードにし、セキュリティ更新プログラムの適用やハードウェアの置き換えなど、ホスト上でメンテナンス タスクを実行できるようにします。

Disable-SCVMHost コマンドレットを用いて、個々の Hyper-V ホスト、VMware ESX ホスト、もしくは Citrix XenServer ホストをメンテナンス モードにすることが可能です。Disable-SCVMHost を使用して、クラスタ化されたホストをメンテナンス モードにすることも可能です。

ホストをサービスに戻すには、Enable-SCVMHost コマンドレットを用います。

Hyper-V ホストをメンテナンス モードにする

ホストがライブ マイグレーションをサポートするクラスターに所属している場合、次のどちらか方法を選択することが可能です :

  • 方法 1 : 高可用性仮想マシンを移行し、他の仮想マシンを保存します。MoveWithinCluster パラメーターを Disable-SCVMHost とともに使用すると、コマンドレットはライブ マイグレーションを用いて、実行中の高可用性仮想マシンをクラスター内の他のホストに移行します。高可用性ではない実行中の仮想マシンを保存済み状態にして、サービスを失います。次に、ホストをメンテナンス モードにします。
  • ホストがクラスターに所属していない場合、もしくはライブ マイグレーションをサポートしていないクラスターに所属している場合、Disable-SCVMHost は実行中のすべての仮想マシンを保存済みの状態にしてしまうため、サービスを失います。次に、ホストをメンテナンス モードにします。すべての仮想マシンを保存します。Disable-SCVMHost を実行すると、実行中のすべての仮想マシンが保存済み状態になり、サービスを失います。次に、ホストをメンテナンス モードにします。

ホストがクラスターに所属していない場合、もしくはライブ マイグレーションをサポートしていないクラスターに所属している場合、Disable-SCVMHost は実行中のすべての仮想マシンを保存済みの状態にしてしまうため、サービスを失います。次に、ホストをメンテナンス モードにします。

VMWare ESX ホストにおける Disable-SCVMHost の動作について

Disable-SCVMHost を用いて ESX ホストをメンテナンス モードにすると、VMM はそのホストを管理する VMware vCenter Server にメンテナンス モードへの入力要求を送信します。vCenter Server は、ESX ホストをメンテナンス モードにします。

注 : ESX Server ホスト上の仮想マシンのシステム動作は、vCenter Server の構成によって決まります。例えば、VMware 分散リソース スケジューラが設定されていない場合、ホスト上のすべての仮想マシンを手動でシャットダウンする必要があります。もしくは、仮想マシンを別のホストに移動して、ESX Server ホストをメンテナンス モードに正常に移行する必要があります。

XenServer ホストをメンテナンス モードにする

ホストがライブ マイグレーションをサポートするクラスターに所属している場合、次のどちらか方法を選択することが可能です :

  • 方法 1 : 高可用性仮想マシンを移行し、他の仮想マシンを保存します。MoveWithinCluster パラメーターを Disable-SCVMHost とともに使用すると、コマンドレットは XenServer Live Migration を用いて、実行中の高可用性仮想マシンをクラスタ内の他のホストに移行します。 また、高可用性ではない実行中の仮想マシンをすべて保存済み状態にするため、サービスを失う原因にもなります。次に、ホストをメンテナンス モードにします。
  • 方法 2 : すべての仮想マシンを保存します。Disable-VMHost を実行すると、実行中のすべての仮想マシンが保存済み態になり、サービスを失います。次に、ホストをメンテナンス モードにします。

ホストがクラスターに所属していない場合、もしくはライブ マイグレーションをサポートしていないクラスターに所属している場合、Disable-VMHost は実行中のすべての仮想マシンを保存済みの状態にしてしまうため、サービスを失います。次に、ホストをメンテナンス モードにします。

メンテナンス モードにおけるホストのふるまい

ホストをメンテナンス モードにすると、次のアクションに影響します :

  • ホスト上に仮想マシンを作成することができない
  • 仮想マシンをホストに移行することができない
  • ホストは、仮想マシンの配置中に実行されたホストの評価の計算から除外される
  • ホストの状態は更新されない

しかしながら、次の操作を実行することが可能です :

  • ホストが使用可能で、エージェントが適切な状態になっていることを確認する場合は
  • VMM からホストを削除する
  • ホスト上の仮想マシンを開始、または停止する
  • ホストのプロパティを変更する
  • 仮想マシンをホストから別のホストに移行する

パラメーター

-JobVariable <String>

ジョブの進行状況を追跡し、このパラメーターで指定された変数に格納する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-MoveWithinCluster [<SwitchParameter>]

ホストがメンテナンス モードに設定されている場合、ホスト クラスターのメンバーであるホストに現在展開されているすべての仮想マシンが同じホスト クラスター内の別のホストに移行する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PROTipID <Guid>

このアクションにトリガーされるパフォーマンスとリソースの最適化のヒント (PRO ヒント) を指定します。このパラメーターは、PRO ヒントを監査することができます。

必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RunAsynchronously [<SwitchParameter>]

ジョブが非同期で実行、制御がすぐにコマンド シェルに戻されるかどうかを指定します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するFalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMHost <Host>

仮想マシン ホスト オブジェクトを指定します。VMM は、Hyper-V ホスト、VMware ESX ホスト、および Citrix XenServer ホストをサポートします。

必須true
位置0
既定値None
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

出力

  • Host
    • このコマンドレットは、Host オブジェクトを返します。

メモ

一時メンテナンス モードにしたホストは、メンテナンス ホストとして指定したホストとは異なります。メンテナンス ホストは、次のような仮想マシンのメンテナンス タスク専用のホストです :

  • 保存された仮想マシンとテンプレートにパッチを適用する
  • 仮想マシンを運用環境に移行する前に、スクリプト化された仮想マシンの作成をステージング化する

例 1 : 指定したホストをメンテナンス モードにし、実行中の仮想マシンをすべて保存する

コマンド
$VMHost = Get-SCVMHost -ComputerName "VMHost01" 
Disable-SCVMHost -VMHost $VMHost
コマンドの説明

最初のコマンドは、ホスト オブジェクト “VMHost01” を取得し、そのオブジェクトを $VMHost 変数に格納します。

2 番目のコマンドは、$VMHost に格納されているホスト上に展開されているすべての実行中の仮想マシンを保存済み状態にします。次にホストの状態を “メンテナンス モード” に設定します。

例 2 : ライブ マイグレーションを用いて、実行中の高可用性仮想マシンをメンテナンス モードのクラスタ ノードに移行する

コマンド
$VMHost = Get-SCVMHost -ComputerName "VMHost02"
Disable-SCVMHost -VMHost $VMHost -MoveWithinCluster
コマンドの説明

最初のコマンドは、ホスト オブジェクト “VMHost02” を取得し、そのオブジェクトを $VMHost 変数に格納します。

2 番目のコマンドは、ライブ マイグレーションを用いて実行中の高可用性仮想マシンを $VMHost に格納されているホスト上の別のノードに移行します。実行中の他の仮想マシン保存済み状態にして、ホスト状態プロパティの値を “メンテナンス モード” に設定します。

関連するリンク

  • Add-SCVMHost
  • Enable-SCVMHost
  • Get-SCCertificate
  • Move-SCVMHost
  • New-SCVMHost
  • Read-SCVMHost
  • Register-SCVMHost
  • Remove-SCVMHost
  • Restart-SCVMHost
  • Set-SCVMHost
  • Start-SCVMHost
  • Stop-SCVMHost

参考